2017-07-23

HUAWEI P10 liteとP10のスペック比較!mineoで買おう

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 9
  • twitter
HUAWEI P10 liteについてお調べでしょうか?
当記事では、2017年8月3日にmineo(マイネオ)から販売されるHUAWEI P10 liteの特徴・スペック・端末比較・機能・カメラ・購入先などをレビューしています。HUAWEI P10 lite購入の参考になれば幸いです。
hika

人気格安SIMのmineo(マイネオ)に「HUAWEI P10 lite」が追加されたよ♪

kazuki

HUAWEI P10 liteと言えば、2016年売れ筋スマホのP9 liteの後継機だね。

hika

P9の後継機のP10は既にmineo(マイネオ)で売ってるよ。

kazuki

mineo(マイネオ)での料金は、HUAWEI P10 liteが一括で27,600円、P10は一括で59,400円との事。

hika

P10はP10 liteより2倍以上料金が高いね

kazuki

P10はライカ製のカメラレンズを背面に2基、前面に1基搭載しているし、スペックも良いからね。

hika

ライカ製のレンズが3基!それは凄いね!

kazuki

P10にはさらに上位機種のP10 Plusがあるよ♪

hika

おー。P10にはスペック・仕様違いで3機種あるんだね。

kazuki

P10P10 Plusは税込6万円以上するからもはや格安スマホとは言えないよ(笑)

hika

P10とP10 Plusを買うんだったらiPhone 7/7 Plusを買うって人が多いかも?

kazuki

はは、そうだね。料金的にもHUAWEI P10 liteで充分って人も多そうだ。

hika

HUAWEI P10 liteの特徴が気になる!

kazuki

特徴をリストアップしたので見て。

  • 5.2インチ高精細フルHDディスプレイ!
  • やや縦長で薄く持ちやすい!
  • 2.5D曲面ガラスで両面ツルツルで綺麗!
  • 耐久性抜群!余程高い場所からの落下じゃない限り、中身が破損する確率は低いです。
  • 急速充電対応!30分で43%、97分で満タンにできます!
  • 高性能CPUでバッテリー長持ちです。
  • 1200万画素背面カメラは、1.25μm大型ピクセルのイメージセンサーと開口部F2.2のレンズで、暗い場所でも明るい写真が撮れます。
  • 800万画素前面カメラは、背景をぼかした写真が撮れるポートレートモードがあります!セルフィーが楽しくなるよ♪
  • ロック画面から1秒前後で写真を撮れるウルトラスナップショットが便利です!
  • 0.3秒指紋認証センサーでロック画面をすぐ解除できます。超便利!
  • ドコモ回線・au回線・au VoLTE対応!
hika

なかなか豊富に機能が揃ってるね♪

kazuki

カラーバリエーションは、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド、サファイアブルーがあって、中でもサファイアブルーは”水”をイメージした裏面の質感が凄く綺麗だよ。

hika

スマホの形、カラーバリエーション、どちらも男女共に人気が出そうだ♪

kazuki

HUAWEI P10 liteは、ドコモ回線もau回線も対応しているので、mineo(マイネオ)のドコモSIM・au SIM、どちらを選んでも使えるよ。

hika

auから乗り換えの方は、au SIM(au VoLTE SIM)を。ドコモ・ソフトバンクから乗り換えの方は、ドコモSIMだね。

kazuki

mineo(マイネオ)はスマホの追加購入ができるから既にmineoでスマホを買って使っている方は機種変更もスムーズにできるよ。

hika

それは楽だね♪

kazuki

P10シリーズのスマホに機種変更したくて、カメラのレンズにまでこだわらなくて良いって方は、HUAWEI P10 liteで充分満足できると思う!下記から細かくレビューしていきます。
格安スマホはmineo

