2017-07-25

P10 lite レビュー!HUAWEIの2017年売れ筋スマホ

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 7
  • twitter
HUAWEI P10 liteについてお調べでしょうか?
当記事では、P10 liteの特徴・スペック比較・機能・購入先などをレビューしています。P10 lite購入の参考になれば幸いです。
kazuki

HUAWEI P10 lite、買ったよー!

hika

パパ、またスマホ買ったのー!次はどんなのー?

kazuki

2016年の売れ筋機種だったP9 liteの後継機だよ。

hika

P9 liteってパパが初めて買ったHUAWEI製の格安スマホだね。

kazuki

よく覚えてるねー。P9 liteの後継機、実はすごく楽しみにしてたんだ♪

hika

つい最近、HUAWEIからカジュアル・お洒落さん向けにnovaとnova liteが発売されたのに、HUAWEIは勢いがあるね!

kazuki

そうそう。HUAWEI、かなり勢いある!HUAWEIの格安スマホには、honor・Mate・P・GR・novaと5つのターゲット別のシリーズがあるんだけど、novaシリーズに続いて間髪入れずにPシリーズの後継機を発売したんだよ!

hika

Pシリーズはライカ製のレンズを使っていてカメラに特化してるんだよねぇ♪

kazuki

そうそう。カメラ好きな人は喜ぶスマホなんだけど、今回発売されたP10は、なんとびっくり!3機種あるんだよ!

hika

えぇそんなに!どれを買えばいいのか迷っちゃうね!

kazuki

ほんとそう。今回発売されたP10は下記を見て。

  • HUAWEI P10 lite(参考価格:32,378円
  • HUAWEI P10(参考価格:71,064円)
  • HUAWEI P10 Plus(参考価格:80,784円)
kazuki

スペックや機能、カメラレンズ違いのP10が3つも同時発売!

hika

P10とP10 Plus…なんだか高い…。

kazuki

格安スマホとは言えない価格だけど、ライカ製のレンズをたくさん積んでるからね。残念ながらP10 liteにはライカ製のレンズは使われていないんだ。

hika

3つとも買わないの?

kazuki

流石にいくら格安スマホ大好きのパパでも3つ全て買うのは経済的に無理だよ!

hika

ママに怒られるねw

kazuki

って事で、P10もP10 Plusも6万円以上して格安スマホとは言いづらい価格なので、P10の中で一番格安スマホらしいP10 liteを買ったのでした。

hika

P10 liteはどこで買えるの?

kazuki

人気MVNOのmineo(マイネオ)やBIGLOBE SIM、楽天モバイルやOCNモバイルとかでも売ってるけど、混雑してる時間帯でも高速通信に定評のあるUQmobileで買えるよ♪

hika

UQモバイルかー。テレビコマーシャルの「ユーキュー♪」ってわたしもつられて言っちゃうよ♪

kazuki

UQのCM、毎回楽しみなんだよ。何より出演している多部未華子ちゃんが可愛すぎる!

hika

そ、そう…。P10 liteのカラーバリエーションにはどんな色があるの?

kazuki

P10 liteには、サファイアブルー・パールホワイト・ミッドナイトブラック・プラチナゴールド・サクラピンクの5色があって、サクラピンクのみUQモバイル限定カラーだよ。

hika

UQモバイルだけ限定色があるのかー。流石UQの力だね!

kazuki

ただ、パパは白色が好きで、P9 liteもnovaもnova liteも白色を買ったんだけど、P10 liteに関しては今年のパパのラッキーカラーが青なのでサファイアブルーを買ってみたんだけど、他の名だたる格安スマホレビューサイトでサファイアブルーが使われていて、ちょっと悔やんでるよ(笑)

hika

見事に被ってたんだ(笑)

kazuki

素直に好みの白色にすれば良かった♪

kazuki

まぁでも、P10 liteのサファイアブルーは、P10 liteの象徴的色なので気に入っているよ♪

hika

それは良かった。背面の水色、凄くキラキラしてて綺麗だもんね♪

kazuki

そう思うでしょ♪でも、防水防塵ではないんだw

hika

それは安さ故の事情があるかもだからしょうがないね。

kazuki

まぁそうだねw
それでは、カラーバリエーションも豊富で、P9 liteより格段と性能アップしたHUAWEI P10 liteについて、実際に買って使っているので、特徴やスペックなど3つのP10と比較しつつレビューを致します♪
「商品券最大13,000円分」スマホセット申し込みでプレゼント中♪

HUAWEI P10 liteの主な特徴

HUAWEI P10 liteの主な特徴

HUAWEI P10 liteを買って感じた事は下記。

液晶画面が綺麗!

