Grabの使い方やクレジットカード登録方法!タクシー配車から決済までアプリひとつでできるよ

  • はてなブックマーク 3
  • facebook 48
  • twitter

東南アジアの一人旅はGrab(グラブ)を使いこなそう!

いやいや、かなり不安です。

不安でした

東南アジアではバイクタクシーが当たり前!

日本じゃまず無い馴染みの薄いバイクタクシーですが、バイタクに乗れないと東南アジア旅行はできない!?

いや、ちょっとした移動さえできない!?

歩道の整備がどこも悪いので歩いて移動できる場所はほとんど無いです。

そこで、東南アジアの移動ではタクシー・タクシーバイクを利用するのですが、料金(運賃)のぼったくりが心配と言った声をよく聞きます。

料金(運賃)はドライバーとの交渉が基本ですが、言葉がわからないしドライバーさんの素性もわからない。

現地の女性はよく利用されておられるようですが、初めての地だと女性だとまず敬遠しちゃうバイクタクシーだと思います。

しかし、Grabという配車サービスは数々の不安を解消してくれます!

東南アジアに着いたらまずはGrabのアプリをスマホにインストールしましょう!

Grabアプリを使うメリット

  • アプリで車・バイクを呼べる(配車サービス)
  • 東南アジアで多いぼったくりを防げる!
  • クレジットカードを登録すればお金のやりとりが不要!
  • アプリで車の位置がわかるので、迎えの目安時間がわかる!
  • 迎えが遅れていてもドライバーとチャットができて不安解消!
  • GoogleMapで現在地と目的地を知らせ、配車できます。
  • 目的地までの料金(運賃)の目安がアプリでわかります!
  • 安い!
  • 運転手の顔、車・バイクのナンバー、車種がアプリでわかります。
  • 運転手はチップより評価(★★★★★)が欲しいので安心運転・安心ナビです!
  • 使えば使うほどポイントが貯まり、お得に使えます。
  • 領収書はEメール経由で自動送付されます。
  • 不審な事があればGrabアプリですぐ報告ができます。

Grab(グラブ)アプリを使ってタクシー・タクシーバイクを呼んで乗れば、東南アジア旅行の移動トラブルは極力抑えられるし、1度でも使ってみれば安心して移動に使えます!

まぁ、東南アジア各渡航先に着いたら現地SIMの調達、エクスモバイル(WiFi)やau 世界データ定額でスマホでデータ通信をできるようにしなくてはなりませんが。

当記事では、東南アジア旅行にはインストール必須の配車サービス「Grab(グラブ)について、実際に使ってきたので紹介します。

スポンサーリンク

Grab(グラブ)とは?

GrabTaxi

Grab(グラブ)の運営会社は、シンガポールに拠点を置く配車アプリ運営会社です。

創業者はマレーシア生まれのアンソニー・タン氏。

タクシー配車サービスとして有名なUberから東南アジア事業を引き継ぐ事で、一気に事業拡大、東南アジアを席巻することに。

ドライバー総数は、8カ国168都市で230万人以上との事で、ドライバー教育は徹底されているようです。

Grabアプリだけで、タクシー・バイクタクシーを呼んで決済までできるので、移動の際は使わない手はないです!

万が一何かトラブルが起きてもアプリですぐトラブル報告ができます!
渡航の際はたびレジに登録しておくと更に安心です。

Grabが使える国(通貨)

  • インドネシア…ルピア
  • マレーシア…リンギット
  • ミャンマー…チャット
  • フィリピン…フィリピン・ペソ
  • シンガポール…シンガポールドル
  • タイ…バーツ
  • ベトナム…ドン
  • カンボジア…リエル

Grabで乗れるタクシーの種類

ドライバーは基本的にGrabに認定された一般人で、一般の自家用車に乗る事になりますw
色んな車に乗れるのも楽しみの1つ!

