webmobile 編集部

LINE 検索!過去のトーク履歴(メッセージ)を検索できるよ

  • はてなブックマーク 1
  • facebook 3
  • twitter

LINEに、過去のトーク履歴(メッセージ)を検索できる機能が追加されました。

今まで無かったのが不思議って感じの検索機能です。

LINEのバージョン4.9.0から利用可能で、メッセージ(トーク履歴)とトーク相手を探せる検索機能はiPhene版LINEで先行公開されていましたが、ようやくアンドロイドスマートフォンアプリにも実装されました。

過去のトーク履歴から気になるメッセージを探す時に、この検索を使えばすぐお目当てのメッセージを探し当てる事ができます。

また、友達をたくさん登録している人、グループをたくさん作成している人は、メッセージを送りたい友達やグループを検索する事ですぐ探し出せます。

検索はトーク画面の検索フォームにキーワードを入れるだけで、リアルタイムに検索結果を表示してくれます。

とっても便利なので、使いこなしていきましょう。

当記事では、LINEで過去のトーク履歴(メッセージ)を検索する方法をandroid版LINEアプリを使って紹介致します。

スポンサーリンク

LINEメッセージの検索!

LINEのメッセージの検索は、トーク画面を開きます。
これまでは無かった検索フォームがメニューボタンの右上に追加されています。
虫眼鏡のアイコンボタンです。

2015-02-17-04.09

虫眼鏡ボタンをクリックし、検索フォームにキーワードを入力すると、リアルタイムで検索結果が表示されます。

例えば、「ありがとう」と検索フォームに入力すると、トーク履歴の中から「ありがとう」が使われたトーク相手が表示されます。

2015-02-17-04.0s9

同じトーク相手とのメッセージ(トーク履歴)に複数キーワードがある場合は、キーワードが含まれたメッセージがリストで表示されます。

2015-01-06-11.43

検索結果またはリストをタップすると、トーク履歴の中から検索キーワードとマッチしたメッセージに移動します。
検索キーワードにはハイライトが付くので、画面内で検索キーワードにすぐ目が付きます。

LINE トーク相手・グループの検索!

2015-02-17-04.s10

LINEの検索機能は、トーク相手やグループも探せます。

「名前」を検索フォームに入力すれば、入力した人が表示されます。
勿論、登録されていない人は表示されません。

例えば、「大原」さんを探そうと「大原」と入力すれば、ずらずらと「大原さん」が表示されます(笑)
「大原」が使われたメッセージ(トーク履歴)も検索結果に表示されます。

※ひらがなや漢字は別扱いになります。

以上、LINEのメッセージ検索機能の紹介でした。

「LINEトーク履歴のバックアップ方法と機種変後の復元方法」はこちら。

android版LINEトークのバックアップと復元方法(手動)

iPhone版LINEのトーク履歴のバックアップと復元方法

LINEの検索機能を使って、大事なメッセージ、トーク相手・グループをすぐ見つけて、迅速な対応・コミュニケーションをしていきましょう♪

もう1記事読みませんか?

関連タグ:

気になる記事を検索

webmobile TOP