5.2インチ高精細フルHDディスプレイ。
nova liteより色域が21%アップしていて、画面表示がより美しくなっています。

やや縦長で薄く持ちやすい!

両面を覆う2.5D曲面ガラス(Corning Gorilla Glass 5)がツルツルして綺麗です。ツルツルなので滑って落下する危険性もありw

薄くて細いけど耐久性があります

メタルフレームが使われていて耐久性を強くしています。余程高い場所からの落下じゃない限り、中身が破損する確率は低いです。

急速充電対応!

micro USBですが、急速充電に対応しています。使用状況によりますが、30分で43%、97分で100%の充電ができます。

長時間使える省エネスマホ

Kirin 658プロセッサ・3000mAhのインテリジェントバッテリー・Smart Power-Saving 5.0で電池持ちです。

ナックルジェスチャーが便利!

HUAWEIが独自開発したナックルセンステクノロジーが搭載されています。
ナックルセンステクノロジーは、指関節で画面をタップしたり文字を書いたりして、任意の機能(アプリ)を起動するショートカット機能です。スクリーンショットも撮影できます。

1200万画素リアカメラ

1.25μm大型ピクセルのイメージセンサーと開口部F2.2のレンズで、暗い場所でも明るい写真が撮れます。

800万画素インカメラ

背景をぼかして被写体を惹きたてるポートレートモードがなかなか使えます♪

ウルトラスナップショット健在!

ロック画面から1秒前後で写真を撮れるウルトラスナップショットが便利です!撮りたいものを見つけたらすぐシャッターを切れます!