  • GrabCar(自家用車 or 高級車)
  • GrabTaxi(現地提携のタクシー)
  • GrabBike(バイクタクシー)

いずれもGrabアプリまたはGoogleMapで呼んで乗る事ができます。

タクシー・タクシーバイクを呼ぶ時は、アプリで運転手さんの顔や評価がわかるので、選ぶのも安心です。

Grabアプリの登録方法/手順

Grab(グラブ)はandroid/iPhone共にアプリがあります。

Grabアプリは、配車サービス(Grab Driver)、フードデリバリーサービス(GrabFood)、キャッシュレス決済(Grab Pay)などGrabのサービスがまとめられたアプリです。

日本でも東南アジアでもネット回線と接続中ならいつでもダウンロード&インストールできます。

Grab – Transport, Food Delivery, Payments – Google Play
「Grab App」をApp Storeで – iTunes – Apple

Grabアプリは日本語表記はありません
わかりやすい英語が使わてるので、特に利用に支障は無いです。分からない言葉は調べましょう♪

Grabの新規登録は、FacebookまたはGoogleアカウント、電話番号で登録&ログインできます。パソコンでも新規登録はできますが、実際にGrabを使うスマホで登録をした方が良いでしょう。

Your Mobile Number

Grabオリジナルで新規登録する場合は、Your Mobile Numberをタップ。

電話の発信と管理をGrabに許可しますか?

”電話の発信と管理をGrabに許可しますか?”では、OKをタップ。Don’t Allowをタップするとインストールできません。

電話番号を入力します

電話番号を入力します。日本の携帯電話番号だと頭の”0”を抜いて入力してください。s

次に名前を入力

次に名前を入力。英語で”名・性”と入力しましょう。日本語だと現地のドライバーさんが読めませんw

入力した電話番号

入力した電話番号にSMSでコードが届くので認証すれば新規登録完了です。

Grabホーム画面

Grabホーム画面

Grabアプリのホーム画面を開いたらプロフィールの細かい設定もできます。

プロフィールの細かい設定

  • Set a 6-digit Grab PIN(PIN番号設定)
  • Add an emergency contact(緊急連絡先
  • Veritfy your email address(メールアドレス
  • Mobile number verified(携帯電話番号

携帯電話番号は新規登録の際に登録しております。
上記3つ、いずれも設定しておきましょう!

携帯電話番号は新規登録

電話番号の変更方法

渡航先(現地)で購入した格安SIMの電話番号を利用する際など、電話番号はいつでも変更ができます。メールアドレスも変更可能。

電話番号を登録しておくと、Grabドライバーとの待ち合わせ場所・時間の連絡が取れます。営業電話がかかってくる場合があるらしい…。

grab 電話番号の変更

電話番号の変更方法は、grabアプリのメニューを開き、上部にあるプロフィール写真をタップ。

プロフィール編集画面が表示

プロフィール編集画面が表示され、名前・電話番号・メールアドレスの変更ができます。変更したら忘れずに右上のEditをタップしてください。変更完了です。

Grabアプリにクレジットカードを登録する方法

国によってお金(お札・硬貨)が違います。

短い滞在だったらお金の種類を覚える機会がなく、Grabドライバーと現金払いをすると手間がかかります。

しかし、Grabではクレジットカードを登録できるので、お金のやり取りをせず移動ができます。

東南アジアでよく噂されてる”ぼったくり”を防げるので、クレジットカードを持ってる方は登録して使っていきましょう!

しかし、予めGrabアプリやGoogeMapで料金(運賃)がわかるし、Grabドライバーは本部で管理されているので、トラブルはほとんど無い事でしょう。

Grabアプリへのクレジットカード登録はGrab対応エリアで行えます
心配だから日本で登録しておくって気持ちがありますが、できませんのでご注意ください。

クレジットカード登録の手順

Grabアプリへのクレジットカード登録の手順ですが、私はジャカルタへのトランジットで立ち寄ったクアラルンプール国際空港で行いました。

GrabアプリまたはGoogeMapを開き、行きはしませんが適当な目的地を決めます。

Cash

Grabアプリ画面に移動すると、下部にCashと表示されるのでタップ。

Choose a payment

”Choose a payment”画面でまたCashをタップ。

Add payment methods

”Add payment methods”でCredit/debit cardをタップ。

クレジットカード情報を入力

クレジットカード情報を入力します。

何故か、楽天プレミアムカード(VISA)は登録できませんでした(汗)

海外プリペイドカードのマネパカード(MasterCard)が登録できたので安心しました。

クレジットカード情報

クレジットカード情報を入力し、Saveをタップすれば登録完了です!

