2017-05-30

ラインモバイルの端末レビュー「nova lite」に安く機種変更しよう

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 6
  • twitter
nova liteは、格安SIMのラインモバイルで安く買えます♪

2017年1番の売れ筋SIMフリースマホになるんじゃないかな?

HUAWEI製のnova liteにはそのような可能性をひしひしと感じます。

安いけど高品質!
安いけど高性能!
安いけど機能豊富!

HUAWEI製のSIMフリースマホとしては、カメラに注力されているP9 liteが2016年の売れ筋SIMフリースマホとなっていますが、2017年2月24日(金)に発売された5.2インチのnova liteは、ターゲットを女性や若者向けとして、更にシェアを広げていくのではと思います。

高コスパ!

この言葉が最近発売されたSIMフリースマホの中で1番似合うと自信を持って言えます!

基本的にnova liteはMVNOがスマホセットで販売していますが、アマゾンでは新古品が24,200円で販売しています。

しかし、ドコモ回線の格安SIMのラインモバイルでは、新品が19,900円と2万円を切った本体価格で販売しています。

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

LINEモバイル(ラインモバイル)とは?

ラインモバイルは、LINEモバイル株式会社が提供しているMVNOで格安SIMと格安スマホを販売しています。

ラインモバイルには、”LINEフリープラン”、”コミュニケーションフリープラン”、”MUSIC+プラン”と3つのプランがあり、”LINEフリープラン”では月額500円で1ギガのデータ通信ができ、更にLINEは使い放題となることです。

格安SIMの特徴として、料金プランはひと月のデータ容量の上限によって差がありますが、ラインモバイルでは、日本で一番使われているSNSのLINEが使い放題となります。”コミュニケーションフリープラン”では、LINE・facebook・twitter・インスタグラムも使い放題になるので、日頃からLINEをはじめSNSを使っている方は、ラインモバイルへキャリアから乗り換えるのをおすすめしています♪

データSIMも音声通話SIMも販売していて、MNP(ナンバーポータビリティ)にも対応♪

そんな訳で、女性向け・若向けであるnova liteラインモバイルの相性は抜群!

しかもどちらも安い!

それでいて便利♪

nova liteラインモバイルのコンビで、キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に支払っていた通信費を大幅に減らす事ができる事でしょう。月々5,000円以上は節約できるはずです。

当記事では、安いnova liteと安いラインモバイルについてレビューします♪

ラインモバイルデビュー応援キャンペーン♪
2017年8月31日(木)までに音声通話SIMを申し込むと、2ヶ月3ギガデータ容量追加
月額料金初月無料
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

nova liteの主な特徴とスペック

HUAWEI nova liteの特徴

HUAWEI製SIMフリースマホのnova liteはラインモバイル19,900円で買う事ができます。

nova liteの主な特徴

  • 5.2インチフルHD搭載
  • コンパクトサイズで女性でも持ちやすいです。
  • 丸みを帯びた外観のデザインが綺麗♪
  • 通常使用で2日間持続するバッテリーを搭載しています。
  • 万能指紋センサー搭載!
  • 3ギガRAMと16ギガのROM(ストレージ)
  • 2017年4月現在の最新のandroid OS「Android™ 7.0」を搭載
  • 1200万画素リアカメラ搭載!
  • 瞬撮できるウルトラスナップショット機能搭載!
  • 800万画素インカメラで自撮り写真も綺麗です♪
  • 視力保護機能(ブルーライトカット)があります。

安いですけど、大容量バッテリーと高性能CPU搭載で動作も快適です。

カメラは、1.25μm大型ピクセルのイメージセンサーと開口部F2.2の明るいレンズで綺麗な写真が撮れます。

懸念事項としては、ストレージが16ギガと少ないので、micro SDで補いたいところ。

デュアルSIMデュアルスタンバイ対応でnano SIMを2枚装着できますが、SIM2が2Gのみとなっているので、SIM2は実質使えません(汗)
micro SDを装着させましょう。

nova liteとVAIO Phone Aのスペック比較

nova liteとVAIO Phone Aのスペック比較

ラインモバイルで販売している端末「nova lite(5.2)」と「VAIO Phone A(5.5)」のスペック比較表です。

スマホ HUAWEI nova lite VAIO Phone A
カラー ホワイト、ブラック、ゴールド シルバー
本体価格 19,900円 24,800円
ディスプレイ 5.2インチ, FHD(1920×1080) 5.5インチ, FHD(1920×1080)
サイズ 高さ147.2mm
幅72.94mm
厚さ7.6mm
高さ156.1mm
幅77.0mm
厚さ8.3mm
重量 147g 167g
SIM nanoSIM × 2 nanoSIM × 1, microSIM × 1
USB micro USB
OS Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0 Android™ 6.0.1
CPU Huawei Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz) Qualcomm® Snapdragon™ 617 オクタコア、1.5 GHz(クアッドコア) + 1.2 GHz(クアッドコア)
メモリー RAM:3GB RAM:3GB
ストレージ ROM:16GB ROM:16GB
外部メディア規格/最大容量 microSD/128GB (microSDXC、microSDHC、microSD) microSD/64GB (microSDHC、microSD)
カメラ メインカメラ:1200万画素
インカメラ:800万画素
メインカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
通信速度 下り(受信時)最大150Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
下り(受信時)最大225Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
バッテリー容量 3,000mAh 2,800mAh

勝利、nova lite !