0.3秒高速フォーカス

像面位相差フォーカスとコントラストフォーカスで高速フォーカスを実現しています。

0.3秒指紋認証センサー

指紋認証センサーは初めてHUAWEIのスマホで体感して感動しましたが、P10 liteでもばっちり搭載されています。

上記が主な特徴です。

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応ですが日本では2Gが使えないので非対応。

カラーバリエーションに青(サファイアブルー)があるので、男性からの受けが良さそうです。

P10 lite / P10 / P10 Plusのスペック比較

HUAWEIから発売されたPシリーズの「P10 lite」「P10」「P10 Plus」のスペック比較は下記。

スマホ P10 lite P10 P10 Plus
価格(税込) 32,378円 71,064円 80,784円
カラー サファイアブルー
プラチナゴールド
パールホワイト
ミッドナイトブラック
サクラピンク
ダズリングブルー
プレステージゴールド
ミスティックシルバー
グラファイトブラック
ダズリングゴールド
グリーナリー
ディスプレイ 約5.2インチ
FHD(1920 x 1080 ドット)
IPS (in-cell)
約5.1インチ
FHD(1080 x 1920ドット)
IPS
約5.5インチ
2K(1440 x 2560ドット)
IPS
サイズ 高さ 約146.6mm
幅 約72mm
厚さ 約7.2
高さ 約145.3mm
幅 約69.3mm
厚さ 約6.98mm
高さ 約153.5mm
幅 約74.2mm
厚さ 約6.98mm
重量 約146g 約145g 約165g
SIM nanoSIM × 2
USB micro USB USB Type C
(High Speed/OTG対応)
OS Android™ 7.0 Nougat
Emotion UI 5.1
CPU HUAWEI Kirin 658オクタコア
(4 x 2.1GHz + 4 x 1.7GHz)
HUAWEI Kirin 960オクタコア
(4 x 2.4GHz A73+ 4 x 1.8GHz A53)
メモリー RAM : 3GB
ROM : 32GB
microSDスロット (最大128GB)
RAM : 4GB
ROM : 64GB
microSDスロット (最大256GB)
バッテリー容量 3,000mAh
9V/2A急速充電
3,200mAh 3,750mAh
メインカメラ 1200万画素
1.25μmピクセル
開口部F2.2 像面位相差AF+コントラストAF
電子手振れ補正
BSI
ライカレンズ × 2
1200万画素カラーセンサー
2000万画素モノクロセンサー
開口部F1.8
光学手振れ補正
2色フラッシュ 2倍ハイブリッドズーム
4-in-1 ハイブリッドフォーカス
像面位相差+コントラスト+レーザー+デブスAF)
4K動画撮影
インカメラ 800万画素
開口部F2.0/FF/BSI
ライカレンズ × 1
800万画素
開口部F1.9,FF
ライカレンズ × 1
800万画素
開口部F1.9,AF
通信速度 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
コネクティビティ 802.11a/b/g/n/ac (2.4/5.0GHz)
Bluetooth® v4.1 LE
802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz)
NFC
Bluetooth® v4.2 with BLE
テザリング 最大接続台数:8台
通信方式 FDD-LTE:B1/3/5/7/8/18/19/26
TDD-LTE : B41
2CA/対応
W-CDMA : B1//5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数
FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/9/
12/17/19/20/26/28/29
TDD-LTE : B38/40/41
キャリアアグリゲーション:2CA/3CA対応
W-CDMA : B1/2/4/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM(音声通話): WCDMA, GSMの上記周波数
FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/9/
12/17/19/20/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
キャリアアグリゲーション:2CA/3CA対応
W-CDMA : B1/2/4/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM(音声通話): WCDMA, GSMの上記周波数
測位方式 GPS/AGPS/Glonass GPS/AGPS/Glonass/Beidou/Galileo
センサー 加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
指紋認証
加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
HALL
指紋認証
加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
HALL
指紋認証
赤外線リモコン
ステレオスピーカー
付属品 ACアダプタ
USBケーブル
クリアケース
イヤホンマイク
クイックスタートガイド
リモコン付きヘッドセット
ケース/ACアダプタ
USBケーブル(A to C)
クイックスタートガイド

P10のスペック比較表、いかがでしょう?

流石にP10 PlusとP10は本体価格が高いこともあり、全ての面でP10 liteより高機能・高性能です!

P10とP10 Plusにはライカ製のレンズが背面に2つ、前面に1つ搭載されていますが、残念ながらP10 liteにはひとつもライカレンズはありませんw

しかしそれでもP10 liteはP9 liteより格段にパワーアップしていて、HUAWEIの格安スマホの最新UIや外観の美しさ、急速充電や最大通信速度、センサー、レンズ違えど同等のカメラ画素数を持ち合わせています。カラーバリエーションも豊富です。

