関連タグ:

Adobe CC を安く使う為に学生になろう!アカデミック版(学割)でも商用利用可

  • はてなブックマーク 1
  • facebook 1
  • twitter

Adobe CreativeCloud、使いこなしていますか?

Adobe CreativeCloudに毎月5,000円(年間プラン)払って使っていませんか?

Adobe CCは、クリエイターには欠かせないプロも使う制作ソフトが使えるサービスですが、「どうにかこうにか安く使えないか?」って考えている人もいるのではないでしょうか?

  • 毎月5,000円を支払うにはスキルアップの投資だとしても経済的に難しい
  • 使うソフトが2,3個しかない
  • 5,000円分も使っていない

これらの理由で、できれば安く使いたいと思っている方が多々いらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回紹介するのは、「Adobeクリエイティブクラウド 学生・教員個人版(アカデミック版)」の利用です。

adobe公式サイトでは、Adobe Creative Cloud学生・教職員個人版(アカデミック版) がありますが、”学生・教員個人版”って言ったって「学生じゃないし!」って思う方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、

ここが盲点な訳で…。

そう、学生じゃなければ学生になればいいんですw

どこかの学校に通う訳ではありません。

Adobe CreativeCloudの通信講座を受ければいいんですw

世の中には、Adobeスクールパートナーといって、Adobe指定の学校(オンラインスクール)が幾つかあります。

Adobe指定の学校(オンラインスクール)に入学すれば、「Adobeクリエイティブクラウド 学生・教員個人版」が使えるようになり、年間プランの月額5,000円を約3,000円で使っていけるようになります。

通常、年額60,000円ほどのAdobe CCを、税込で年額約25,000円節約できます。学割って奴ですw

adobe CCの利用に手が届く方が増えるのではないでしょうか?

下記の方々は要チェックです!法人は不可。

  • アマチュアのクリエイターさん(個人)
  • クリエイターを目指している社会人や主婦の方
  • 駆け出しのクリエイターさん(個人)
  • 現役バリバリのプロのWebデザイナー・イラストレーター・カメラマンさん方(個人)

オンラインスクール(通信講座)の学生になれば、Adobe CCが通常版より安く使え、通信講座(動画授業)でソフトの使い方や復習、新しい技能・気付きを得る事も可能です。

なんと、商用利用可能なので、プロのクリエイターも「Adobeクリエイティブクラウド 学生・教員個人版(アカデミック版)」を使えます。

勤めている会社で会社購入のAdobeクリエイティブクラウドを使っている人にはオンラインスクールの入学さえできないと思いますが、個人レベルで活動されている方は、オンラインスクールに入学して学生となり、Adobe CreativeCloudを使っていくのも今後の活動にも役に立つのではと思います。

スポンサーリンク

当記事では、Adobe CreativeCloudを安くで使えるAdobeスクールパートナー(Adobe指定の学校(オンラインスクール))の紹介をします。
「Adobeクリエイティブクラウド 学生・教員個人版」を使えば、単体プランよりもお得です♪

Adobe CreativeCloudとは?

Adobe CreativeCloudは、主にデザイン系クリエイターが利用する幾つかの制作ソフトのセットで、自分が使うソフトをadobe公式サイトからダウンロードして利用していけるWebサービスです。
以前はパッケージ版も販売されていましたが、今は月額制のダウンロード販売のみとなっています。

ソフトをインストールしていれば、常時adobeと通信が行われるので、ライセンスの適合が行われますし、最新版へのバージョンアップもすぐできます。
一つのライセンスで、インストールできるパソコンの数は2台までです(Windows・Mac)

利用できるアドビソフトは下記

デスクトップアプリ
  • Illustrator CC
  • Photoshop CC
  • Lightroom CC
  • InDesign CC
  • Muse CC
  • Dreamweaver CC
  • Premiere Pro CC
  • After Effects CC
  • Acrobat DC
  • Bridge
  • Flash Professional CC
  • Fireworks
  • Flash Builder
  • Scout CC
  • InCopy CC
  • SpeedGrade CC
  • Audition CC
  • Prelude CC
  • Edge Animate CC
  • Edge Reflow CC
  • Edge Code CC
モバイルアプリ
  • Adobe Shape CC
  • Adobe Illustrator Draw
  • Adobe Photoshop Mix
  • Adobe Color CC
  • Adobe Illustrator Line
  • Adobe Brush CC
  • Adobe Lightroom Mobile
  • Adobe Photoshop Sketch
  • Adobe Premiere Clip
Creative Cloudのサービス
  • Creative Cloud ライブラリ
  • Creative Cloud マーケット
  • Creative Cloud Extract
  • Creative Cloud デスクトップ
  • Behance
  • PhoneGap Build
  • Creative Cloud オンラインストレージ(20ギガ)
  • Edge Inspect CC
  • Prosite

Creative Cloudは、adobe IDを作れば無料で使えるサービスもありますし、30日間の体験版も利用する事ができます。
下記も注目です。勿論、「Adobeクリエイティブクラウド 学生・教員個人版」で使えます。

  • 商用利用可能なロイヤリティフリー素材とWebフォント
  • Creative Cloud オンラインストレージ(2ギガ)
  • Creative Cloud Extract
  • 30日間 体験版

最近は、Photoshopで作成したデザインカンプから自動でコーディングをしてくれるCreative Cloud Extractが話題です。Webサイトのコーディングができない方は重宝されるのではと思います。

Adobe(アドビ)スクールパートナー紹介

それでは、Adobe(アドビ)スクールパートナーを幾つか紹介します。
※ adobe指定の学校(オンラインスクール)