HUAWEI P10 lite・HUAWEI P10のスペック比較

HUAWEIのスマホのPシリーズ「P10 lite」と「P10」のスペック比較は下記。

スマホ HUAWEI P10 lite HUAWEI P10
価格(税込) 一括:27,600円
分割:1,150円/月×24カ月
一括:59,400円
分割:2,475円/月×24カ月
カラー サファイアブルー
プラチナゴールド
パールホワイト
ミッドナイトブラック
ダズリングブルー
プレステージゴールド
ミスティックシルバー
グラファイトブラック
ディスプレイ 約5.2インチ
FHD(1920 x 1080 ドット)
IPS (in-cell)
約5.1インチ
FHD(1080 x 1920ドット)
IPS
サイズ 高さ 約146.6mm
幅 約72mm
厚さ 約7.2
高さ 約145.3mm
幅 約69.3mm
厚さ 約6.98mm
重量 約146g 約145g
SIM nanoSIM × 2
USB micro USB USB Type C
(High Speed/OTG対応)
OS Android™ 7.0 Nougat
Emotion UI 5.1
CPU HUAWEI Kirin 658オクタコア
(4 x 2.1GHz + 4 x 1.7GHz)
HUAWEI Kirin 960オクタコア
(4 x 2.4GHz A73+ 4 x 1.8GHz A53)
メモリー RAM : 3GB
ストレージ : 32GB
microSDスロット (最大128GB)
RAM : 4GB
ストレージ : 64GB
microSDスロット (最大256GB)
バッテリー容量 3,000mAh
9V/2A急速充電
3,200mAh
メインカメラ 1200万画素
1.25μmピクセル
開口部F2.2
像面位相差AF+コントラストAF
電子手振れ補正
BSI
ライカレンズ × 2
1200万画素カラーセンサー
2000万画素モノクロセンサー
開口部F1.8
光学手振れ補正
2色フラッシュ
2倍ハイブリッドズーム
4-in-1 ハイブリッドフォーカス
像面位相差+コントラスト+レーザー+デブスAF
4K動画撮影
インカメラ 800万画素
開口部F2.0/FF/BSI
ライカレンズ × 1
800万画素
開口部F1.9,FF
通信速度 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
コネクティビティ 802.11a/b/g/n/ac (2.4/5.0GHz)
Bluetooth® v4.1 LE
802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz)
NFC
Bluetooth® v4.2 with BLE
テザリング 最大接続台数:8台
通信方式 FDD-LTE:B1/3/5/7/8/18/19/26
TDD-LTE : B41
2CA/対応
W-CDMA : B1//5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数
FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/9/
12/17/19/20/26/28/29
TDD-LTE : B38/40/41
キャリアアグリゲーション:2CA/3CA対応
W-CDMA : B1/2/4/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM(音声通話): WCDMA, GSMの上記周波数
測位方式 GPS/AGPS/Glonass GPS/AGPS/Glonass/Beidou/Galileo
センサー 加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
指紋認証
加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
HALL
指紋認証
付属品 ACアダプタ
USBケーブル
クリアケース
イヤホンマイク
クイックスタートガイド
リモコン付きヘッドセット
ケース/ACアダプタ
USBケーブル(A to C)
クイックスタートガイド

どれをとってもHUAWEI P10 liteよりHUAWEI P10の方が高スペックです。それ故倍以上高いですが♪

android 7.0、メモリ3ギガ、ストレージ32ギガ、急速充電、次世代高速Wi-Fi規格「11ac」搭載は、格安スマホとしては魅力的でありコスパの良いスマホといえます。

kazuki

ライカレンズが無くても良いって方は、P10より半分以上安いHUAWEI P10 liteは買いです♪

HUAWEI P10 lite レビュー(使用感)

実際に、HUAWEI P10 liteを使った使用感をレビューしていきます。

化粧箱はこんな感じ

化粧箱はこんな感じ。縦長です。

こんな感じで収まってます♪

こんな感じで収まってます♪

クリアケースが入ってます。

箱の中には、HUAWEI P10 lite本体、製品保証書(購入日より12か月)、USB ACアダプターと保証書(購入日より6か月)、イヤホンマイク、SIMピン、クイックスタートガイド、クリアケースが入ってます。