ライカレンズじゃなくても良いって方は、P10やP10 Plusより半分以上安いP10 liteは買いです♪

P10 lite / nova lite / P9 lite PREMIUMのスペック比較

次に「P10 lite」「nova lite」「P9 lite PREMIUM」のスペック比較表です。

P9 lite PREMIUMはP9 liteよりも性能を向上させたUQモバイル限定の格安スマホです。

UQモバイルではP10 liteP9 lite PREMIUMのスマホセットを販売しています。

スマホ P10 lite nova lite P9 lite PREMIUM
カラー サファイアブルー
プラチナゴールド
パールホワイト
ミッドナイトブラック
サクラピンク
ホワイト
ブラック
ゴールド
ホワイト
ブラック
ゴールド
ディスプレイ 約5.2インチ
FHD(1920 x 1080 ドット)
IPS (in-cell)
約5.2インチ
FHD(1920×1080ドット)
IPS
約5.2インチ
FHD(1920×1080ドット)
IPS(in- cell)
サイズ 高さ 約146.6mm
幅 約72mm
厚さ 約7.2
高さ 約147.2mm
幅 約72.94mm
厚さ 約7.6mm
高さ 約146.8mm
幅 約72.6mm
厚さ 約7.5mm
重量 約146g 約147g 約147g
SIM nanoSIM × 2 nanoSIM × 2 nano SIM x 1
USB micro USB micro USB micro USB
OS Android™ 7.0 Nougat
Emotion UI 5.1
Android™ 7.0 Nougat
Emotion UI 5.0
Android™ 6.0 Marshmallow
Emotion UI 4.1
CPU HUAWEI Kirin 658 オクタコア
(4 x 2.1GHz + 4 x 1.7GHz)
Huawei Kirin655 オクタコア
(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
MSM8952 オクタコア
(4 x 1.5GHz+4 x 1.2GHz)
メモリー RAM : 3GB
ROM : 32GB
microSDスロット (最大128GB)
RAM : 3GB
ROM : 16GB
microSDスロット (最大128GB)
RAM : 3GB
ROM : 16GB
microSDスロット (最大128GB)
バッテリー容量 3,000mAh
9V/2A急速充電
3,000mAh 3,000mAh
メインカメラ 1200万画素
1.25μmピクセル
開口部F2.2
像面位相差AF+コントラストAF
電子手振れ補正
BSI
1200万画素
(開口部F2.2/AF/BSI)
1300万画素
(開口部F2.0/AF/BSI)
インカメラ 800万画素
開口部F2.0/FF/BSI
800万画素
(開口部F2.0/FF/BSI)
800万画素
(開口部F2.0/FF/BSI)
通信速度 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
受信時最大220Mbps
送信時最大25Mbps
コネクティビティ 802.11a/b/g/n/ac (2.4/5.0GHz)
Bluetooth® v4.1 LE
802.11b/g/n準拠 (2.4GHz)
Bluetooth® v4.1 with BLE
802.11b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth通信:v 4.1
テザリング 最大接続台数:8台
通信方式 FDD-LTE:B1/3/5/7/8/18/19/26
TDD-LTE : B41
2CA/対応
W-CDMA : B1//5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
4G LTE / WiMAX 2+
キャリアアグリゲーション対応
国際ローミング可能
(GSM,UMTS対応。但し音声とSMSのみ対応)
測位方式 GPS
AGPS(GPS補助)
Glonass(ロシア衛星測位)
GPS
AGPS(GPS補助)
Glonass(ロシア衛星測位)
Beidou(中国衛星測位)
GPS
AGPS(GPS補助)
Glonass(ロシア衛星測位)
Beidou(中国衛星測位)
センサー 加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
指紋認証
加速度
コンパス
環境光
近接
指紋認証
加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
HALL
指紋認証
付属品 ACアダプタ
USBケーブル
クリアケース
イヤホンマイク
クイックスタートガイド
ACアダプタ
USBケーブル
クリアケース
マイク付イヤホン
クイックスタートガイド
保証書
ACアダプタ
USBケーブル
クリアケース
イヤホンマイク
クイックスタートガイド
本体保証書
ACアダプタ保証書

3機種ともほぼ同じ大きさ同じディスプレイサイズの5.2。
中身のスペックに若干の差がありますが、横並びで見ると、やはり一番優れているのは最新のP10 liteです。

P10 liteのカメラには像面位相差AF+コントラストAFや電子手振れ補正が搭載されていて、素早く綺麗な写真を撮れます。
micro USBながら急速充電があり、ストレージも倍の32ギガを搭載。Emotion UI 5.1も最新版です。

P10 liteはカラーバリエーションが豊富。UQモバイル限定のサクラピンクは女性にとって選びやすく嬉しいカラーだと思います。

今機種変更するなら「P10 lite」♪

HUAWEI P10 lite レビュー

それでは、HUAWEI P10 liteのレビューをします!開封の儀とも言う♪

化粧箱は白地

化粧箱は白地で、真ん中に端末のカラーバリエーションの色で構成された?グラデーションな帯に「P10 lite」とプリントされています。

HUAWEI DESIGN

HUAWEI DESIGN」…HUAWEIの端末はUIもわかりやすく内も外もオシャレ♪

端末を横から引き出すタイプ♪

最近は、端末を横から引き出すタイプ♪

化粧箱の中に入っているもの

化粧箱の中に入っているものは下記。

● HUAWEI P10 lite本体
● 製品保証書(購入日より12か月)
● USB ACアダプターと保証書(購入日より6か月)
● イヤホンマイク
● SIMピン
● クイックスタートガイド
● クリアケース

最近は、クリアケースがセットになっててありがたいです。

P10 liteのディスプレイサイズは5.2インチ

P10 liteのディスプレイサイズは5.2インチ。
持ちやすさとしてはやや細長なので握りやすく持ちやすいです。重さは146g。軽すぎず重すぎず。風で吹き飛ばされたりはしない程度です。