ギフトカードや図書カードのプレゼントキャンペーンをしているAdobe(アドビ)スクールパートナーもありますが、計算すれば、お得感を見せているだけで、どこもそんなに差額はありませんw
相場は年間32,000円(税抜)ぐらいです。

講座の種類・内容・受講期間がスクールにより違います。

スクール名 講座料金(年額) 講座内容
デジハリ・オンラインスクール 32,000円 動画授業1ヶ月
課題添削2ヶ月
アドバンスクール 36,000円 7科目(受講期限1年間)
パソコンスクールISA 33,600円 7科目(受講期間6か月)
通信講座のシンパシー 31,900円 8科目(受講期間3か月)
ヒューマンアカデミー たのまな 32,000円 15科目3か月受け放題

デジハリ・オンラインスクール

デジハリ・オンラインスクール
学費:年額32,000円(税抜)
通信講座:動画授業1ヶ月、課題添削2ヶ月
支払方法:クレジットカード払い、銀行振込、オリコWebクレジット
商用利用可能
デジハリ・オンラインスクール(通信講座でWebデザイン・グラフィック)

アドバンスクール

アドバンスクール
学費:年額36,000円(税抜)
キャンペーンにより相場くらいになるw
通信講座:7科目(受講期限1年間)
支払方法:クレジットカード払い、銀行振込、オリコWebクレジット
商用利用可能
Adobe(アドビ)スクールパートナー / アドバン

パソコンスクールISA通信講座

パソコンスクールISA通信講座
学費:年額33,600円(税抜)
キャンペーンにより相場くらいになるw
通信講座:7科目(受講期間6か月)
支払方法:クレジットカード払い、銀行振込、オリコWebクレジット
商用利用可能
Adobe CCキャンペーン | パソコンスクールISA通信講座

ヒューマンアカデミー たのまな

ヒューマンアカデミー たのまな
学費:年額32,000円(税抜)
キャンペーンにより相場くらいになるw
通信講座:15科目3か月受け放題
支払方法:クレジットカード払い、銀行振込、NP後払い決済(コンビニ・銀行・郵便局)、代金引換、オリコの教育ローン
商用利用可能
ヒューマンアカデミー「たのまな」|通信講座アカデミックストア

ちなみに、アドビスクール パートナーには「プラチナスクールパートナー(通学コースおよび通信教育コース)」と「ゴールドスクールパートナー(通学コース)」があります。
Winスクールは、別途3ヶ月コースのスクール入学が必要になるので上記では紹介していませんw
アドビ スクール パートナーについて | Adobe

各スクール、受講内容や受講期間が自分に合うかどうかを考え決めて下さい。

ソフトの使い方、得意分野の復習、新しく身に付けたい技能も学習できます♪

通信講座はありませんが、学生・教員の方はamazonで”Adobe Creative Cloud コンプリート”が販売しています。

Adobe指定校学生向けライセンス版ソフトの使い方

Adobe指定校学生向けライセンス版ソフトの使い方

さて、Adobe(アドビ)スクールパートナーを紹介したところで、実は私、adobe CC 通常年間プランの契約期間満了に伴い、adobe CCを解約しまして、フリーのソフトだけでやっていこうかなと思っていたのですが、とあるご縁がありまして通信講座のadobe CC を使っていく事に。
上記で紹介したAdobe(アドビ)スクールパートナーの通信講座に入学しましたw

Adobeクリエイティブクラウド通信講座に申し込んだら3,4日で、”サブスクリプション(契約期間)ソフトダウンロードカード”が郵送されてきます。

Adobeクリエイティブクラウド通信講座

ソフトダウンロードカードを手にして、ソフトをダウンロードする流れ

専用のサイトにアクセスします。
http://creativecloud.com/redeem

adobe IDにてサインイン(ログイン)
IDを持っていない方は新規作成

カードに記載されている”24文字のコード”を入力します。

クレジットカード情報の入力欄(メンバーシップを自動更新する)になりますが、後で通知するをクリックしましょう。

今すぐ始めるをクリックしたらソフトのダウンロードが可能になります。

無事、生徒になれましたw

必要なソフトをダウンロードしてインストールしていきましょう。

体験版を使っていた方はアクティベイトされるので、そのまま正規品となり使い続けられます。

1年(12か月)経ったらどうなるの?

通信講座の契約期間が切れたら使い続ける事はできませんが、また新しく通信講座に入学すれば大丈夫ですw

1年ごとに入学を繰り返せば、安く長期でAdobe CreativeCloudを使っていく事ができます。
Adobe(アドビ)スクールパートナーが無くなってしまえば、通常プランでの利用になっていくかと思いますが(汗)

Adobe CreativeCloudの各ソフトがバージョンアップする事により、毎年の講座内容にも違いがでてくると思うので楽しいかと思います。

Adobe CreativeCloudの利用代を安くした・節約したい方、通信講座を受講されたい方は、「Adobeクリエイティブクラウド 学生・教員個人版(アカデミック版)」の利用、おすすめです♪

ちなみに私が一番使っているadobeのソフトは、adobeから冷たくあしらわれてるFireworksです(笑)

キャッシュバックやギフトカード送付の申請を忘れるな!

キャッシュバックやギフトカード送付の申請を忘れるな!

Adobe CreativeCloudの通信講座には、キャッシュバックやギフトカード送付のキャンペーンがある場合があります。相場の32,000円に相殺される感じですw

キャンペーンは自己申請で、期限を過ぎたら申し込みができなくなるので、メールなどのお知らせを見逃さないようにしましょう!

もう1記事、読んでみませんか?

 

運営者(登場人物)は、スマホ・ガジェットが大好きな実在する親子です♪

使い方・レビュー記事のアイテムは実際に買って長く使ってます♪

運営者情報

気になる記事を検索