ディスプレイサイズは5.2インチフルHD

HUAWEI P10 liteのディスプレイサイズは5.2インチフルHDです。

重すぎず軽すぎず、細長で持ちやすいです。

HUAWEI P10 liteは青色を購入

いつもは白色のスマホを買うのですが、HUAWEI P10 liteは青色を購入。
他のレビューサイトも青色を買ってたので、見事に被りました(笑)
「水」をイメージしているサファイアブルーは、ほんとキラキラして凍て綺麗です。

裏面には、LEDフラッシュ、カメラ、指紋認証ボタンがあります。

HUAWEI P10 liteのカメラレンズはライカ製ではありません

HUAWEI P10 liteのカメラレンズはライカ製ではありません。でも、いいんです!

SIMカードとmicroSDを挿入するSIMスロット

左側面には、SIMカードとmicroSDを挿入するSIMスロットがあります。

ボリュームと電源ボタン

右側面には、ボリュームと電源ボタンがあります。

イヤホンジャックとノイズ低減マイク

上部にはイヤホンジャックとノイズ低減マイクがあります。

マイク、micro USB、スピーカー

下部には、マイク、micro USB、スピーカーがあります。
micro USBでの充電で急速充電に対応しています。

インカメラ、照度センサー、受話口、インジケータ

前面上部には、インカメラ、照度センサー、受話口、インジケータがあります。
戻る・ホーム・タスクボタンは液晶画面内に配置されています。

スマホの大きさ比較。

スマホの大きさ比較。
左からiPhone SE(4.0)、iPhone 7 Plus(5.5)、HUAWEI P10 lite(5.2)、HUAWEI nova lite(5.2)。

iPhone SEは小さい…iPhone 7 Plusは大きい…HUAWEI P10 liteは文字が打ちやすく丁度いい大きさです。

HUAWEI P10、HUAWEI nova lite、ZenFone Live

mineo(マイネオ)で販売しているHUAWEI P10 liteHUAWEI nova liteZenFone Liveの大きさはどうでしょう?

HUAWEI P10 liteとnova liteは、端末の大きさも液晶画面の大きさもほぼ同じ。
ZenFone Liveは5インチなのでちょっと小ぶりです。

SIMスロットはSIMピンを使って装着します。

SIMスロットはSIMピンを使って装着します。
最大128GBまでのmicroSDが使えます。

指紋の登録をおすすめします!

セットアップの際は、指紋の登録をおすすめします!
画面ロック解除、アプリのログイン、決済認証、シャッターボタンとして役立ちますよ。

指紋がすり減ってもPINコードでロック解除できるので安心してください♪

これまでandroidを使ってきた方は、googleアカウントで電話帳やこれまでのアプリ情報を引き継ぐことができます、

EMUIが綺麗です。

セットアップ後のホーム画面!EMUIが綺麗です。必要なアプリをGoogle Playからダウンロードしていきましょう。

ナックルセンステクノロジー

HUAWEI P10 liteには、ナックルセンステクノロジー機能が搭載しています。

ナックルセンステクノロジー

指関節で画面をタップしたり字を書く事で、スクリーンショットを撮ったり、機能を呼び出すショートカット機能です。

効率よくスマホの操作ができるように、いつも使う機能を登録しておきましょう。

フローティングボタン

HUAWEI P10 liteには、フローティングボタン機能もあります。

フローティングボタン

どの画面からでも戻るホーム画面最近のタスク画面ロックワンタップ最適化を実行できるので、操作を速くできます。

HUAWEI P9から色々と機能が追加されているので、しっかり覚えて効率よくHUAWEI P10 liteを使っていきましょう♪

ポケモンGO

ポケモンGOのARモードをプレイできます♪

HUAWEI P10 liteはジャイロセンサー搭載なので、ポケモンGOのARモードをプレイできます♪

P9 liteもnova liteもジャイロセンサーを搭載していないので、ポケモンGOをプレイしてる方はHUAWEI P10 liteを選びましょう♪

hika

HUAWEI P10 liteは、音楽も動画もゲームもばっちり楽しめます♪

HUAWEI P10 liteのカメラレビュー

HUAWEI P10 liteは、ライカ製のレンズこそ搭載されていませんが、レンズの性能や撮影モードなど充実しています。
いくつか撮影してきたのでレビューします。