一度登録を済ませば毎回登録する必要はありませ。

あとは適当に指定した目的地の解除をお忘れなく!

Grabアプリの使い方!タクシー配車の手順

次に、Grabアプリへの使い方として、実際にタクシーを配車する(呼び出す)手順です。

タクシー・バイクタクシーを呼ぶ手順

タクシー・バイクタクシーは、GrabアプリまたはGoogeMapで目的地を指定して呼び出します。

呼び出す際は、Grabのドライバーがわかりやす場所、来やすい場所に移動してアプリを使いましょう。

GoogeMapを使えば場所選びが簡単!

GoogeMapを起動し、目的地を選択し経路をタップすれば移動時間が表示されます。

人が待っているアイコンをタップすれば、国に応じてGrabや他の配車サービスを選択できます。

GrabとGO-JEK

インドネシアでは、GrabとGO-JEKという配車サービスが利用できます。GO-JEKはインドネシア独自の配車サービスで、Grabより実はほんのちょっとだけ安いです。しかし、東南アジアを周回する方はGrabを利用する方がラクです。

GrabバイクタクシやGrabタクシーなど乗り物の種類を選びます。
近距離ならバイクタクシー、長距離や複数人移動ならGrabタクシーを呼ぶのが良いです。

タクシー・バイクタクシーで移動距離4分

タクシー・バイクタクシーで移動距離4分ほどの場所に行く際の料金(運賃)は、タクシーだと約79円、バイクタクシーだと約63円です。乗り物の種類によりますが、普通のタクシー・バイクタクシーに初乗り運賃はありません。

バイクタクシーを選び

目的地を決め、バイクタクシーを選び、BOOKをタップするとバイクタクシーが検索されます。
決済がクレジットカードが表示されてることを確認してください。たまに現金払いになってる場合があって、後からアタフタします。

Grabドライバーが表示

近くで待機しているGrabドライバーが表示されるので、ドライバーの評価をチェック!
周りにたくさんドライバーがいれば、★の多いドライバーさんを選択しましょう!

プロフィールには、ドライバーのお名前、バイクの車両ナンバーが表示されています。待ち合わせ場所で合流の際確認しましょう。

ドライバーを選ぶとGrabアプリ

ドライバーを選ぶとGrabアプリにドライバーの位置が表示されます。近づいてくるのを見てると楽しいですw

ドライバーとはチャットができて、詳細な待ち合わせ場所、到着時間などの連絡が取れます。チャットは定型文があり、日本語を入力すると自動で翻訳されるので英語や現地語がわからなくても安心です。返答に日本語は使えないですがw

Grabドライバーの評価をしよう!

Grabが安心安全な移動手段であるアプリって事を世に広めるのは利用客の評価です!

しっかりと評価をしてあげましょう!業界の質も上がります。

チップを払う事もできます

チップを払う事もできます。

日本のいい加減なおっさん

勿論、ドライバーによりますが、日本のいい加減なおっさんタクシードライバーよりも手厚く対応してくれます。

評価が次の依頼に繋がる!Grabドライバーの方々はほんと親切でした。

Grabタクシーが見つからない時もある!

朝夕の通勤通学時間帯

朝夕の通勤通学時間帯やランチライムでは、Grabドライバーがつかまりにくい場合があります。何度検索しても”our drivers are busy!”と表示されたら時間が勿体ないのでその国の評判のいいタクシーを利用しましょう。

しかし、東南アジアでは流しのタクシーには乗らない方が良いです。ホテルやショッピングモールなどで待機してるタクシーに乗りましょう。

流しのタクシーのおっさんは英語が話せない・わからない人がほとんど。

Grabドライバーはそこそこ話せるので安心できます。

インドネシア ジャカルタでGrabを使い倒したよ!

