アップルペイとは?使い方、メリット・デメリットを教えます!

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 0
  • twitter

アップルペイ(ApplePay)についてお調べでしょうか?

アップルペイはiOS端末にクレジットカードやプリペイドカードを登録して、コンタクトレス決済端末にかざして支払いをする決済サービスです。

かざして支払いができないクレジットカードでもアップルペイに登録すれば、かざして支払いができます。決済時、レジスタッフにカードを手渡ししないメリットがあり、カード情報の漏えいを防げます。

iPhoneさへ持っていれば、iPhoneをおサイフケータイのように、財布代わりに現金要らずで買い物ができるって事です。

アップルペイ(ApplePay)の特徴

  • iOS端末(iPhone 7以降、Touch ID・faceID対応端末)で使えます・
  • iPhoneは勿論、Apple Watchでも使えます。
  • 電子マネー「iD」・「QUIC Pay」搭載のクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードなどを登録して使います。
  • 電子マネー「Suica」登録が便利!鉄道・バス乗車・買い物で使えます。
  • EMVコンタクトレス(Mastercard Contactless・Visa payWaveなど)対応カードも登録できます。
  • カード情報はiPhone8以降、最大12枚まで登録できます。
  • 先頭のカードが優先して決済に使われます。順番入れ替え可能。
  • コンタクトレス決済端末端末にかざして(非接触)支払いに使います。
  • 日本国内・国外で使えます。
  • アップルペイ対応ネットショップ・アプリでは、クレジットカード情報の入力が不要です。
  • バーコード支払いはありません。
  • 審査や本人確認はありません。
  • 銀行口座の登録もチャージも必要ありません。
  • アップルペイを使ってもお得な還元サービスなどはありません。支払いに使ったカード自体の還元サービスはあります。

気になる事としては、LINE Pay楽天ペイペイペイのようにバーコード読み取り方式では無いので、アップルペイはiPhoneでしか使えないサービスとなっています。

iPhoneをいつも使っているのに、コンビニやガソリンスタンドで現金払いは勿体ない!電車やバスの乗車で交通系ICカードを使っているのは手間で勿体ないです。

当記事では、アップルペイ(ApplePay)について、特徴や使い方、メリット・デメリットを紹介します。

アップルペイとは?

アップルペイ(ApplePay)とは、アップル社が提供する電子決済サービスです。

Walletアプリ

iOS端末(iPhone・Apple Watchなど)内の「Wallet」アプリにクレジットカード・電子マネーなどを登録する事で、カードを持ち合わせなくてもiOS端末がカード代わりとなって支払いをしてくれます。

カードは複数登録ができ、決済に使うカードを選んで支払う事ができます。

アップルペイ メリット・デメリット

アップルペイは、おサイフケータイと同じソニーのFeliCa(フェリカ)が使われて、コンタクトレス決済端末端末にかざして支払いをします。

レジ店員さんに「支払いはアップルペイで!」と伝えれば、コンタクトレス決済端末端末を出してくます。
※「iD・QUIC Pay、SUICAで!」もOK!

「どうぞ!」と言われたらコンタクトレス決済端末端末にiOS端末をかざしましょう!

カードの手渡しやお金のやり取りが無いので、自分にとってもレジ店員さんにとっても楽ちんです。

アップルペイは、2014年10月からアメリカでサービスが始まりました。アメリカでのシェア率は高く、ほとんどの施設で対応しているとの事。

日本でアップルペイが始まったのは、2年後の2016年10月です。後発に、GooglePayがあります(2016年12月開始)。

アップルペイは、バーコード発行やお金のチャージ、通貨や残高があるわけじゃありません。アップルペイ自体にはポイント還元もありません。

しかし、登録したカード個々のポイント還元サービスなどが適用されるので、ポイント還元率の高いカードを登録してがんがん使っていきたいところ!

