2017-07-23

Moto G4 Plus レビュー!スマホ2台持ちを1台に

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 1
  • twitter

BIGLOBE SIMでスマホセットを購入すると、最大13,000円キャッシュバックの特典がついてお得です♪

モトローラ製「Moto G4 Plus」レビュー!

Moto G4 Plus」の最大の特徴は、4G&3Gのデュアルスタンバイ(同時待ち受け)ができる事!

デュアルSIM対応のスマホが発売された時は、デュアルスタンバイ(同時待ち受け)は当然のようにできると思っていたのですが、まさかの非対応。デュアルSIMなのに片方ずつしか使えない、データ容量を超過してしまった時の為の予備にSIMを切り替えて使うくらいでしか用途はありませんでした。

しかし遂に、日本でも2枚のSIMを同時に使えるデュアルスタンバイ(同時待ち受け)対応のスマホが発売されました。デュアルスタンバイ(同時待ち受け)のスマホを使う事で、これまで通話用とデータ通信用にと2台持ちをされた方など、「Moto G4 Plus」1つでOKになります!

私の妻は、ドコモのカケホーダイ(月額2,700円)のガラケーと格安SIMを差した古いSIMフリースマホを利用しているので、月の通信費は3,600円(税別)となっていて、ドコモだけをつかっていた時と比べると半額以下に通信費を節約できております。

今回、デュアルスタンバイ(同時待ち受け)対応の「Moto G4 Plus」を購入しましたので、妻からリクエストの1台持ちをようやく叶えられる事になりました♪

Moto G4 Plusは、「BIGLOBE SIM」がスマホセットとしてSIMと共に販売をしていて、SIMの月額料金+月額1,490円(24回分割)で購入できます。一括購入できない方におすすめです。

「BIGLOBE SIM」でスマホ通信費を節約!?

BIGLOBE SIMの格安SIMは6ギガ・12ギガプランを契約すれば、駅や空港、カフェなどの公衆無線LAN(WiFiスポット)も無料で利用できるので便利です♪

BIGLOBE SIMにはオプションで「BIGLOBEでんわ」がありますが、通話の回数・通話料・通話時間を考えると「ドコモのカケホーダイ」のSIMを使うのも上手なスマホ活用術なので、ドコモからMNPする前に検討してみてください。

当記事では、「Moto G4 Plus」について、仕様、開封の儀、設定などを中心にレビューを書きたいと思います。

Moto G4 Plus 特徴

Moto G4 Plus 特徴は下記。

  • 4G&3Gの同時待ち受け対応!(DSDS)
  • Android™ 6.0搭載!(Android 7.0へのアップデート予定有り)
  • 2種類のフォーカス技術を搭載した1,600万画素カメラ搭載
  • 約15分の充電時間で最長6時間の駆動を実現するTurboPower充電搭載!
  • 指紋認証によるセキュリティと迅速なロック解除に対応
  • 最小限の独自プリインストールアプリ

上記が主な特徴です。

注意事項としては、au SIM、au 格安SIM、au VoLTE SIMは使えないのでご注意下さい。

Moto G4 PlusをBIGLOBE SIMで使う料金

これからの時代は、キャリア・格安SIMを先に選ぶのではなく、使いたいスマホを先に選ぶ時代です。
気に入ったスマホを取り扱っている格安SIMがあれば、SIMとスマホのセット購入でアフターサポートを受けられる事もあります。

Moto G4 PlusをBIGLOBE SIMで使う料金は下記になります。

SIMの月額料金+月額1,490円(24回分割)

BIGLOBE SIM 1ギガ 3ギガ 6ギガ 12ギガ
データSIM 900円 1,450円 2,700円
音声通話SIM 1,400円 1,600円 2,150円 3,400円
データSIM+Moto G4 Plus 2,190円 2,740円 3,990円
音声通話SIM+Moto G4 Plus 2,690円 2,890円 3,440円 4,690円