それでは実際に東南アジア旅行でGrabを使ってきたのでレポートしていきます。

インドネシアでは、Grabと同じ配車サービス「GO-GEK」が国の管理のもと展開されいます。Grabよりやや料金(運賃)が安いです。

しかし、GO-JEKアプリの設定が面倒なのでGrabアプリ一本で使っていきました。

GrabCar(自家用車タクシー)

私が初めてGrabを使ったのは、インドネシア・ジャカルタのスカルノハッタ国際空港から市街地へ行く際。

超ドキドキ!

どんな運転手だろう?

違う車が来たらどうしよう?

色々話しかけられたらどうしよう?

色んな不安がありましたが、一応無事にGrabで呼んだタクシー(GrabCar)にすんなり乗車する事ができました。

Grab専用の乗り場

インドネシア・ジャカルタのスカルノハッタ国際空港には、Grab専用の乗り場が!

Grabスタッフが駐在

Grabスタッフが駐在していて、Grabアプリの使い方やタクシーの呼び出し方法などを教えてくれます。

初Grabドライバーさん

私の初Grabドライバーさんはトニさん!ちょっと強面(笑)
評価は★5つ!トヨタのGrabCar(自家用車)で迎えに来てくれます!

Grabドライバーさんから連絡

Grabドライバーさんから連絡が!”ちょっと待ってて””ピザハットの前で待ってて!”と。

ピザハットの前はGrab専用乗り場です。

チャットは日本語翻訳されますが、返答は定型文または英語で返信。

Grabドライバーのトニさん

Grabドライバーのトニさんが迎えに来てくれて名前を呼んでくれました。アプリに表示されているプロフィールと車のナンバーも同一!

いざ、トニさんのGrabCarでジャカルタ市街地へ。

高速道路に乗っていいかい?

高速道路に乗っていいかい?」と聞かれるので、「ya(はい)」と返答♪
高速道路料金は料金(運賃)に追加されますが、安いです。

インドネシア特有の渋滞も気になるので高速道路は使った方が良いでしょう。

ジャカルタの車は日本と同じ右ハンドル。道も左側通行です。日本車がめちゃめちゃ多いので親近感溢れます♪

Grabドライバーのトニさん

Grabドライバーのトニさん、私が適当に設定した目的地に細かく移動してくれました。ありがたや。

はい、ジャカルタ最初の目的地、セントラルパークモール到着です。

GrabCarの料金(運賃)

GrabCarの料金(運賃)はGrabアプリにクレジットカードを登録しているので、カード決済されるので、何の手間もかからず下車。

バイバーイと手を振り合いながらお別れしました。

初Grabアプリの利用を終え、安心しました。トニさんには★5つの評価をギフトしました♪

Grabアプリでどこを走ってるのかも一目瞭然。運転手が道からそれる事も回避できますw

Grabbike(バイクタクシー)

近距離で一人移動の際は、バイクタクシーを利用しましょう!
バイクタクシーでは埃避けとしてマスクを貰えます。素直に貰っておきましょう。

ジャカルタの街をバイクタクシー

ジャカルタの街をバイクタクシーで走るのなかなかエキサイティングで楽しいです♪

Grabでタクシー・バイクタクシーを拾えない時は通常のタクシーを利用しました。が、流しのタクシーに乗ったら思いもよらない事が(笑)
あのおっさんドライバー、大丈夫か?(笑)
声をかけてくるタクシーにも乗らない方が良いです(笑)

ベトナム ダナンでGrabを使い倒したよ!

ジャカルタ⇒シンガポール⇒ベトナム・ダナンと周回しました。

Grabアプリ、大活躍しています!

旅行の最後に利用したGrab利用の模様もレポートします!

ベトナム・ダナン

ベトナム・ダナンの北側のビーチからダナン国際空港へ行く際Grabを利用。徒歩30分のところ、Grabを使うと9分ほどで行けます。

GrabCar(自家用車タクシー)だと約130円。

しかし、最後って事でちょっとリッチにGrabTaxiを利用。約274円。

GrabTaxiは現地のタクシー会社と連携しているようです。

周辺にGrabTaxiが待機

Grabアプリで、周辺にGrabTaxiが待機している事がわかります。

BOOK(予約)

ドライバーさんを決めてBOOK(予約)をタップ!

