AQUOS sense2 レビュー!防水防塵・女性におすすめ格安スマホ!

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 0
  • twitter

AQUOS sense2、レビュー!

kazuki

ママのスマホをZenFone 4からAQUOS sense2に機種変更したよ。

hika

そういえば台所で水没させてたね(汗)

kazuki

その影響もあって、起動ができたりできなかったり…動きも鈍くなって困ってた。

hika

思い切って機種変更に踏み切ったんだ!

kazuki

そうそう。AQUOS sense2は、防水防塵だからこれからは水没させても大丈夫!

hika

?!大丈夫かはわからないけど、ママのおっちょこちょいからしたら安心だねw

kazuki

AQUOSは日本のメーカーだから安心感があるし、海外製のandroidには無いおサイフケータイにも対応しているのが魅力!

hika

よく買い物をするママは使いこなしていけそう!

kazuki

AQUOS sense2端末本体の大きさ重さも女性にはぴったりな印象だから人気なスマホになると思うよ!

hika

どこで買ったの?

kazuki

それは勿論、UQモバイルで機種変更をしたよ!AQUOS sense2は、マイネオやラインモバイルなど他のMVNOでも売ってるけど、UQモバイルにしたよ。UQ家族割キャッシュバックがあってお得だった♪

hika

それはスマホ代を節約したいお母さんたちにとって魅力的だね!

UQモバイルのキャッシュバック情報は下記をご覧ください。
期間限定!今UQモバイルを申し込むと「最大10,000円キャッシュバック」♪

当記事では、SHARPの「AQUOS sense2」について、スペックや特徴のレビューをしていきます。

AQUOS sense2 スペック比較

AQUOS sense2 スペック比較

AQUOS sense2の前機種であるAQUOS senseは、丁度1年前に発売されました!

1年後、AQUOS senseはAQUOS sense2としてどのくらい性能アップしたでしょう!?
2機種のスペックを比較していきます。スペック表は下記。

スマホ AQUOS sense2 AQUOS sense
発売日 2018年11月22日 2017年12月8日
UQ価格 実質24,100円(33,700円) 実質0円(28,900円)
カラー シルキーホワイト
ピンクゴールド
ニュアンスブラック
エアリーブルー
シルキーホワイト
ベルベットブラック
SIM nano SIM×1
Android OS 8.1 7.1
メモリー 3GB
ストレージ 32GB
CPU Snapdragon 450 Snapdragon 430
ディスプレイ 5.5インチ 5.0インチ
microSDカード 最大512GB 最大400GB
背面カメラ 1,200万画素 1,310万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
サイズ 約148×71×8.4mm 約144×72×8.6mm
バッテリー容量 2,700mAh
重量 155g 148g
防水防塵 ○(IPX5/IPX8)
指紋認証
顔認証 ×
おサイフ/NFC
ワンセグ/フルセグ ×
最大下り速度 下り最大150Mbps
WiFi規格 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5.0GHz) b/g/n(2.4GHzのみ)
Bluetooth 4.2
USBポート USB Type-C

スペックはこんな感じ。

1年経って性能アップしている項目もあれば、据え置きの性能もありますw

据え置きの性能

1年前のスマホを買う必要はないですが、機械が苦手な方、女性の方にわかるようにいくつかスペックの項目を料金含め比較していきます。

UQモバイル端末価格

実質24,100円(33,700円) / 実質0円(28,900円)

端末価格はUQモバイルの”おしゃべりプラン・ぴったりプラン”いずれかを契約をする事で割引が適用されます。
1年前に発売されたsenseは端末価格は0円で月々通信費のみですw

Android OS

8.1 / 7.1

androidはスマホを動かすOSです。パソコンでいうとWindowsのようなもの。
バージョンでUIデザインや機能に違いがあります。

sense2は今後9~にバージョンアップすると思いますが、senseは8止まりでしょう。

メモリとストレージ

メモリ:3GB
ストレージ:32GB

メモリ(処理能力)とストレージ(保存容量)は据え置き

同じ端末価格帯の海外製格安スマホと比べるとメモリ3ギガ・ストレージ32ギガは少ないです(汗)

写真や動画をたくさん保存される方は、micro SDを別途買いましょう。

日本製メーカーには頑張ってもらいたいとこ…。

UQモバイルで同じ日に発売されたOPPO R17 neoのメモリとストレージは、メモリ4ギガストレージ128ギガです。端末価格はあまり変わりません

CPU

Snapdragon 450 / Snapdragon 430

CPU(頭脳)はQualcommというメーカーのSnapdragonが搭載されています。
430から450へと数字がアップしている通り、性能としては約20%ほどアップされています。

しかし、OPPO R17 NeoのCPUは、Snapdragon 660です。

ディスプレイサイズ

5.5インチ / 5.0インチ

端末の大きさはさほど変わってませんが、ディスプレイが0.5インチ大きくなりました

高精細かつ低消費電力化のIGZO液晶ディスプレイはsense2でも健在!