BIGLOBE SIMの6ギガ・12ギガプランを申し込めば、データ通信費が最大3ヶ月無料となり、公衆無線LAN(WiFiスポット)も無料で利用できます。余ったデータ容量の繰り越し、公衆無線LAN(WiFi)も無料で使えるので、ネットに困らなくなると思いますw

Moto G4 Plusのスペック

下記表は、「Moto G4 Plus」のスペックです。

スマホ Moto G4 Plus
価格 35,760円
カラー ブラック、ホワイト
ディスプレイ 5.5インチ/1920×1080(Full-HD) ,401ppi CORNINGR GORILLAR GLASS 3
サイズ 約152.9mm x 76.5mm x 7.87mm(カメラ部:9.78mm)
重量 約157g
SIMカード microSIM(同梱のメーカー純正SIMアダプタによりnanoSIMも利用可能)
デュアルSIMスロット(両スロットLTEサポート/DSDS)
OS Android™6.0.1
CPU QualcommR Snapdragon™ 617 (MSM8952) 1.5 GHz オクタコア CPU
Adreno 405 ,550 MHz GPU
メモリー RAM:3GB
ストレージ ROM:32GB
外部メディア規格/最大容量 microSD/128GB (microSDXC, microSDHC, microSD)
カメラ 背面:1600万画素、前面:500万画素
通信方式(LTE) B1(2100) / B3(1800) / B5(850) / B7(2600) / B8(900) / B19(850) / B20(800) / B28(700) / TDLTE 840
通信方式(W-CDMA) B1(2100) / B2(1900) / B5(850) / B8(900) / B19(800)
通信方式(GSM) 850, 900, 1800, 1900
バッテリー容量 3,000mAh TurboPower™(取り外し不可)
センサー 指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、環境光センサー、近接センサー、センサーHub

ジャイロスコープ搭載なので「ポケモンGO」のARモードをプレイできます。

Moto G4 Plus 開封の儀

それでは、4G&3Gのデュアルスタンバイ(同時待ち受け)対応SIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の開封の儀をしますw

初めてのモトローラ製のandroidスマートフォン

初めてのモトローラ製のandroidスマートフォン、開封するのに緊張します(笑)
白と青を基調にしたやや大きめの化粧箱です。

化粧箱の裏側

化粧箱の裏側には、特徴のアイコンなどが記載されています。

化粧箱から中身を全て取り出す

化粧箱から中身を全て取り出すと下記が入っていました。

● Moto G4 Plus 本体
● Micro-USBケーブル
● 急速充電用ACアダプター(ターボ電源)
● 安全上のご注意(日本語版・英語版)
● スタートガイド(日本語版・英語版)
● 安全・規制・法令
● イヤホンマイク
約15分の充電時間で最長6時間の駆動を実現

約15分の充電時間で最長6時間の駆動を実現するTurboPower充電搭載という事で、ターボ電源が付いてます。

Moto G4 Plus 本体下部

Moto G4 Plus 本体下部は、マイクと指紋センサーが配置。指紋センサーはホームボタンではありませんw
下部側面にはMicro-USBポートと裏蓋を取り外すためのくぼみがあります。

ボリュームボタンと電源ボタン

右側面には、ボリュームボタンと電源ボタン。
左側面には何もありません。

Moto G4 Plus 本体上部

Moto G4 Plus 本体上部は、イヤホンジャックが配置されています。穴が開いてるので防水防塵ではありません。

ディスプレイ上部

ディスプレイ上部には、スピーカーと500万画素のフロントカメラ。

モトローラのロゴ

裏側には、レーザーと位相差の2種類のAFに対応する1600万画素のカメラ。
モトローラのロゴも配置されています。

裏蓋は、滑り止めとしてか、ざらざらした質感です。

5.5インチがぎりぎり持ちやすいといった感じ♪

左は5.2インチのHUAWEI P9 lite、中央は5.5インチのMoto G4 Plus、右は4インチのiPhone SEです。
5.5インチがぎりぎり持ちやすいといった感じ♪