チャットで連絡

”近くにいます、ちょっと待っててね!”とチャットで連絡が。

予約したGrabTaxi

予約したGrabTaxiが近づいてくる様子をGrabアプリで見れます。面白いです。

私が逆方向にいたせいか

が、しかし!私が逆方向にいたせいか前を通り過ぎていってしまいました(笑)
そしたらドライバーさんからチャットで連絡が。

ドライバーさん専用Grabアプリでは私の名前が表示されるので、日本人って事も伝わります。

声をかけていただき、無事、ドライバーさんと合流してGrabTaxiに乗車しました。

何故か選んだGrabTaxi

まぁ、何故か選んだGrabTaxiの運転手も車もGrabのプロフィールと一致してませんでしたが(笑)
提携会社のタクシー運転手同士で助け合ったのか???そう思っておこう。

GrabTaxiのドライバーさん

GrabTaxiのドライバーさんは速水もこみち似のイケメンでした(笑)
別れる最後まで明るく丁寧にサービスしてくれました。

GrabTaxiを呼ぶ際

GrabTaxiを呼ぶ際、クレジットカード決済じゃなく、現金払いになってた(汗)
現金持ってて良かった(汗)
少しは現金も持っておきましょう(笑)

ベトナムはバイクの交通量が物凄く多く、歩道も整備されてない場所が多いので徒歩移動は至難の業!

Grabをちょとちょこ利用できるようにしておきましょう!

東南アジアの配車アプリ「Grab」メリット・デメリット

Grab(グラブ)のメリット・デメリット

最後にGrab(グラブ)のメリット・デメリットを載せておきます。

まぁ圧倒的にメリットの方が多いですけど♪

Grabのメリット

  • アプリだけでタクシーの配車・決済までできます。
  • 東南アジアで多いぼったくりを防げる!
  • クレジットカードを登録すればお金のやりとりが不要!
  • アプリでタクシーの位置がわかるので、迎えの目安時間がわかる!
  • 迎えが遅れていてもドライバーとチャットができて不安解消!
  • GoogleMapで現在地と目的地を知らせ、配車できます。
  • 目的地までの料金(運賃)の目安がアプリでわかります!
  • 安い!
  • 運転手の顔、車・バイクのナンバー、車種がアプリでわかります。
  • 運転手はチップより評価(★★★★★)が欲しいので安心運転・安心ナビです!
  • 使えば使うほどポイントが貯まり、お得に使えます。
  • 領収書はEメール経由で自動送付されます。
  • 不審な事があればGrabアプリですぐ報告ができます。

Grabドライバーさんは、Grab社で面接・教育を受けているので、現地タクシーより安心できます。

Grabのデメリット

  • 朝夕の通勤通学・ランチタイム、雨が降っている際はGrabタクシー配車が多忙で拾えません。
  • ドライバーさんからチャットじゃなく電話(現地語)がかかってくる場合があるようです…話せませんね(汗)
  • 日本人(外人)だと配車呼び出しに応じないドライバーさんがいるようだ?
  • クレジットカード払いだと配車呼び出しに応じないドライバーさんがいるようだ?

下3つは私は実際に体験していませんが、そういう事例があるようです。

私が利用した際はデメリットは無く、幸運にもトラブルなしで、気持ちよく東南アジア周回の旅ができました♪

Grabアプリをインストールしているスマホのバッテリー切れにはくれぐれも注意を!

東南アジアでもキャッシュレス決済が盛んなので、クレジットカード含め、用意していきましょう。

Grabを活用して楽しい東南アジア旅行を楽しまれてください!

以上、東南アジア旅行にはインストール必須の配車サービス「Grab(グラブ)についてでした。

関連記事もご覧ください。

 

運営者(登場人物)は、スマホ・ガジェットが大好きな実在する親子です♪

使い方・レビュー記事のアイテムは実際に買って長く使ってます♪

運営者情報