ガラスコーティングでツルツル

裏も表もガラスコーティングでツルツルしてます

サファイアブルーは「水」をイメージしているようで、光が当たる事で水面のキラキラ感を出す施工がされているとの事。ほんとキラキラしてますw

HUAWEI P10 liteの裏面には、LEDフラッシュ、カメラ、指紋認証ボタンが配置されています。

P10 liteのカメラレンズはライカ製ではありません

P10とP10 Plusのカメラレンズはライカ製ですが、P10 liteのカメラレンズはライカ製ではありません。

P10 liteの左側面

P10 liteの左側面には、SIMスロットが1つ。SIMカードとmicroSDを挿入できます。

ボリュームと電源

右側面には、ボリュームと電源が配置されています。

イヤホンジャックとノイズ低減マイク

上部にはイヤホンジャックとノイズ低減マイク。大きな穴が空いている事でわかるとおり、防水防塵ではないので気を付けましょう。

マイク、micro USB、スピーカー

下部には、マイク、micro USB、スピーカーが配置されています。
micro USBでの充電ですが、急速充電に対応しています!

前面上部

前面上部には、インカメラ、照度センサー、受話口、インジケータが配置されています。
戻る・ホーム・タスクボタンは液晶画面内に配置されています。

左からiPhone SE(4.0)、iPhone 7 Plus(5.5)、P10 lite(5.2)、nova lite(5.2)。
横並びさせましたが、P10 liteとnova liteの大きさはほぼ同じ。大きすぎず小さすぎず、携帯しやすい端末です。

性能はiPhone、機能の豊富さはandroidであり、P10 liteでも充分便利です!

HUAWEI P10 liteを起動し、WiFiに接続してセットアップを進めていきます。

指紋登録をしましょう!

起動したら言語選択が表示されるので、日本人の方は「日本語」がおすすめです♪

指紋登録をしましょう!指5本まで登録できます♪

指紋認証

指紋認証は画面ロック解除、アプリのログイン、決済認証、シャッターボタンとして役立ちます。

指紋登録しないとP10 liteを使う意味はないですよ♪
指紋がすり減ってしまってもPINコードでロック解除できるので安心です♪

データの引き継ぎは簡単

データの引き継ぎは簡単です。googleアカウントでログインすれば自動で旧端末からP10 liteへアプリデータなどを移行してくれます。あっという間に元通りです。

セットアップ完了!

セットアップ完了!EMUIがサクサク動きます♪

ステータスバー

ステータスバーは写真の通り。HUAWEI Shareは、HUAWEI端末とBluetoothでデータをやりとりする機能です。UQモバイルで買ったP10 liteではテザリングもできます。

データ通信を始める為にSIMカードを装着

データ通信を始める為にSIMカードを装着します。
nano SIMを2枚、micro SDを1枚装着できます。nano SIMを2枚入れてもスロット2は2G対応なので日本では使えません。

ストレージが32ギガとありますが、micro SDでストレージを増設するのが良いです。素敵な写真をたくさん保存しましょう♪

P10 liteのカメラ

P10 liteのカメラの設定

P10 liteのカメラの設定は、P9 liteやnova liteとほぼ同じです。

オブジェクトトラッキングをオン

個人的には、GPSタグをオフ、音声シャッターをオン、タップして撮影をオン、オブジェクトトラッキングをオン、ウルトラスナップショットを”カメラを開いてクイック撮影”にしておくのがおすすめ設定。

撮影モード

撮影モードはたくさんあります。

ウォーターマーク、ライトペインティングなど

ウォーターマーク、ライトペインティングなど写真で遊べるモードも多々あります。

ウルトラスナップショット!

ロック画面からボリュームボタン(-)を2度押しで、ウルトラスナップショット!
0.9秒で写真を撮影できます!これは凄く便利です!

