iPhone8のスペックや特徴レビュー!格安SIMで安く使おう!

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 4
  • twitter

iPhone8に機種変更したので特徴やスペックの実機レビューをします!

hika

iPhone8とiPhone7って凄く似てるね?どこがかわったのかな?

kazuki

確かに似てるね。でも、iPhone7ではできないことが幾つか増えて、便利にパワーアップしてるよ。

hika

興味深いなぁ。

kazuki

実際、iPhone7からiPhone8へ機種変更する方は少ないかもだけど、iPhone 6s以前のiPhoneを使ってる方で機種変更を検討している方はiPhone8だよ。

hika

今、iPhone7に機種変更するならiPhone8って訳だね♪

iPhone8は、ホームボタン未搭載で全面ディスプレイのiPhoneXの話題の陰に隠れ、iPhoneXが発売されるまであまり売れなかったのですが、これまでのiPhoneになれているせいか、使ってみるとiPhoneXより使いやすく、破損リスクの不安も少なく、写真撮影・動画撮影・おサイフケータイに便利に使えています。

当記事では「iPhone8」について、実際に使っているのでスペックや主な特徴、実機レビューをします。合わせてiPhone8を安く使う為のおすすめ格安SIMもご紹介♪

スポンサーリンク

iPhone8・iPhone7・iPhoneXのスペック比較

まずはiPhone8のスペックから。

iPhone8iPhone7は、パッと見どこが違うの?と思う程似ています。

外観の素材がさりげなく変更され、中身もばっちりパワーアップしています。iPhoneXのスペックも合わせて表をご覧ください。

iPhone iPhone8 iPhone7 iPhoneX
カラー スペースグレイ
シルバー
ゴールド
(PRODUCT)RED
ローズゴールド
ゴールド
シルバー
ブラック
ジェットブラック
ローズゴールド
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
容量&価格 64GB(78,800円
256GB(95,800円
32GB(61,800円)
128GB(74,800円)
64GB(112,800円)
256GB(129,800円)
CPU A11 Bionicチップ A10 Fusion A11 Bionicチップ
ディスプレイ 4.7インチ
Retina HDディスプレイ
5.8インチ
Super Retina HDディスプレイ
サイズ 高さ138.4 mm
幅67.3 mm
厚さ7.3 mm
高さ138.3 mm
幅67.1 mm
厚さ7.1mm
高さ143.6 mm
幅70.9 mm
厚さ7.7 mm
重量 148g 138g 174g
防水防塵 ○(IP67等級) ×
背面カメラ 1,200万画素
f1.8
5倍デジタルズーム
光学手ぶれ補正
1,200万画素広角(ƒ/1.8)
1,200万画素望遠(ƒ/2.4)
光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
前面カメラ 700万画素
F2.2
Retinaフラッシュ
700万画素
ƒ/2.2の開口部
アニ文字
ビデオ撮影 4K撮影(24fps/30fps/60fps)
1080p HD撮影(30fps/60fps)
720p HD撮影(30fps)
3倍デジタルズーム
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
光学ズーム、6倍デジタルズーム
NFC ○(FeliCa対応)
充電方式 Qi規格のワイヤレス充電
Lightningコネクタで有線接続
Lightningコネクタで有線接続 Qi規格のワイヤレス充電
Lightningコネクタで有線接続
高速充電 ○(30分で最大50%充電) ○(30分で最大50%充電)
WiFi MIMO対応802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 5.0 4.2 5.0
AppleCare+ 14,800円 22,800円

スペック表、いかがでしょうか?

iPhone8はiPhone7と比べ、CPUも容量も倍増!バッテリー消費時間も減って、省エネとなってます。ワイヤレス充電に対応してるのも魅力です。

iPhone8の主な特徴

iPhone8は2017年9月22日に発売されました。

appleストアではSIMフリー版が買えて、キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)ではSIMロック版が買えます。
キャリアでiPhone8を買うと長期利用割引やキャッシュバックで安く買うことができます。

キャリアで買ったiPhone8はSIMロック解除手続をすれば格安SIMで使う事ができます。

主な特徴をあげていきます。

操作しやすい大きさ!
iPhone8 軽くて持ちやすい大きさ!

iPhone8は4.7インチと小さすぎず大きすぎず、iPhone7とほぼ同じ大きさで、丸っこい外観で軽くて持ちやすいです。
程よい大きさ、文字の入力がしずらいってこともありません。

落としても濡らしても壊れない!