海外では、Apple関連サービス(iTunes・App Store・Apple Music・iCloudストレージなど)でも使えるとの事。まぁ、支払い時にクレジットカード情報の入力が不要になるだけですが…。

ApplePay モバイル端末対応機種

iPhone 8以降発売されたTouch ID・Face ID搭載iPhoneでは、アップルペイマーク、電子マネーマークのある実店舗・ネットショップ・アプリでアップルペイを利用できます。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • Apple Watch

以下は、かざして(非接触)支払いはできません。

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPad各種

iPhoneを持ってる方は使わない手は無いです!

古いiPhoneをお使いの方は、できるだけiPhone 8/8 Plusまで頑張って機種変更すれば、色々と便利です。

iPhone 8/8 Plusは格安SIMを販売するマイネオで買えるので持っていない方はご確認を。

アップルペイ メリット・デメリット

アップルペイ(ApplePay)はどのようなメリットがあり、う~んと思うデメリットがあるのか?

アップルペイのメリット・デメリットを上げてみます。

アップルペイ(ApplePay)のメリット

簡単に始められます!

アップルペイ対応iOS端末を持っていればすぐ簡単に使い始められます!

審査や本人確認、銀行口座の登録やチャージも必要ありません!

手持ちのカードを登録していくだけ!

国内・国外で安心して支払いができます!

アップルペイは、日本国内でも海外でも使えます。

海外ではカードをレジスタッフに手渡しして支払うのはリスクが高いです。

しかし、アップルペイはカードを渡す事もカード情報を知られる事も無いので、スキミング含め、リスクを抑えられます。カード情報は店舗側に開示されません。

suicaは海外では使えないので、渡航先交通系電子マネーやクレジットカードを利用しましょう。

様々なカードを登録できます!

下記を「Wallet」アプリに登録して使えます。

  • クレジットカード(iD・QUIC Pay)
  • デビットカード(iD・QUIC Pay)
  • プリペイドカード(iD・QUIC Pay)
  • 交通系ICカード(Suica)

主に、電子マネー「iD」「QUIC Pay」を搭載しているカードを登録できます。

マスターカード・JCBは、実店舗でかざす支払いとネットショップに対応。VISAは実店舗でのみ使えます。

カードを複数登録できます!

カードはiPhone8以降、最大12枚まで登録できます。それ以前のiOS端末は8枚まで登録できます。

カードの利用優先度を決めれる!
カードの利用優先度を決めれる!

複数カードを登録できるって事で、「どのカードが使われるの?」って疑問が起こりますが、「Wallet」アプリに登録した先頭のカードが優先されて決済に使われます

順番入れ替えは簡単にできるのでご安心を!

毎度カードを選んで決済する手間を省けます。

Apple Watchで使えます!

Apple Watch最大の魅力?

コンタクトレス決済端末端末にApple Watchをかざすのに腕をつるかも知れませんが、iPhoneを取り出す事なく腕時計で支払いができるのは決済を早くできて便利です。

Suica登録が超便利!
Suica登録が超便利!

交通系電子マネーSuicaカードを登録できるので、鉄道・バスなどの乗車に使え、買い物でも使えます。

Suicaを持ってる方は、iPhoneに登録しましょう!

Suica圏内に行かれた際は、Suicaカードを買ってみましょう!ICOCAは登録できません(汗)

EMVコンタクトレス対応店舗で使えます!

EMVコンタクトレス(マスターカードコンタクトレスVisa payWave・アメリカンエクスプレスコンタクトレスなど)は、世界で普及している電子マネーです。関西国際空港で使えるようになっていますが、日本ではまだほとんど対応店舗がありません。

EMVコンタクトレス内蔵クレジットカードをコンタクトレス決済端末端末にかざして支払いができます。

アップルペイはこのEMVコンタクトレス内蔵クレジットカードも登録して使う事ができます。

ネットショップ決済時も手間要らず!

ApplePay対応ネットショップでは、クレジットカード情報の入力が不要です。

アップルペイ(ApplePay)のデメリット

メリットもあればデメリットもある!