Moto G4 Plusは裏蓋を取り外せます。

Moto G4 Plusは裏蓋を取り外せます。バッテリーの取り外しはできません。

LED

レンズ下にはLEDが配置されています。

microSDカードとSIMカードを2枚挿入できます。

microSDカードとSIMカードを2枚挿入できます。
SIMカードは、nanoSIM・microSIM、どちらにも対応していて、nanoSIMをお持ちの方は、下駄があるので装着すれば挿入できます。

Moto G4 PlusはデュアルSIMであり、デュアルスタンバイ(DSDS)です。
キャリアのSIMと格安SIM格安SIMと格安SIMのコンビなど用途に合わせて通信・通話ができます。

SIMを差したらMoto G4 Plusを起動して、WiFiに接続してセットアップを進めていきましょう。

ホーム画面まで進めたら、WifiではなくSIMのデータ通信を接続する為、APN設定をします。
BIGLOBE SIMのスマホセットならAPN設定をしなくてもそのまま使えます。

ステータスバー

ステータスバーに表示される4G3Gのアイコン!新しいです!

これからは標準になっていくのだと思います!

約152.9mm x 76.5mm x 7.87mm

Moto G4 Plusの大きさは、約152.9mm x 76.5mm x 7.87mm。ぎりぎり握れるって感じ。女子には大きいかな、と。ディスプレイが大きければ見やすいけどね。重さは157g。ケースを付けなれば重くはないかなといった感じですw

プリインストールのアプリがほとんどなく

モトローラ製「Moto G4 Plus」には、プリインストールのアプリがほとんどなく、オリジナルなのは「moto」アプリぐらい。

スマホのジェスチャー機能の設定

moto」アプリは、スマホのジェスチャー機能の設定、バッテリーの節約などの設定・確認ができます。

例えば、スマホ本体を2回素早く傾けるとカメラが起動する機能のオンオフなどができます。

フロントカメラとリアカメラを交互に切り替え

カメラを起動して更に2回素早く傾けるとフロントカメラとリアカメラを交互に切り替える事もできます。

スリープ時、電源ボタンを2回押す事によってもカメラを起動する事ができます。

Moto G4 Plusの通知パネル

Moto G4 Plusの通知パネルは、時間、日付、ディスプレイの明るさ調整、各クイックボタンが配置。クイックボタンの入れ替えはできません。

モトローラ開発のNexus6は使った事はないのですが、「Moto G4 Plus」はGoogle Nexus(グーグル ネクサス)と言えるような”純粋なAndroidスマホ”に思えます。

Moto G4 Plus デュアルスタンバイの設定

それでは、SIMフリースマートフォン「Moto G4 Plus」の最大の特徴である「4G&3Gのデュアルスタンバイ(同時待ち受け)」についてご紹介。

冒頭でも書きましたが、私の妻は、ドコモのカケホーダイ(月額2,700円)のガラケーと格安SIMを差した古いSIMフリースマホを利用しているので、月の通信費は3,600円(税別)となっていますが、日々、「スマホを1つにしたい!」というリクエストを貰ってました…。デュアルSIM対応スマホが出てきた時は、このリクエストに答えられると思ったのですが、同時待ち受けはできず(汗)