ってのは大げさですが、防水・防塵対応!好評だったiPhone 4s以来のガラスパネル採用!
外観の装甲も丈夫に作られています。
ガラスになっているので平らでスベスベのところに置くとスルスルと滑り落ちてしまうことも(汗)

おサイフケータイが便利!
おサイフケータイが便利!

おサイフケータイ(Felica対応)に対応しました。
私は重宝しています!

コンビニでの買い物や電車・バスの支払いではiPhone8で料金を支払ってます♪
色々と決済カードを持たずに済むので便利です。カードは無くしてしまうけど、iPhone8は無くせられませんw

ディスプレイが綺麗!
ディスプレイが綺麗!

iPhone8のディスプレイは、TrueToneディスプレイが備わっています。

TrueToneディスプレイは、環境が変わってもセンサーにより正確な色を表示してくれる技術が搭載されたディスプレイです。太陽の下でも蛍光灯の下でも程よく同じ色を表示します。

指紋登録(Touch ID)が便利!
指紋登録(Touch ID)が便利!

iPhone7同様、ホームボタンにはTouch IDセンサーが備わっていて、指紋認証ができます。

指紋を登録する事で、iPhoneの画面ロック解除やアップルストアでの決済認証をスムーズにできます。指5本まで登録できます。できるだけ登録しておくのがおすすめです!

高速化!省エネ!

iPhone7よりCPUもGPUも高速になっていて、消費電力も50%減になってます。

容量倍増!

iPhone8は、64GBと256GBの容量があります。
iPhone7では、32GBと128GBでしたが倍増しています。

AR(拡張現実)
AR(拡張現実)

AR(拡張現実)アプリに対応しています。
ポケモンGOのAR+モードを楽しめます。

高速充電対応!

30分で最大50%充電ができます。

ワイヤレス充電対応!
ワイヤレス充電パット

ワイヤレス充電パットに置くだけで充電ができます。
有線よりは充電速度は落ちますが、充電がラクになります。

iPhoneXより安い!
iPhoneXより安い!

iPhoneXは全面ディスプレイでホームボタンが無いのが大きな特徴。画面ロック解除など顔認証(face ID)ができます。
iPhone8はこれまでのiPhone同様ホームボタンがあります。

iPhoneXとiPhone8の64GBの料金の差は34,000円

新しいもの・これからを見据えたもの・新しいiPhoneを持ちたい方はiPhoneXを選ぶのが良いですが、これまで慣れ親しんだホームボタンがあるiPhoneを使いたい方はiPhone8を選ぶのが安いし良いです。

私が思うiPhone8の主な特徴は上記になります。

iPhone8 実機レビュー!

iPhone8のスペックと主な特徴を確認したところで、外観をレビューします。

hika

iPhone8か~。一見iPhone7と同じに見える…

kazuki

確かにそう見えるけど、大きなところも小さなところも性能アップしてるからレビューしていくよ!

iPhone8の化粧箱

iPhone8の化粧箱。ホワイトやシルバーが好きなので、カラーバリエーションリストにあるシルバーを購入!
化粧箱のデザインは、iPhone7以前からの流れで同じ。

化粧箱のデザイン

化粧箱から同梱品出すと以下が入ってます。

  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning – 3.5 mm ヘッドホンジャックアダプタ
  • Lightning – USBケーブル
  • USB電源アダプタ
  • マニュアル&ステッカー
iPhone8にはヘッドホンジャックはありません

iPhone8にはヘッドホンジャックはありません。ヘッドホンジャックアダプタが同梱されてます。
最近のヘッドホンはBluetoothで接続できるのが多いので、使う人は減っているのでは無いでしょうか。

ガラス仕様となりツルツルピカピカ

iPhone8の裏面。ガラス仕様となりツルツルピカピカしてます♪
iPhone7の裏面には”総務省指定”など小さな文字でごちゃごちゃ色々と文字が入ってましたが、iPhone8はアップルのロゴとiPhoneの文字だけの表示となっています。