「VAIO Phone Aのスペックは、今どき~?!」って感じ。

価格・性能、どっからどこを見てもVAIO Phone Aよりnova liteの方が優れています!

VAIO Phone Aは、日本製のスマホが良い方、長年のVAIOファンぐらいじゃないかな…購入される方は…。

nova liteVAIO Phone Aを比べるとnova liteのコスパが顕著に優れています!
iPhoneに挟まれてひ汗をかいてるnova lite

ちなみに、nova lite(5.2)の大きさをiPhone SEとiPhone 7 Plusと比較。左はiPhone SE(4.0)、右はiPhone 7 Plus(5.5)。
iPhoneに挟まれてひ汗をかいてるnova liteです♪
novaとiPhone…デザインが似てますw

iPhoneからnova liteに機種変更される方の声を聞きます。値段は5分の1ですからね。

ZenFone3とnova lite

こちらは、5.2インチ同士のZenFone3とnova lite。
こちらも見た目・形・質感、凄く似てますw

ラインモバイルの主な特徴

ラインモバイルの主な特徴

ラインモバイル(LINEモバイル)の主な特徴は下記。

初月無料です!

申込み月は無料です!お得に使えます♪

LINEがカウントフリー♪

LINEのトーク・無料通話・ビデオ通話・画像動画の送受信・タイムラインの閲覧など、データ容量を消費しません。

SNSがカウントフリー♪

コミュニケーションフリープランならLINEは勿論、facebook・twitter・Instagramの利用もデータ容量を消費しません。

プランが豊富♪

1ギガ、3ギガ、5ギガ、7ギガ、10ギガと少量から大容量まで選べます。

LINEでID検索ができます。

格安SIMで唯一、LINEのID検索ができます。

LINE友だちとデータシェア♪

ラインモバイル同士ならデータ容量をシェアできる。

LINEポイントが付きます♪

月額基本料金の1%分をLINEポイントとして付与されます。

フィルタリングアプリが無料♪

有害サイトへアクセスできないようにしたり、指定アプリしか起動できないようできます。

サポート充実♪

電話サポート端末保証もあるので安心です♪

通話に関してはまだ通話専用のオプションなどはありませんが、LINE無料通話LINE outでの通話を活用していきましょう。

nova liteはラインモバイルのSIMで使おう(APN設定)

nova liteはラインモバイルのSIMで使おう(APN設定)

nova liteでラインモバイルを使うにはAPN設定をする必要があります。

ラインモバイルのAPN設定

nova liteにラインモバイルのSIMを装着後、下記の流れで画面遷移。

設定その他モバイルネットワークアクセスポイント名LINEモバイル

APNからラインモバイルを選んだらAPN設定は完了です。

ラインモバイルのLTEデータ通信が始まるのを待ちましょう。すぐです。

データ通信が始まらなかったらフライトモードや再起動をして一度通信を遮断してみてください。

nova liteでラインモバイルの通信速度を測ったよ

数カ所でnova liteを使ってラインモバイルの通信速度を測ったので載せておきます。

逐次アップ致します。

ラインモバイルが始まった頃が高速でしたが、増強はしているはずですが、契約者数が増えた為、以前よりは大人しくなっている印象です。

nova liteのおすすめ初期設定

nova liteのカメラ設定

nova liteのカメラ設定

カメラの設定は、カメラ画面の左側から指をスライドさせれば設定画面が表示されます。

私個人的な設定としては下記。
・解像度は9M(16:9)
・GPSタグ OFF
・音声シャッター ON
・タップ撮影 ON
・スマイルキャプチャ ON
・オブジェクトトラッキング ON
・シャッターボタン長押し 連写
・音量ボタンの機能 ズーム
・ウルトラスナップショット カメラを開いてクイック撮影

ご自身に合わせたカメラ設定をしてください。

指紋認証

nova lite 指紋認証

私が初めて指紋認証を体験したのはP9 liteで。反応が凄く速くて感動した事を覚えています。指紋認証には疑心暗鬼してましたが全く無駄な事でした(笑)
nova liteも指紋認証機能を搭載しているので、指紋を登録しておくことをおすすめします。画面ロック解除やシャッターボタンとしても機能します。

