LINE Payに銀行口座を登録する手順・チャージ方法・使える銀行一覧

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 0
  • twitter

LINE Payに銀行口座の登録はしてますか?

銀行口座を登録すると、LINE Payの使えるサービスが増えるなどメリットがあります。

  • いつでも簡単にすぐチャージできるようになる!(手数料無料)
  • チャージ上限額を上げられる!
  • オートチャージができるようになる!
  • LINE友達へ送金ができるようになる!
  • LINE Pay残高から出金できるようになる!
  • 外貨両替ができるようになる!

LINE Payに銀行口座を登録する事で、LINE Payカード(バーチャル)発行だけではできない便利な使い方ができるので、銀行口座を持ってる方は登録しておきたいところ!

当記事では、LINE Payに銀行口座を登録する手順・チャージ方法・使える銀行一覧を紹介します。

スポンサーリンク

LINE Payに銀行口座を登録する必要性

LINE Payに銀行口座を登録する必要性

LINE Payを使い始めるには、LINE Payカード(バーチャル)発行をまずしますが、カード発行だけではLINE Payを使いこなすには至りません!

LINE Payを使いこなしていくには、銀行口座の登録をしましょう!

銀行口座を登録する事で、本人確認も同時に行われるので、使えるサービスが増えます。

銀行口座を登録する必要性としては下記の事があります。

  • 本人確認がとれます。
  • チャージ上限額を10万円から100万円に拡大できます。
  • LINE友達に手数料無料で送金ができるようになります。
  • LINE Pay残高から出金できます。手数料216円

最初は手間ではありますが、銀行口座をお持ちの方は、LINE Payに登録した方が便利に使っていけます。

最初登録すれば、銀行口座を追加する以外で触る事はありません。

LINE Payに登録できる銀行一覧

LINE Payに登録できる銀行一覧

「私が利用している銀行はLINE Payに登録できるかな?」

LINE Payで使える銀行を一覧にしえみたのでご覧ください。

メガバンク

  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行

ネット銀行

  • イオン銀行
  • じぶん銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
あ行
  • 愛知銀行
  • 青森銀行
  • 秋田銀行
  • 足利銀行
  • 阿波銀行
  • 伊予銀行
  • 岩手銀行
  • SBJ銀行
  • 愛媛銀行
  • 大垣共立銀行
か行
  • 香川銀行
  • 北日本銀行
  • 京都銀行
  • きらやか銀行
  • 熊本銀行
  • 群馬銀行
  • 京橋銀行
  • 京葉銀行
  • 高知銀行
さ行
  • 埼玉りそな銀行
  • 山陰合同銀行
  • 滋賀銀行
  • 四国銀行
  • 静岡銀行
  • 七十七銀行
  • 荘内銀行
  • 親和銀行
  • 十六銀行
  • 常陽銀行
  • 仙台銀行
た行
  • 大光銀行
  • 第三銀行
  • 第四銀行
  • 大東銀行
  • 千葉銀行
  • 千葉興業銀行
  • 中京銀行
  • 筑波銀行
  • 東邦銀行
  • 東北銀行
  • 東和銀行
  • 徳島銀行
  • 栃木銀行
  • 鳥取銀行
  • トマト銀行
な行
  • 西日本シティ銀行
は行
  • 八十二銀行
  • 百五銀行
  • 百十四銀行
  • 肥後銀行
  • 福井銀行
  • 福岡銀行
  • 福島銀行
  • 北都銀行
  • 北陸銀行
  • 北海道銀行
  • 北洋銀行
ま行
  • 三重銀行
  • みちのく銀行
  • 武蔵野銀行
や行
  • 山形銀行
  • 山梨中央銀行
  • 横浜銀行
ら行
  • りそな銀行

ざっと見ると、私のゆかりのある鹿児島の”鹿児島銀行”、神戸の”みなと銀行”がありません(汗)

使える銀行一覧になり銀行の口座をお持ちの方は、メガバンクやゆうちょ銀行、楽天銀行じぶん銀行などのネット銀行の口座を開設してみてはいかがでしょうか?