画質は液晶テレビAQUOSの技術と同じ色域の広い「リッチカラーテクノロジーモバイル」が搭載されていてとても綺麗です。

背面カメラ

背面カメラ

1,200万画素 / 1,310万画素

今の格安スマホの背面カメラはデュアルカメラ(レンズ2つ)が主流ですが、レンズは1つ。何故か110画素少なくなってますw

まぁ、写真のデータ容量が大きくなるので写真サイズをフル(1,200万画素(縦4,000×横3,000))で撮影している人はいません。
写真サイズはカメラの設定で切り替えができます。

F値 2.0(焦点距離24mm相当)なので、デフォルトで明るく撮れます。

前面カメラ

800万画素 / 500万画素

背面カメラの画素数は減りましたが、その分、前面カメラの画素数は増えています。

自撮りされる女性が多いので、前面カメラの性能アップに視野を向けたのでしょう。

なお、OPPO R17 Neoの前面カメラの画素数は、AQUOS sense2の約4倍の2,500万画素です。

F値 2.2(焦点距離23mm相当)なので、背面カメラより明るく撮れます。

生体認証

生体認証

AQUOS sense2は指紋認証に加え、顔認証が備わりました。

ディスプレイに顔を照らすだけ

設定すれば、ディスプレイに顔を照らすだけで画面ロック解除や認証などができます。

日本のスマホメーカーでは初?!

iPhoneXZenFone 5、OPPO R17 Neoも顔認証搭載しています。

WiFi規格

a/b/g/n/ac / b/g/n

何これ?と思うかも知れませんが、AQUOS sense2はacに対応しています。

ac対応と言う事は超高速WiFiに対応しています。自宅のインターネット回線が光の場合、電波干渉を抑え、動画や音楽などの大容量コンテンツを快適に楽しむことができます。

AQUOS sense2AQUOS senseの主な違いはこんな感じ。

その他、気になるスペックと言うか仕様は下記。

おサイフケータイ

おサイフケータイ

格安スマホでおサイフケータイ対応している端末は少ないです。
人気の海外製格安スマホでも対応されていません。

日本のメーカーであるAQUOSスマホは、基本的に日本人向けということもありばっちりおサイフケータイに対応しています。
いつも使うカードを登録して財布を鞄から出さずにスマホで決済していきましょう!とってもラクです。

防水・防塵対応

防水防塵も海外製格安スマホではほとんど対応していません。

IGZO液晶ディスプレイは濡れた手でもタッチ操作がしやすいので、台所にスマホを置いていても安心です!

注意点としては、USB Type-C端子に水が入らないようにしましょう。

急速充電対応

充電ケーブル端子はUSB Type-Cなので急速充電に対応しています。

AQUOS sense2とAQUOS sense2のスペック比較でしたが、1年の時を経て、パワーアップしてる項目もあれば据え置きの項目もあります。

日本製であり日本人向けに特化されているのは魅力的です。

AQUOS sense2 レビュー

それでは、”AQUOS sense2”の端末をみていきます。

ディスプレイサイズは5.5

ディスプレイサイズは5.5と大きいですが、大きくて持ちにくいって事はありません。

強度の強い”Corning® Gorilla® Glass 3”というガラスが使われいて、打ちどころに寄りますが、低い場所からの落下くらいだったら早々割れない事でしょう。傷はつくかもです。液晶保護フィルムは付けておきましょう。

イヤホンジャックが配置

端末上部は、イヤホンジャックが配置。水や埃が入らないように気を付けたいとこ。

受話口とUSB Type-C端子

端末下部は、受話口とUSB Type-C端子が配置。

SIMスロットが配置

左側面には、SIMスロットが配置。SIMカード1枚とmicro SD1枚ずつを挿入できます。
SIMピン要らずなので、SIMの差し替えがラクです。

ボリュームボタン

右側面には、ボリュームボタンと電源ボタンが配置。

端末の厚みは、約8.6mm。薄くもなく太くもなく、握りやすいです。

おサイフケータイ接触部(NFC/FeliCa)