ワイヤレス充電やおサイフケータイ対応のセンサーも内蔵されています。

iPhone8の表面

iPhone8の表面。こちらもガラス仕様になってます。ディスプレイをタッチする際の感触は優しくタッチしてもスムーズにアクションに応えてくれます。

側面は丸っこくなっていて、持ってて指の接触部に優しくなってます。

サイレントスイッチ

左側面には、サイレントスイッチ音量(+)(-)が配置。

右側面

右側面には、電源と”SIMカード挿入口”が配置。

ステレオスピーカー、マイク

下部には、ステレオスピーカー、マイク、Lightningコネクタが配置。

上部には何もありません

上部には何もありません。

iPhone7と同じく1,200万画素のカメラが1基

背面上部には、iPhone7と同じく1,200万画素のカメラが1基。

数ミリ出っ張っています

背面カメラは数ミリ出っ張っています。

FaceTimeカメラ、レシーバー

前面上部には、FaceTimeカメラ、レシーバー、マイク、スピーカーが配置。

疑似物理ボタン

ホームボタンは疑似物理ボタンで深く押すとアクションがかかり、指を乗せると指紋認証センサー(Touch ID)が働き、画面ロック解除や決済認証などに対応します。

iPhoneの大きさ比較

iPhone8と手持ちのiPhoneX、iPhone7 Plusを並べてみました。

iPhoneの大きさ比較

左:4.7インチのiPhone8。
中:5.8インチのiPhoneX。
右:5.5インチのiPhone7 Plus。

iPhone8とiPhoneXの本体の大きさはあまり変わらないけど、ディスプレイの大きさは断然iPhoneXの方が大きく広いです。iPhone7Plusよりもディスプレイは大きいです♪

iPhone8とiPhoneXの購入判断

iPhone8とiPhoneXの購入判断としては、やはりホームボタンの有り無し、ディスプレイの大きさ、料金です。

iPhone8はホームボタンの左右に余白があり、指で掴める(持てる)のが地味に便利です♪

外観の紹介は以上。

コントロールセンターのカスタマイズ

コントロールセンターのカスタマイズ

iOS11から大きく変わったコントロールセンターの画面。

WiFi・Bluetooth接続画面録画、計算機、音量いつでも調整ができるようにしておきたいところ。

iPhone8でカメラ試し撮り♪

iPhone8のカメラスペックは、実のところiPhone7とあまり変化はありません。

iPhone8の背面カメラの主な特徴

  • 1,200万画素
  • 光学式手ブレ補正
  • F値1.8レンズ
  • 最大5倍デジタルズーム
  • 4つのLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
  • 6枚構成のレンズ
  • 写真の自動HDR

などなど。
静止画のみならず4K動画も撮影できます。

iPhone8の前面カメラの主な特徴

  • 700万画素
  • Retina Flash
  • F値2.2レンズ

などなど。自撮り写真も明るく撮れます。

被写体の背景をぼかした写真を撮りたい方は、デュアルカメラ搭載のiPhone 8 Plusを購入するのが良いです。

iPhone8で写真撮影をしてきたので、いくつかアップします。サイトにアップする事で解像度は落ちちゃいますけどこんな感じという事で…。

神戸市の山側

2018年2月某日。神戸市の山側、六甲山のとある展望台から神戸の市街地、ポートアイランド方面を1倍で撮影。
黄砂で空が霞んでiPhone8のホワイトバランスを手こずらせているかな…。

2.5倍ズーム!

2.5倍ズーム!空が霞んでいてiPhone8のカメラの性能を引き出せれてないかも!?(汗)

iPhone8はズーム撮影には弱い感じ

5倍ズーム!おっと、これはアップしたら不味そうな画質に(汗)
ズーム撮影をよくされる方は、望遠カメラが付いてるiPhone 8 Plusを買うのが良いです!

iPhone8はズーム撮影には弱い感じです。ズーム撮影しない方は問題なし♪

山の上からの写真の次は空から

山の上からの写真の次は空から♪
東京出張の際、飛行機から富士山を撮影。飛行機の窓、黄砂の影響もあってか白く霞んでいます(汗)

富士山を光学5倍ズーム!!!