また、メガバンク・ネット銀行以外の銀行では、即日チャージができない場合があります。念頭にいれておいてください。

LINE Payに銀行口座を登録する手順

それでは、LINE Payに銀行口座を登録する手順を紹介します。

登録には、各銀行のオンラインバンクに接続する必要があるので、ログイン情報・パスワードを用意してください。

登録の手順

まず、LINEアプリを起動しLINEウォレット画面からLINE Pay画面を開きます。

メニューに銀行口座とあるのでタップ。

銀行の選択

”銀行の選択”画面に遷移するので、ご自身が使っていてLINE Payに登録する銀行を選んでください。メガバンク・ネット銀行の他、五十音順で地方銀行を選べます。

ユーザーの年齢によっては

銀行を選択したら”ユーザーの年齢によっては本人確認が必要になります”と表示されるので、確認したらOKをタップ。

LINE Pay利用規約

”LINE Pay利用規約”画面に遷移します。確認したら同意しますをタップ。

銀行口座の登録

”銀行口座の登録”画面に遷移するので銀行に登録している情報、銀行情報を入力していきます。

入力を終えるとLINEアプリ

入力を終えるとLINEアプリから離れ、ご自身が使っている銀行サイトへ遷移します。銀行によって手続き(口座振替受付サービス)の手順が違うので、案内に従って進めてください。

LINE Payとの連動の為、銀行(ネットバンキング)のログイン情報(ID・パスワード)が必要です。

うまく銀行口座の登録ができれば

銀行口座の登録完了!

LINE Payへ銀行口座からお金のチャージができるようになります。

LINE Payに銀行口座からチャージ(入金)する方法

LINE Payに銀行口座を登録したと言う事で、お金のチャージ(入金)をしてみましょう!

お金をチャージしないと使えない!

銀行口座からお金のチャージ(入金)は手数料無料です。

LINE Pay画面を開くとメニューにチャージとあるのでタップ。

銀行口座

ポップアップメニューに銀行口座とあるのでタップ。

登録した銀行が表示

登録した銀行が表示されているのでタップして選択。

”チャージ(入金)”画面で、100円・1,000円・10,000円単位でチャージ金額を入力します。

チャージ金額を入力

チャージ金額を入力したら下部のチャージをタップ。

チャージ上限は入金済のお金含め

なお、チャージ上限は入金済のお金含め1,000,000円までです!

3,000円チャージ!

LINEウォレットアカウントにチャージ

LINEウォレットアカウントにチャージした旨の通知が届きます。

私の銀行からのチャージ(入金)では、すぐチャージが完了しました。銀行によっては、1・2営業日かかる銀行があるようで気をつけてください。

LINEウォレットアカウント

利用履歴・残高履歴をLINEウォレットアカウントから確認できます。

事前チャージ式

LINE Payは事前チャージ式なので、使いすぎを防げます。しかし、銀行口座にいくらお金が入っているかは逐次頭に入れておいた方が良いです。

LINE Pay 銀行口座を登録すればオートチャージができる!

LINE Payと銀行まとめ

LINE Payへお金をチャージするには銀行口座からのチャージ以外に以下の方法があります。

  • セブン銀行ATM
  • QRコード/バーコードチャージ
  • LINE Payカード レジチャージ
  • Famiポート

しかし、いずれも手間がかかり面倒です(汗)
LINE Payのチャージ方法(セブン銀行ATM・ファミリーマート)と支払い方法

LINE Payへのお金のチャージは銀行口座からが一番ラクで早いです!

更に、銀行口座からのお金のチャージは、オートチャージにも対応しているので、LINE Pay残高が設定金額を下回ったら自動で設定金額をチャージ(入金)できます

LINE Pay オートチャージ

オートチャージは金額を細かく設定できるので、必要に応じて設定してみてください。

オートチャージをオンにした場合は、使いすぎに気を付けてください!

銀行口座残高も逐次チェックです!

個人的にはオートチャージはオフで良い気がしますw

LINE Payに銀行口座を登録していつでもすぐにお金のチャージ(入金)ができるようにしておきましょう!

LINE Payでの支払いは、LINE Payアプリを使えば早いです。チャージはできませんが、インストールして使ってみてください。
LINE Payアプリの使い方!スマホ決済で使うメリット・デメリット

以上、LINE Payに銀行口座を登録する手順・チャージ方法・使える銀行一覧の紹介でした。

もう1記事、読んでみませんか?

 

運営者(登場人物)は、スマホ・ガジェットが大好きな実在する親子です♪

使い方・レビュー記事のアイテムは実際に買って長く使ってます♪

運営者情報

気になる記事を検索