関連タグ:

【Facebook】簡単な友達申請方法!QRコードを表示・読み込みしよう!

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 8
  • twitter

Facebookは対面してる方と簡単に友達申請ができます!

QRコードを表示したり読み込みをすればすぐ!

イベントやパーティーなどでFacebookの友達申請をする方は多いと思いますが、QRコードを使った友達申請ができる事はご存知でしょうか?

QRコードで友達申請をすると?

  • 比較的簡単スムーズに友達申請ができます。
  • スマホの機種に関係なく、友達申請ができます。
  • 名前やメールアドレスを入力する手間が省けます。
  • 相手に検索候補などのプライベート情報が漏れる心配もありません。
  • Facebookメッセンジャーの申請もQRコードを使います。

QRコードを表示したり読み込みをすればスムーズに友達申請、追加ができます。

いざって時にfacebookで友達申請ができるように覚えておきましょう!

当記事では、FacebookアプリとFacebookメッセンジャーでQRコードの表示・読み込みによる友達申請方法を紹介します。

スポンサーリンク

Facebookアプリ|QRコードの表示・読み込みによる友達申請

FacebookアプリでのQRコードを使った友達申請は、スマホはandroidでもiPhoneでもどちらでもできます。

自分から友達申請する場合

スマホでFacebookアプリを開いたら虫眼鏡のアイコンをタップし、検索欄に”QR”と入力します。

facebook QRコード

検索結果リストの上位に表示されているQRコードをタップします。

”QRcode”と付いた類似のショートカットはクリックしないように注意してください。

するとQRコード読み込みスキャナーが表示されるので、相手のQRコードを読み取って下さい。

読み取ったら相手のアカウントページ

読み取ったら相手のアカウントページが表示され、友達申請ができます。

相手から友達申請して貰う場合

QRコードを相手が読み込む場合はマイコードをタップし、あなたのQRコードを表示させます。

QRコードを読み取り友達申請

相手がQRコードを読み込めば終了です。

「検索してQRコードを表示させるのがめんどくさい」という方は、マイコード携帯電話に保存をタップします。

FacebookのQRコードが保存

するとスマホのギャラリーにFacebookのQRコードが保存されます。

もし相手がスマホを忘れた場合や何かしらの理由でFacebookアプリを開けない場合は、マイコードシェアの順にタップします。

アプリケーションを選択

“アプリケーションを選択”でGmailなどのメールソフトやLINEをタップし、QRコードを送信します。

メッセンジャー|QRコードの表示・読み込みによる友達申請

次に、FacebookメッセンジャーでのQRコードを使った友達申請方法です。

Facebookアプリとは友達申請方法が異なるので注意してください。

Facebookメッセンジャー

Facebookメッセンジャーを開いたら左上にある自分のアイコンをタップします。

自分のアカウント写真をタップ

自分のアカウント写真をタップしてください。

アカウントの写真がQRコード

実は、アカウントの写真がQRコードになっています。

自分から友達申請する場合

相手のQRコードを読み込む場合はコードをスキャンをタップします。

QRコードを読み込むと、相手のアカウントが表示されます。

相手から友達申請して貰う場合

相手がQRコードを読み込む場合はマイコードをタップし、自分のQRコードを表示させます。

Facebookメッセンジャーで連絡ができてもFacebook友達にはなっていません

FacebookメッセンジャーからFacebookの友達申請をするのは面倒!友達申請はFacebookアプリから行う事をおすすめします。

相手のアカウントを見つけても友達申請ができない場合

QRコードを使って相手のアカウントを見つけても友達申請ができないケースがあります。

具体的にはプロフィールページで”友達になる”がない状態です。

これはFacebookの設定に原因があります。

パソコンの場合

パソコンの場合は右上にあるから設定をクリックします。

左メニューにあるプライバシーをクリック。

あなたの友達リクエストを送信できる人

そこで”あなたの友達リクエストを送信できる人”を確認します。

ここで”友達の友達”になっている場合は編集をクリックし全員に変更してください。

するとプロフィールページに”友達になる”が表示されます。

QRコードを使って友達申請をしないデメリットとは?

QRコードを使って友達申請をする事はあなたの個人情報だけでなく、Facebook友達を守る事になります。

それでは従来どおり検索欄に名前を入力して友達申請をするとどのようなデメリットが発生するのでしょうか?

たとえば、”佐藤寛之”と入力すると、該当するアカウントが表示されます。

共通の友達

もしかすると、上の写真のように”共通の友達”が表示される場合も。

相手がアカウントを確認する際に自分の人間関係が漏れる可能性があります。

名前はなかなか表示

また、名前はなかなか表示されないもの。

相手に名前を入力して貰うと、最近の検索履歴が見られてしまいます。

またスマホの検索候補も表示されるなど、わずかな時間で個人情報がダダ漏れになります。

個人情報を見られないようにする為にできるだけQRコードを使って友達申請をしましょう!

QRコードを使ったFacebookの友達申請まとめ

最後に、QRコードを使ったFacebookの友達申請についてまとめておきます。

  • Facebookの検索欄に”QR”と入力すれば、QRコード表示を表示できます。
  • FacebookメッセンジャーのQRコードは青枠のアカウント写真です。
  • QRコードは表示したり、読み込んで貰ったりできます。
  • QRコードは端末に保存したりシェアする事ができます。
  • Facebookメッセンジャーで友達追加をしてもFacebook友達にはなっていません。

できれば、イベントやパーティーに行く前にfacebook友達申請用のQRコードをスマホに保存しておきましょう!

QRコードでのFacebook友達申請は、便利なわりに認知度が低いので、相手に”仕事ができるな”という印象を与えられるかもしれません。ぜひお試し下さい。

関連記事もご覧ください。

 

運営者(登場人物)は、スマホ・ガジェットが大好きな実在する親子です♪

使い方・レビュー記事のアイテムは実際に買って長く使ってます♪

運営者情報