背面には、背面カメラ、おサイフケータイ接触部(NFC/FeliCa)が配置。バッテリーの交換はできません。

指紋センサー

前面ディスプレイ下には、指紋センサーが配置。

デフォルトではホームボタンとしては機能しませんが、ジェスチャー機能をオンにする事でホームボタンとして使えるようにできます。

海外製格安スマホ

クイック画面は、海外製格安スマホのクイック画面より余白が広くデザインされています。そのせいで表示されている機能は少ないです。左右にスライドする事で別の機能を表示できます。よく使う機能をすぐ起動できるように編集できます。

OPPO R17 Neo(6.4インチ)

端末の大きさは、左から”OPPO R17 Neo(6.4インチ)”・”AQUOS sense2(5.5インチ)”・”iPhone SE(4インチ)”。

小さすぎず大きすぎず女性に使いやすいスマホ

AQUOS sense2は小さすぎず大きすぎず女性に使いやすいスマホです。

AQUOS sense2 覚えておきたい機能

AQUOS sense2は、便利な機能が多々備わっていますが、デフォルトではオフになっていて、ちょっと勿体ない!

主な隠れた機能を紹介します。覚えておいて損なしです!

AQUOS便利機能ページ

AQUOS便利機能ページ

AQUOS便利機能ページ”は設定から開けます。AQUOS sense2の便利な機能を簡単に設定する事ができます。

  • 指紋センサー…指紋センサーの設定、ジェスチャー機能オンオフ
  • スクロールオート…長いページを自動でスクロールできるようにします。
  • エモパー…AQUOS専用のAIが色んな情報を教えてくれます。
  • Clip Now…画面キャプチャができます。
  • 自動画面点灯…スマホを持ち上げると画面が付くようにできます。
  • かんたんモード…かんたモードに切り替えます。
  • スマホカバー設定…別売のスマホカバー利用時、通知の確認や操作ができます。
  • ロボクル設定…別売の充電台との設定ができます。

AQUOS独自の機能のオンオフができます。

ジェスチャー機能

ジェスチャー機能

ジェスチャー機能は、”AQUOS便利機能ページ”でオンオフができます。デフォルトではオフ。

このジェスチャー機能、AQUOS sense2を使う上でかなり重要!

オフのままだと、指紋センサーが指紋認証でしか使えません(汗)

使ってみて「え、ホームボタンとして機能しないの?」と思う人がいると思いますが、ジェスチャー機能をオンにすればホームボタンとしても使えます。どうしてデフォルトでオンじゃないのだろう?

また、ジェスチャー機能をオンにして、指紋センサーを左に右に動かせば、「左・履歴」「右・戻る」ができます!これはボタン1つで便利です!AQUOS sense2を買ったらジェスチャー機能は最優先でオンにしましょう!

画面キャプチャ(Clip Now)

画面キャプチャ(Clip Now)

画面キャプチャは、”AQUOS便利機能ページ”でオンオフができます。デフォルトではオフ。

オンにすると、画面左上から画面をなぞるように右に移動させれば画面キャプチャが撮れて保存できます。

料理のレシピやメモしておきたい画面は画面キャプチャ機能をオンにして保存しておきましょう。

のぞき見防止

のぞき見防止

女性の方は気になる?

画面を後方からのぞかれたくない方は、”のぞき見ブロック”をオンにできます。電車やバスでの移動中、気になる方はオンにしてみてはいかがでしょう?

AQUOS簡単ホーム

AQUOS簡単ホーム

AQUOS sense2は、年配者向けもサポートしています。一概に年配者向けとは言うのもなんですが、アイコンをガラケーのような表示にできます。アイコンが大きいので誤動作を防げたり、使いたい機能をすぐ起動できます。

”設定”や”AQUOS便利機能ページ”でオンにできます。

カメラクイック起動

カメラクイック起動

AQUOS sense2は、ホーム画面のカメラアイコンをタップすればカメラを起動できますが、ここぞというシャッターチャンスに出くわした際、カメラの起動をすぐできる設定があります。デフォルトではオフ(汗)

設定からカメラの起動をオンにすれば、電源ボタンを2回素早く押すことでカメラをすぐ起動する事ができるようになります。

お子さんやペットの瞬間的なしぐさもばっちり撮れます!撮れるかもですw

キャスト機能

キャスト機能

AQUOS sense2は、キャスト機能があります。

Chromeキャストなどキャスト対応テレビに画面を映すことができます。AQUOS sense2で撮影した写真や動画を家族や友だちとテレビで楽しむことができます。大きな画面でAQUOS sense2を楽しむ際は、キャスト機能を使いましょう!