カメラの画面レイアウト

HUAWEI P10 liteのカメラの画面レイアウトはこんな感じ。
左側にビューティーモードボタンがあります。

波打つシャッターボタンをタップすればシャッターを切れます。撮った後は自動補正されます。

背面カメラと前面カメラは、それぞれ設定と撮影モードに若干の違いがあります。

ウルトラスナップショット

ウルトラスナップショット!

HUAWEIの格安スマホといえばウルトラスナップショット
0.9秒で写真を撮影できます!これは重宝しますよ。

ロック画面でボリュームボタン(-)を2度押しすれば撮影ができます。覚えておきましょう。

パノラマ

淡路サービスエリア(上り)パノラマ

HUAWEI P10 liteで淡路サービスエリア(上り)の展望所からパノラマ撮影。
左の明石海峡大橋から右の観覧車までばっちり簡単にパノラマ撮影ができました。

ズーム

淡路サービスエリア(下り)にある観覧車

淡路サービスエリア(下り)にある観覧車をノーマル撮影。
ズーム撮影をしてみます。

デジタルズームの最大ズーム

デジタルズームの最大ズームですがなかなか綺麗に撮れました。カメラスタンドを使えばもっと綺麗に撮れると思います。

ウォーターマーク

後日掲載。

ナイスフード

箱根ホテルで夕食で食べたステーキ♪

箱根ホテルで夕食で食べたステーキをナイスフードで撮影♪
写真見るだけで舌鼓がw
美味しく撮れてます。

ライトペインティング

後日掲載。

パーフェクトセルフィー

後日掲載。

背面カメラも前面カメラも撮影モードがたくさんあるので、モードを駆使して楽しく写真撮影をしていきましょう。良い写真が撮れたらインスタグラムにアップだ♪

kazuki

ライカ製のレンズじゃなくても充分綺麗な写真が撮れるHUAWEI P10 liteです♪

HUAWEI P10 liteはmineoで買おう

HUAWEI P10 liteはmineoで買おう

最後に、HUAWEI P10 liteが買えるおすすめの購入先「mineo(マイネオ)」を紹介。

mineo(マイネオ)

格安SIMのmineo(マイネオ)はドコモ回線とau回線の格安SIMを販売するMVNOで、格安スマホも販売しています。

mineoのSIMをキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で買ったスマホで利用する方が多く、老若男女問わず人気を集めています。

複数回線割・家族割や長期割りがあったり、30ギガの大容量プラン、5分かけ放題mineoメール端末保証、独自のコミュニティ「マイネ王」があるのも魅力です♪

mineo(マイネオ)でのHUAWEI P10 liteの料金
一括:27,600円
分割:1,150円/月×24カ月

”データSIMまたは音声通話SIMの料金”と”スマホの分割料金”が月々のランニングコストになります。

3ギガの音声通話SIM(ドコモ回線)でHUAWEI P10 liteを使う場合は、
1,600円 + 1,150円で、月額料金は2,750円となります。

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の月額料金と比べてどうでしょうか?
3分の1、2分の1は安くなるので通信代の節約ができます。
格安スマホはmineo

以上、HUAWEI P10 liteのレビューでした。購入の参考になれば幸いです。

こちらの記事も読まれてます。

webmobile 著者紹介

著者はフリーランスwebデザイナーとして活動をはじめて13年。
webをはじめスマホやガジェットが大好き♪
妻、子、プードル2匹と暮らしてます。
運営者情報

気になる記事を検索

webmobile TOP