アップルペイのデメリットを上げていきます。

バーコード支払いはありません。

アップルペイはカードを登録してカード情報で決済をします。

LINE Pay・PayPay・楽天ペイのようにバーコードを発行して支払いをするものではありません。登録できるカードが無くてはアップルペイは使えません。

ポイント還元は無い。

アップルペイを使ってもお得な還元サービスなどはありません。支払いに使ったカード自体の還元サービスを付与する事になります。
よって、ほぼどのカードを使ってもポイントの2重取りはできません。

iPhoneが無いと使えない。

アップルペイはiPhoneを財布代わりに使う決済サービスです。その為、実店舗で買い物をする際はiPhoneまたはApple Watchが無ければ支払いはできません。やむなく財布からカードや現金を取り出して支払う事になります。

利用履歴の確認ができない。

アップルペイは、登録したカードの利用履歴までは反映されません。利用履歴の確認はカードの会員サイト・アプリから確認する事になります。

使いすぎに気を付けましょう!

Suicaは利用履歴を確認できます。

アップルペイのデメリットは大体このくらい。

今自分が持っているカードをアップルペイに登録してみましょう!

アップルペイの始め方!カード登録方法

アップルペイには、電子マネー「iD」「QUIC Pay」を搭載しているカードや「Suica」関連のカードを登録できます。

カードの登録方法は下記。登録できるカードと登録できないカードを試しました。

LINEプリペイドカード

LINEプリペイドカードが手元にあったので、アップルペイに登録してみる事に。

iPhoneでWalletアプリを起動。右上のをタップすれば、カード登録画面になります。

カード登録画面

カード登録画面を開いたら画面下部の続けるをタップ。

”カードの種類”でクレジット/プリペイドカードをタップ。

登録するカード

登録するカードの読み込み画面になるので、カードを照らし合わせます。

カード情報を読み取り

カード情報を読み取ります。

が、

LINEプリペイドカード

LINEプリペイドカードはアップルペイには登録できませんでした(汗)
iDまたはQUIC Payに対応していないからと思われます。

マネパカード

次に、マネパカードを登録してみよう!

マネパカードは、チャージ手数料・決済手数料ゼロの海外で使うと便利なプリペイドカードです。海外旅行・出張の際に毎度使っています。

マネパカードを読み込み。

マネパカード

あれ?

アップルペイに登録

アップルペイに登録できませんでした(汗)

J-WESTカード

これならどうだど、J-WESTカードをアップルペイに登録してみます。

J-WESTカードは、新幹線の運賃を少し安くできるクレジットカードです。エクスプレス予約ができ、ポイントも貯まります。ポイントが貯まったらスマートICOCAにチャージできます。

J-WESTカードを読み込み。

J-WESTカードを読み込み

お!

”カードを追加中”と表示。

アップルペイの登録画面にカード情報が反映されました。

QUIC Pay

J-WESTカードは電子マネー「QUIC Pay」搭載と言う事で、「Wallet」アプリに追加されました!

SMS・メール・電話発信

カード認証があります。SMS・メール・電話発信で認証をしてください。

SMSでカード認証

私はSMSでカード認証をしました。

アクティベート完了

SMSで送られてきた認証コードを入力したら”アクティベート完了”と表示されました。

J-WESTカードはアップルペイ

J-WESTカードはアップルペイで使えるとの事!