緊急時情報

緊急時情報

AQUOS sense2は、緊急時情報に対応しています。

地震や台風、水害など何かしら災害が起こった際、すぐ連絡ができるように、緊急連絡先を登録しておきましょう。

なお、AQUOS sense2は緊急地震速報津波速報/災害避難情報に対応しています。

ここまで、AQUOS sense2の覚えておきたい機能でした。

勿論、他にも色々とあるの自分に合った機能を見つけて設定をしてみてください。

AQUOS sense2のカメラレビュー

AQUOS sense2のカメラについてレビューします!簡単にですが。

AQUOS sense2のカメラの特徴は、AIがカメラレンズに映るものを判断して、自動で綺麗な写真に調整してくれたり、構図を補正してくれます(背面カメラのみ)。

また、F値2.0の明るいレンズが採用されていて、薄暗い場所でも明るい写真が撮れます。ハイスピードオートフォーカスも搭載されていて、子供やペットなど動きのある被写体もブレを少なく撮影できます。

AIモード、オート、マニュアル

モード設定では、AIモード、オート、マニュアルを設定可能。

明暗・露出・シャッタースピード

マニュアルは明暗・露出・シャッタースピードなどを細かく設定できます。

シーン別で好み

その他、シーン別で好みに合わせたモードを設定できます。

ワンタッチシャッター

設定では、ワンタッチシャッターはオンにしておきましょう!画面タップで写真撮影ができます。

QRコード・バーコード認識をオンにするとカメラをQRコードにかざすだけで読み込みができます。オンにすれば別途QRコード読み込みアプリは不要です。

写真サイズは7サイズ

写真サイズは7サイズから選択できます。背面カメラは最大1,200万画素なので、4:3(4,000×3,000)を選択すれば数字的に一番綺麗な写真が撮れます。

画素が大きければ大きいほど写真データの容量が大きくなるので、保存容量を節約されたい方はFULL HD(1,920×1,080)くらいに設定しましょう。スマホで楽しくのでしたら十分だしたくさん保存できます。

実際にいくつか写真を撮ったのでアップします。(ちょっとお待ちを)

AQUOS sense2はここで買おう!おすすめMVNOを紹介!

最後に、AQUOS sense2を販売しているおすすめのMVNOを紹介します。

hika

UQモバイル以外でもAQUOS sense2は売ってるんだね。

kazuki

そうそう。AQUOS sense2はUQモバイル以外でも発売されているよ。端末料金を比較できるように表にしたよ。

MVNO AQUOS sense2料金(税別)
ラインモバイル 一括 34,800円
分割 月額1,540円(2年計35,420)
マイネオ 一括 33,000円
分割 月額1,540円(2年計33,000)
ビッグローブモバイル 一括 33,120円
分割 月額1,380円(2年計33,000)
楽天モバイル 一括 14,980円
分割 624円(2年計16,176円)
UQモバイル 一括 33,700円(逆に月々の通信費が安くなります。)
分割 月額1,000円(2年計24,100円)

※別途、月々の通信費+オプション費

hika

ん?!楽天モバイルが1番安いみたいだね!

kazuki

確かにそうなんだけど、UQモバイルはキャッシュバックがあるので、楽天モバイルと同等またはそれ以下の料金にできるよ。

kazuki

まぁ、回線の種類、通信費、通信速度、オプション、サポート面で自分に合ったMVNOを選ぶのが良いよ!

hika

初めての人は悩むかも?!

kazuki

UQモバイルは、高速低速切り替えメールアドレス(キャリアメール)が使えるので優位かな!?

期間限定!UQモバイルでAQUOS sense2を買うと最大10,000円キャッシュバック中♪

AQUOS sense2は、防水防塵・おサイフケータイ対応で、端末本体もディスプレイも丁度良い大きさ。女性が手軽に使える格安スマホです。

以上、SHARPの「AQUOS sense2について、スペックや特徴のレビューでした。

もう1記事、読んでみませんか?

 

運営者(登場人物)は、スマホ・ガジェットが大好きな実在する親子です♪

使い方・レビュー記事のアイテムは実際に買って長く使ってます♪

運営者情報

気になる記事を検索

  • よく読まれている関連記事