しかし、遂に「デュアルスタンバイ(同時待ち受け)」のSIMフリースマホが登場!「Moto G4 Plus」を購入した次第です。

早速、妻が使っているドコモのSIMと手元にあるBIGLOBE SIMを「Moto G4 Plus」に挿入してみました。

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMを”SIM1”に、ドコモSIMを”SIM2”に挿入。

デュアルSIM電話をセットアップします

デュアルSIMにすると、”デュアルSIM電話をセットアップします”という画面が表示されるので「矢印」をタップ。

デュアルスタンバイモード

2つSIMの用途に応じで基本自動個人用と仕事用メインと個別という”デュアルスタンバイモード”を選択できます。

データ通信・SMS・通話と、各SIMに役割を設定

基本を選ぶと、データ通信・SMS・通話と、各SIMに役割を設定できます。通話なら「ドコモSIM」といった感じです。

個人用と仕事用

個人用と仕事用」、「メインと個別」は、各SIMごとに、アカウントと連絡先とをSIMごとに紐づける事ができます。

データ通信・通話を行います。

自動を選ぶと、利用状況を学習して最適なSIMを自動で選択され、データ通信・通話を行います。

SIMカードの設定はできます。

スマホの”設定”の「SIMカード」画面からSIMカードの設定はできます。

4G&3Gのデュアルスタンバイ(同時待ち受け)」を使う上での最大のメリットは、「キャリアのカケホーダイと格安SIMのセット」だと思います。

ドコモやソフトバンクを解約したくない、引き続き使いたい方は、通話プラン(カケホーダイ)以外のデータ通信やオプションを解除して、データ通信は格安SIMにすれば、月々の通信費を大幅に節約できます。

ドコモSIMの電話番号に電話をしたらしっかり着信音が鳴りました♪

ドコモSIMの電話番号に電話をしたらしっかり着信音が鳴りました♪
通話もばっちりです♪

音声通話用とデータ通信用とスマホを2台持っている方で、2台持ちが煩わしい方は、「4G&3Gのデュアルスタンバイ(同時待ち受け)」対応の「Moto G4 Plus」、おすすめです♪

注意事項ですが、au SIM、au 格安SIM、au VoLTE SIMは「Moto G4 Plus」では使えないので注意しましょう。

Moto G4 Plus キャスト機能が便利

Moto G4 Plus」で私が他に気に入った機能は「キャスト機能」!

キャスト」ボタンをタップしたら突然、我が家のテレビ”ソニーブラビア”の画面に、スマホの画面が表示されました(笑)

びっくり!

初めての事だったのでびっくりしました!(笑)
これはこれで便利な機能で、接続も速く、感心した次第です。

スマホを大画面で見たい時に役立ちます♪

スマホを大画面で見たい時に役立ちます♪

スマホを縦にしたらテレビに写る画面も縦に。横にしたらテレビに映る画面も横になりますw

横にしたらテレビに映る画面も横になりますw

Moto G4 Plus」はポケモンGO対応!

ジャイロスコープ搭載なのでARモードでもプレイできます。

キャスト機能でポケモンGOの画面を大画面に写してみましたが、自宅でポケモンGOをしてもほぼ意味はないというか、友達同士で、”ゲットしたポケモン”、”図鑑”、”ショップ”、”道具”の確認を楽しむ事はできる感じですw

思いがけず「キャスト機能」という素敵な機能を知る事ができましたw

Moto G4 Plus アクセサリー

Moto G4 Plusには当然のように専用フィルムやケースがあるので、液晶のひび割れ対策などに購入するのも良いでしょう。

SDカードは「microSDXCカード 64GB」がおすすめ♪

以上、いつものように長くなりましたが、Moto G4 Plusのレビューでした。

Moto G4 Plusは、4G&3Gのデュアルスタンバイ(同時待ち受け)なので、データ通信は格安SIM(BIGLOBE SIM)で、音声通話はドコモのカケホーダイでとスマホ1台で使い分ける事ができ、通信費の節約を図れるので是非検討してみてください。

2017年6月4日まで
SIMのみの申込みで5,000円キャッシュバック
スマホセットの申込みで最大13,000円キャッシュバック
他にも月額料金割引の特典あり!
「BIGLOBE SIM」でスマホ通信費を節約!?

Moto G4 Plusを販売している「BIGLOBE SIM」については、下記ページで特徴や通信速度等を紹介しているのでご確認下さい。
使って便利!ビッグローブシム(BIGLOBE SIM)レビュー!
かけ放題・通話定額のある格安SIM!ビッグローブ電話を使おう
WiFiスポットが無料で使えるビッグローブシムは便利だよ

あ、指紋認証カメラも性能も素晴らしいです♪

こちらの記事も読まれてます。

webmobile 著者紹介

著者はフリーランスwebデザイナーとして活動をはじめて13年。
webをはじめスマホやガジェットが大好き♪
妻、子、プードル2匹と暮らしてます。
運営者情報

気になる記事を検索

webmobile TOP