J-WESTカードが追加

アップルペイのカード画面にJ-WESTカードが追加されました。

アップルペイへのカード登録

アップルペイへのカード登録はとっても簡単です。手持ちのカードは全てアップルペイに登録しておいて良いと思います。

アップルペイが使える主な実店舗

アップルペイ(ApplePay)で、かざして(非接触)支払いができる主な実店舗をあげます。

決済に使うカード

電子マネー「iD」「QUIC Pay(+)」「Suica」、クレジットカード「VISA」「マスターカード」「JCB」「アメリカンエクスプレス」対応店舗で使えます。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ミニストップ
  • イオン
  • ソフマップ
  • エディオン
  • コジマ
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • エネオス(ガソリンスタンド)
  • すかいらーく
  • すき家
  • マクドナルド
  • マツモトキヨシ
  • ユニクロ
  • ツタヤ
  • 日本交通

これら以外にもアップルペイマークがある実店舗で使えます。

また、ネットショップやアプリでも対応してれば使えます。クレジットカード情報の入力が不要になります。

いつも利用しているお店がある場合は、現金よりもアップルペイを使って支払いをしましょう!

カードのポイント還元などを受けられます。

アップルペイで実際に買い物をしてみたよ!

アップルペイ(ApplePay)で実際に買い物をしてきたので紹介します。
※いつも使ってます。

鉄道・バス

アップルペイ 鉄道・バス

ApplePayにSuicaを登録しておくと本当に便利です。乗り物乗れるし、買い物もできます。

ガソリンスタンド

ApplePayはガソリンスタンド(エネオス)で使えます。

ApplePayにSuicaを登録

ガソリンスタンドのモニターに、電子マネーApplePayとありますが、どちらを選んでもOK!のはず♪

Suicaを登録していて、Suicaがカードの先頭にあったらSuicaで決済されます。他のカードを使う場合は順番を入れ替えましょう。

Suicaのお金はiOS端末

Suicaのお金はiOS端末(iPhone)のSuicaアプリでチャージもできます♪

ローソン

アップルペイはコンビニではローソン・ファミリーマート・セブンイレブンで使えます。

まぁ、ほとんどのコンビニでは電子マネー「iD」・「QUIC Pay」・「Suica」に対応している事でしょう。

アップルペイで支払います!

ローソンでお買い物。一応、「アップルペイで支払います!」でも通じます。通じない場合は、「iDで!」「QUIC Payで!」と伝えましょう。

アップルペイで支払い

アップルペイで支払いができたか?は、レシートを見ればわかります。
間違って、ビジネスカードでおやつと飲み物買っちゃった(汗)怒らないでm(_ _)m

アップルペイ(ApplePay) 使い方まとめ

何度も言いますが、iPhoneを持ってる方は、クレジットカードを持っていなくてもSuicaだけは買って、登録しておきましょう!

カードの紛失・盗難のリスクを抑えられるし、何よりiPhoneだけで買い物ができ、乗り物にも乗れます。

  • iPhone・Apple Watchを持ってる方は、積極的にアップルペイを使いましょう!
  • iPhone・Apple Watchをコンタクトレス決済端末端末にかざして(非接触)支払いに使えます。
  • 電子マネー「iD」・「QUIC Pay」搭載のクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードなどを登録して使います。
  • 電子マネー「Suica」登録が便利!
  • EMVコンタクトレス(Mastercard Contactless・Visa payWaveなど)対応カードも登録できます。
  • カード情報はiPhone8以降、最大12枚まで登録できます。
  • 先頭のカードが優先して決済に使われます。順番入れ替え可能。
  • アップルペイ対応ネットショップ・アプリでは、クレジットカード情報の入力が不要です。

これからますますキャッシュレス化が進んでいきます!

カードではポイント還元がある為、現金での買い物は本当に勿体ないです!

海外で現金を利用する場合、両替の手間・偽札・紛失などリスクが多々あります。

アップルペイは、レジスタッフにカードを渡したりしないので、カード情報の漏えい・スキミングなどを防げます。

アップルペイにカードを登録しておけば海外旅行・出張に行ってもアップルペイだけで支払いをしていけるので便利です!

以上、アップルペイ(ApplePay)について、特徴や使い方、メリット・デメリットので紹介でした。

 

運営者(登場人物)は、スマホ・ガジェットが大好きな実在する親子です♪

使い方・レビュー記事のアイテムは実際に買って長く使ってます♪

運営者情報

気になる記事を検索