Web、モバイル(スマホ・格安SIM)、ソーシャルメディア活用術、フリーランスの働き方などを綴ります!

WordPress|カスタムフィールドで値無記入の場合、項目非表示。

41,793 view
更新日:2014年12月30日 投稿日 : 2012年01月21日
  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter

WordPressで、不動産サイトでの物件情報やネットショップでの商品紹介など、複数のデータ入力項目を必要とするサイトを作る時、カスタムフィールドを使うのが便利です。

デフォルトではまだまだ使いにくいですが、カスタムフィールドを利用することによってサイト更新の効率が上がります。

基本的には代表格の「Custom field Template(カスタムフィールドテンプレート)」、もしくは「Advanced Custom Fields(アドバンスドカスタムフィールド)」プラグインを使用します。WPダッシュボードの”プラグイン”ページから検索して、インストールして有効化して下さい。

ここではカスタムフィールドの設定方法は省略しますが、カスタムフィールドで項目(フィールド)を設定したけど、投稿内容によって項目の値を記入しなくても良い場合、ブラウザから項目の表示自体を消すIF文の設定をお知らせ致します。

・テキスト無記入の場合は、項目とテキストごと非表示。
・画像なしの場合は、画像フィールドごと非表示。

スポンサーリンク

テキスト挿入用カスタムフィールドで、テキスト未記入の場合、項目ごと非表示。

<?php if(post_custom('price')): ?>
<div class="price">料金:<?php echo post_custom('price'); ?></div>
<?php endif; ?>

price=フィールド名

画像挿入用カスタムフィールドで、画像を選択していなければ、項目ごと非表示。

<?php if(get_post_meta($post->ID, 'img02', true)): ?>
プロフィール画像:<img src="<?php $img02 = get_post_meta($post->ID, 'img02', true); ?> width='100' hieght='100'" />
<?php endif; ?>

img02=フィールド名

上記いずれも変更箇所は1番上の写真(画像)を参照して下さい。

これを覚えておけばカスタムフィールドを使いこなしたも同然!?サイト構築の幅や更新効率が上がります!

是非、お試し下さいませ。

もう1記事、読んでみませんか?

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
41,793 view 2012年01月21日

webdesignerwork 著者

フリーランスWebデザイナーとして活動をはじめて18年。全国の私を必要としてくれる方々からWordPressでのWeb制作のご依頼を頂いております。

各地のコワーキングスペースやWordPressの勉強会(WordBench/WordCamp)などに顔を出し、様々な人達とご縁をいただき刺激を受け、学んだこと感じたことを、日々のお仕事や自社メディアへの開発・配信にと繋げております。妻、子、プードル2匹と里山暮らし。

当ブログで公開されているテキスト、画像、イラストなどに関する権利は、当方に帰属します。
著作者の許諾を得ることなく複製、改変、転載、販売、出版など著作権法そのほか法律に触れる行為は禁止されております。

運営者情報

© 2004 webdesignwork ALL COPYRIGHTS RESERVED.