2017-07-19

LINEトークの予測変換(サジェスト表示)の非表示!デコ文字も使えるよ

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 11
  • twitter
hika

2017年7月19日から「デコ文字」機能がはじまりました。予測変換(サジェスト)で入力できます。

LINEトークで友だちにメッセージを入力する際、入力する文字に関連する絵文字やLINEスタンプ、デコ文字が表示されますよね?

このような機能を”予測変換(サジェスト)”といい、パソコンの文字入力やgoogle検索にも使われています。

文字入力を速くする機能で、慣れると凄く文字入力が楽になります。

この予測変換(サジェスト)ですが、人によっては不要な方もいるかも知れません。

予測変換(サジェスト)表示はLINEの設定からオンオフができるので、不要な方はオフにしましょう。

当記事では、簡単ではありますが、「予測変換(サジェスト)でスタンプや絵文字、デコ文字の選び方」、「サジェスト表示のオンオフ方法」について紹介します。

スポンサーリンク

予測変換(サジェスト)でスタンプや絵文字を選ぶ方法

予測変換(サジェスト)でスタンプや絵文字を選ぶ方法

LINEトークの文字入力覧に何かしら2文字以上の文字を入力したら、入力覧の上にダウンロード購入したスタンプ絵文字が表示されます。

「ありがとう」と入力したら「ありがとう」に関連するスタンプ絵文字が表示されます。

文字列によってどんなスタンプや絵文字が表示されるか全てを把握するには途方に暮れてしまうかもですが、自分が良く使う言葉、文字列でどんなスタンプや絵文字が出てくるかを覚えておいたら、以降の文字入力が速くなる事間違いなしでしょうw

ハイリスク

私の場合、「ハイリスク」と入力したらエガちゃんのスタンプが独占的に表示されました。江頭2:50、凄まじい存在力です。

スタンプの絵柄に書かれている文字を入力すれば、それに関連するスタンプが表示されるので、スタンプに描かれている文字さえ覚えておけば、スタンプを探す時間もかからず入力が楽です。

スタンプ表示のショートカット機能と言ってもいいでしょうね…「LINE サジェスト表示」。

自分でもおかしな予測変換が出てくるかも?探してみましょう。

予測変換(サジェスト)でデコ文字を選ぶ方法

予測変換(サジェスト)でデコ文字を選ぶ方法

2017年7月19日にLINEトークに追加された「デコ文字」機能ですが、入力方法としては、「あ」「い」「う」「え」「お」など、文字を一文字入力するだけで、入力欄の上にデコ文字が表示されます。

デコ文字だけで1,236個あるそうです♪

  • ひらがなかたかな4種類
  • 英数字記号4種類

文字の入力が、言葉の伝え方が一層楽しくなるデコ文字機能です。

LINEのサジェスト表示がうざかったら非表示にできる

LINEのサジェスト表示

LINEのサジェスト(予測変換)について調べてみると、LINEのサジェスト表示が「うざい」「要らん」と言う人もいますね(笑)

そんな時は、設定からLINEのサジェスト(予測変換)の非表示ができます!

サジェスト表示

LINEのサジェスト(予測変換)の非表示の設定の流れは2つあって、

設定スタンプサジェスト表示チェックを外す

または、

LINEスタンプ選択画面でスタンプリストを一番右までスライドさせるとネジボタン(設定)があるので、タップすればサジェスト表示画面に移動するので、サジェスト表示をタップしてチェックを外してください。

手間ですが不要な方は設定をしましょう。

LINEトークでのコミュニケーションの取り方、気持ちの伝え方は人それぞれ。

LINEスタンプや絵文字、デコ文字を駆使して、LINE友だちと楽しくコミュニケーションを図っていきましょう。

こちらの記事も読まれてます。

webmobile 著者紹介

著者はフリーランスwebデザイナーとして活動をはじめて13年。
webをはじめスマホやガジェットが大好き♪
妻、子、プードル2匹と暮らしてます。
運営者情報

気になる記事を検索

webmobile TOP