2017-02-22

LINEトークの既読スルーと未読スルーを使いこなす方法?

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 0
  • twitter
既読スルーしたい時、未読スルーしたい時、あるよねぇ♪

既読スルー(KS)・未読スルーって言葉、ご存じでしょうか?

既読スルー ・・・ LINEトークを読んだにもかかわらず返信しないこと
未読スルー ・・・ さらに既読にもせずスルーすること

LINEにもfacebookメッセンジャーの”◯◯時に開封”と同じように、メッセージを見てくれたらメッセージの横に”既読”と表示される既読機能があります。

LINEはチャットのようにリアルタイムで連絡を取り合えて凄く便利なのですが、送信者側は迅速な返答を強制してはいけない…。相手がどのような状況にいるか思いやりの心を持たないといけません。

受信者側としては返信を催促されているようだったらとても煩わしいし、今はそんな時じゃない…。

色んな状況なLINE友だちがいます。

LINEトーク受信者側からしたら、用件の度合いは別に置いといて、時に、LINEトークのメッセージを「見てないふり」をする事で、周りに振り回されず今を大切に過ごす事ができますw

送信者側も受信者側も相手の状況をおもいやった上でLINEトークでやりとりをする必要がありますが、当記事では「LINEトークの既読スルーと未読スルーを使いこなす方法?」を綴りたいと思います。

送信者に受信者が何故「既読スルー・未読スルー」という状況になるのかを教えても、あまり効果は無いかもですが、まずは状況をリストアップ。

スポンサーリンク

既読スルー・未読スルー時の状況

既読スルーは、LINEトークで受信したメッセージを見たまま返信しないこと。
未読スルーは、相手にしたくない状況だから、LINEを開かないでおくこと。既読にしないこと。

どうして返信を強制させられるの?と思いますが、返信できない状況もある訳で。
・スマホから離れている(受信を知らない)
・運転中(操作ができない)
・返信に対する用意ができていない(精神面)
・面倒くさい、どうでもいい(精神面)
・今無理(物理面・精神面)
等など。

日本人は真面目なので「返信しないといけない」という衝動にかられる方が多いようですが、私はそういう事はないので大変だなぁって思います(笑)忘れがちだ(汗)

LINEトークの既読スルーの方法

でわ、現状2つの方法がある「LINEトークの既読スルーの方法」ですが、androidスマートフォンを使って紹介します。

android端末の場合

1つ目は、通知ポップアップだけで閲覧する方法

linetalk

LINEトークを受信したのに通知ポップアップが表示されない場合は、”設定” ⇒ ”通知設定”と画面遷移をし、通知ポップアップの「画面ON時、画面OFF時」を「シンプルかフル」に設定します。初期値でシンプルかフルになっていると思います。

linetalk02

LINEトークを受信すると、android端末では、画面中央に通知ポップアップが表示されます。

この通知ポップアップ上で、受信したメッセージや画像を閲覧でき、左右のボタンによりスワイプすることで、受信したメッセージの過去メッセージや複数送られてきたメッセージを読むことができます。

注意したいのは、間違っても表示をタップしない事です!タップしたらLINEトーク画面が開いて、”既読”が付いてしまうので要注意です!

2つ目は、機内モードを利用します

端末の機内モードをONにすると、通信が遮断される状態になるので、LINEを開いても相手の端末には”既読”が表示されません。受信した全てのメッセージを見ることができますが、写真は通信によるダウンロードが必要な為、見ることはできません。

iPhoneの場合

iPhoneの通知センター画面でメッセージ通知を上下にスワイプすることで、受信したメッセージの冒頭部分を読むことができます。

スワイプ時に、間違ってメッセージ部分をクリックしたら”既読”が付いちゃうので慎重にスワイプしましょう!iPhoneでも機内モードでの閲覧が有効です。

以上。

後処理として、メッセージを既読にしないままだったら心配をかける事もあるし、返信を長い事待たすのも問題が起こるかも知れないので、返事が遅れた時、遅らせた時は、できるだけフォローのメッセージは送っておきましょう。

既読機能は続くのだろうか?

mixiは足跡機能が好評でしたが、私は足跡機能や日記によるmixi疲れでmixiを辞めてしまった1人(笑)

LINE運営会社が利用者に対して「気楽に楽しみましょう」、「返信を押し付けてはいけません」などと利用規約を設定して、どんどん表に出してくれればいいのになと思います!(笑)

LINEに比べtwitterは何も強制がなく、ゆるーく利用していくものとしてルールが表に出て広がっているので、利用しててストレスが溜まらないし飽きもしません。フォローリフォロー自由です!

LINEトークにはLINEの醍醐味であるスタンプがあるので、LINEスタンプの種類で、”ちょっと待って”、”追って連絡”、”明日以降”、”今無理”とかスタンプがあって、10分くらい応答が無ければ、予め設定していたスタンプが自動で返信される機能があればいいですね。

送信者側からなんやかんや言われてLINEを楽しめなくなったら、相手をブロックするのも良いし、アカウント変えるのも良し、LIENを辞めるのも良いと思います!(笑)

LINE友だちはできるだけ厳選したいところ

私も勿論LINEをしているのでですが、LINEは心を許す家族や親友たち専用のコミュニケーションツールに利用していて、リアルで会った事のある人達とはfacebookで制限なしで繋がって利用しております。facebookではクライアントなど仕事関係の方々とも連絡を取り合っておりますが、LINEに関しては、クライアントは一切お断りにしております(笑)

”友だち自動追加”を誰でもOKにしていたら利害関係のある人達、出会い系業者の人達にマークされ、大変な事になってしまう可能性もあるでしょう。

LINEで繋がる友だちはしっかりと厳選して楽しむのがポイントです♪

”友だち自動追加”、”友だちへの追加を許可”、”IDの検索を許可”はできるだけチェックを外しておきましょう!

お互いの状況を尊重し合い、ゆるーくのんびりLINEを楽しみましょう!?

しかし、まじで急ぎの連絡をくれてる人には早く返信してあげましょうw

LINEトークの既読スルーと未読スルーを使いこなす方法?」でした♪

こちらの記事もおすすめです!

webmobile 著者紹介

著者はフリーランスwebデザイナーとして活動をはじめて13年。
webをはじめスマホやガジェットが大好き♪
妻、子、プードル2匹と暮らしてます。
運営者情報

気になる記事を検索

トップページへ戻る