マニュアル撮影もできるので、マクロ撮影も設定がオートより簡単スムーズにできます。

DAZN

スポーツライブストリーミングサービスのDAZN

スポーツライブストリーミングサービスのDAZN♪
P10 liteでは音も綺麗、動きもサクサクです。UQモバイルの通信速度が安定して高速な影響もありますがw

ポケモンGO

P10 liteはジャイロセンサー搭載

P10 liteはジャイロセンサー搭載なので、ポケモンGOのARモードをプレイできます♪

P9 liteもnova liteもジャイロセンサーを搭載していないので、ポケモンGOを良くされる方はP10 liteを選びましょう♪

音楽も動画もゲームもばっちり楽しめるP10 liteです♪

P10 liteのナックルセンステクノロジーの使い方

P10 liteから…HUAWEIのカスタムUI「EMUI 5.1」から…初めてliteでナックルセンステクノロジーが使えるようになりました。
Zenfoneを使っている方は、ZenUI タッチジェスチャーと同じような機能で、指関節で画面をタップしたり字を書く動きで、機能を呼び出すショートカット機能です。

画面のスクリーンショットを撮る

画面のスクリーンショットを撮るには、ボリュームボタン(-)電源ボタンを1秒ほど同時押しすればできますが、スマートスクリーンショットをオンにすれば、指関節で画面を2回たたくとスクリーンショットを撮れるようにできます。

ナックルセンステクノロジーの描画

ナックルセンステクノロジーの描画をオンにすれば、液晶画面に指定された文字を指関節で書くと設定された機能(アプリ)が起動します。

  • 文字”c”でカメラ
  • 文字”e”でCrome
  • 文字”m”で音楽
  • 文字”w”で天気

それぞれ起動する機能(アプリ)は変更できます。

P10 liteを買ったら是非指関節で画面に字を書いてみて下さい。

P10 lite フローティングボタン

P10 liteでは、フローティングボタンも使えます。
どの画面からでも戻るホーム画面最近のタスク画面ロックワンタップ最適化を実行できます。

フローティングボタン

フローティングボタンを他の端末でよく使っていた方も安心です♪

HUAWEI P10 liteはUQモバイルで安く買えるよ

最後に、HUAWEI P10 liteはどこで買えばお得か?を紹介。

UQmobile(UQモバイル)
UQmobile(UQモバイル) HUAWEI P10 lite

UQモバイルはau回線のMVNOで、高速通信に定評があります。2017年6月16日からHUAWEI P10 liteの販売を開始しました。

5分かけ放題付の「おしゃべりプラン S/M/L」、通話定額付きの「ぴったりプラン S/M/L」のスマホセットで安く買う事ができます。

UQモバイルは通信速度に定評がありますが、”おしゃべりプラン・ぴったりプラン”では、低速モードでは通信し放題で通信ができるし、10個の人気アプリも使い放題です。通話もデータ通信も安心して使っていけます。

UQモバイルではUQ家族割があって、2回線目から月額料金が500円引きとなるので家族でお得にP10 liteを使っていけます♪

UQモバイルでP10 liteを一括購入すれば、月額料金が1,404円となりランニングコストが安くなります。2年間の支払総額はほぼ同じなので分割支払い・一括購入、予算に合わせて申し込まれてください。

東京湾の海ほたるで通信速度

東京へ車で行った際、東京湾の海ほたるで通信速度をしてみました。
iPhone 7で本家au:下り28メガ
iPhone 7 Plusでマイネオ(au):下り5メガ
P10 liteでUQモバイル:下り57メガ
nova liteでIIJmio(au):下り9メガ

この時は、本家auよりも通信速度がでていたUQモバイルでした♪

「商品券最大13,000円分」スマホセット申し込みでプレゼント中♪

通話もデータ通信もスマホもコミコミで月額料金を1,980円~にできるUQモバイルは、au・ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えにほんとおすすめです♪
auからUQ mobileに乗り換えてスマホ代を節約したよ

P9 liteのレビュー記事はこちら♪
HUAWEI P9 lite/P9 lite PREMIUMのスペック・価格比較!

nova liteのレビュー記事はこちら♪
HUAWEI nova lite レビュー!novaより安くておすすめ

以上、HUAWEI P10 liteのレビューでした♪

こちらの記事も読まれてます。

webmobile 著者紹介

著者はフリーランスwebデザイナーとして活動をはじめて13年。
webをはじめスマホやガジェットが大好き♪
妻、子、プードル2匹と暮らしてます。
運営者情報

気になる記事を検索

webmobile TOP