富士山を光学5倍ズーム!!!
手振れ補正がかかってますが、高画質とは言えない感じ。ギリギリOK?!

美人妻とランチ。

次は食べ物を撮影。美人妻とランチ。その後のスイーツを撮影。裸眼と同じ色彩で撮れてると思います。

ロールケーキ

スイーツをズーム!ロールケーキ、ふわっふわで美味しかった♪
ズームしても綺麗に撮れてます。
すかさずインスタにアップしたのでした。

iPhone8で夜景の撮影

最後にiPhone8で夜景の撮影。特に夜景モードなどはありませんが、明るく撮れています。三脚があったらもっと綺麗に撮れるはずです。

Lightroom mobile

iPhoneの標準カメラはandroidと併用している私からすると撮影機能や撮影モードは物足りなさを感じます。
しかし、「Lightroom mobile」というカメラアプリ(無料)を使えば、マニュアル撮影や縦横比率違いの写真を撮れるので便利です!少しでも良い写真を撮りたい方はアプリを使うのがおすすめです!

インスタグラムのカメラで撮影するのも良いです!フィルター機能が優れているのでiPhone8のカメラ性能をひきだしてくれるはずです。

アプリと合わせてiPhone8のカメラを使っていくのがベスト!使いこなしていきましょう!

iPhone8は格安SIMで安く使おう!

iPhone8は格安SIMで安く使おう!

iPhone8のスペックや主な特徴をレビューしてきましたが、最後に、キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)やアップルストアで買ったiPhone8を安く使っていく為のおすすめ格安SIMを紹介します。

SIMロック解除したiPhone8、SIMフリーのiPhone8だと色んな格安SIMを使え、格安SIMを使う事で、iPhone8のランニングコストを月額1,000~3,000円くらいに節約する事ができます。

私が実際に使っているおすすめの格安SIMは下記の4つ!どの格安SIMもiPhone8が使えるので、生活に合った格安SIMを選んで下さい。

下記表は、iPhone8を格安SIMを2年間使う際のランニングコストです。

格安SIM 音声通話SIM 2年合計(およそ) 別途iPhone8本体代
マイネオ(mineo D) 月額1,510円(3GB) 36,240円(1,510 × 24) 64ギガ:78,800円(税別)
256ギガ:95,800円(税別)
ラインモバイル 月額1,690円(3GB) 40,560円(1,690 × 24)
ビッグローブモバイル 月額1,600円(3GB) 38,400円(1,600 × 24)
UQmobile 月額1,680円(3GB) 40,320円(1,680 × 24)

※ 金額は大よそ。
※ オプションの追加で金額が更に増えます。

キャリアの月額料金は一般的にiPhone本体代別で月額6,500円と言われていて、2年間総額だと156,000円になります。しかし、格安SIMだと10万円以上安く節約できます!

この差、大きいと思いませんか?

格安SIMにも10分かけ放題オプションが月額800円からあるので、通話をよくされる方は追加で申し込むと通話料金を節約できます。

ドコモ・ソフトバンク・アップルで買ったiPhone8は「ラインモバイル・「BIGLOBEモバイル」の格安SIMを。

auで買ったiPhone8は「UQモバイル」「マイネオ」の格安SIMを使うのがおすすめです。
各格安SIMの詳細はテキストリンク先の記事をご覧ください。

hika

格安SIMには、メール・端末保証・かけ放題があるからキャリアから乗り換えても安心だよね♪

kazuki

ほんとそう!思い切って格安SIMを使ってみると案外ラクになるの、みんなびっくりされてるよ♪

おサイフケータイ対応、ワイヤレス充電対応、持ちやすく使いやすいiPhone8。

これからiPhoneを買われる方でホームボタンのあるiPhoneが欲しい方はiPhone8がとってもおすすめです。格安SIMでばっちり使えます。

もう1記事、読んでみませんか?

 

運営者(登場人物)は、スマホ・ガジェットが大好きな実在する親子です♪

使い方・レビュー記事のアイテムは実際に買って長く使ってます♪

運営者情報

気になる記事を検索