左右の人差し指を登録しておくのがおすすめ。最大5件まで登録できます。

テザリング設定

nova lite テザリング設定

ラインモバイルはドコモ回線を利用しているので、ドコモエリアでしたらnova liteをモバイルルーターとして使う事ができます。

テザリング設定画面で、端末(ネットワーク)の名前、パスワードを自分がわかりやすいように変更しておきましょう。

画面設定

nova lite 画面設定

フォントサイズを変えられます。年配の方はフォントサイズを極大にするのをおすすめします♪

スリープ時間が初期値では短いので、私は2分にしています。

省電力モード

nova lite 省電力モード

消費電力が高いアプリ、消費量レベルを確認でき、バッテリー残量に応じて、省電力モードまたはウルトラ省電力を選択しましょう。

ステータスバーに電池残量(%)を表示でくるのでONにしておきましょう。

ショートカットボタン

nova lite ショートカットボタン

ショートカットボタンをカスタマイズする事ができます。
自分が良く使う機能10個をドラッグして入れ替えましょう。

LINEアプリで契約内容の確認

LINEアプリで契約内容の確認

ラインモバイルの利用状況の確認はLINEアプリでできます。上の写真はP9 lite。

LINEのID検索で@linemobileを友だち追加をします。

LINEアプリで”データ容量の残量確認”、”データプレゼント”、”各種手続き(データ量の追加、SIMサイズ変更、解約・MNP転出など)”などをする事ができるので、LINEに追加しておきましょう。

他、”ナビゲーションキー”とか”スマートアシスト”とか、nova liteではたくさんのカスタム設定ができるので、自分好みの合わせて設定をされてください。

nova liteにLINEをインストールしてログインしよう♪

nova liteにLINEをインストールしてログインしよう♪

ラインモバイルはLINEがカウントフリーで利用できます。いわば使い放題です♪
データ容量の残量を気にする事無く使えます。WiFiを使わなくても大丈夫。

ただ、googleストアからLINEアプリをダウンロードのにはデータ容量を消費しますw

LINEをインストールして起動したらログイン画面が表示されるので、新規投稿もしくはメールアドレスfacebookでのログインをしましょう。

nova liteでLINEを使う前の端末では、LINEのアカウントやメールアドレスの登録を忘れないでおきましょう。facebook連携もOK。機種変更後のnova liteのLINEで必要です。

ラインモバイルの”コミュニケーションフリープラン”はSMS付きで本人確認ができるのでLINEの新規登録もできます。

ラインモバイルは格安SIMで唯一ID検索ができるので、離れている友達とLINEで繋がる事ができるので便利です。

nova liteの個人的レビュー・評価♪

最後に、nova liteのレビューを価格.com風で書きますw

デザイン

容姿端麗といったところ。外観もUIも美しいです。「美しい」って言葉がほんとに似合います。iphoneに似てるってのはポジティブに受け取りましょう!表面はツルツルしています。

携帯性

5.2インチのnova liteは小さくもなく大きくもなく重くもない。本体が丸っこいので手で握りやすいです。

ボタン操作

戻るボタン・ホームボタン・タスクボタンは液晶画面内に配置されています。位置のカスタマイズは設定からできます。液晶画面はツルツルしているのでタップもスライドもしやすいです。

文字変換

私は、”Google 日本語入力”をいつも使ってますが、5.2インチと液晶画面が狭くも無いのでばっちり文字入力ができています。文字変換は”Google 日本語入力”に任せてますw

レスポンス

メモリが3ギガあるという事で、動きがスムーズでレスポンスも速いです。
レーシングゲームも問題なくプレイできます。
指紋認証が何より便利!まだ指紋認証機能を使った事が無い方は試してみて欲しいです!

メニュー

ZenFoneのようにホームボタンの位置にアプリ画面はありません。
アプリの起動や確認は全てホームからします。
設定画面を見るとわかりますが、ファーウェイ独自のEMUI(Emotion UI)はアイコンと文字の位置や大きさが絶妙でとても美しくわかりやすいです。

画面表示
nova lite 画面表示

表示は凄く綺麗です。液晶画面は明るさの自動調節があります。
液晶保護フィルムは特に要らない!って思いますが、傷防止などにあっても良いかもです。無くてもOK!
文字の大きさは設定から変更できます。

通話音質

ラインモバイルのSIMで通話をしましたが問題なく通話ができました。IPでんわって感じに少し響く・こもる印象です。

呼出音・音楽》

呼び出し音が何か問題あって事は無く呼び出し音じたい気にならないものですw
しっかり鳴ってます。
音楽は付属のイヤホンを使う事で高品質な音楽を視聴できます♪

バッテリー
nova lite バッテリー

新しく使い始めたばかりなので消耗が速くなってって事はないです。
普通に日中は仕事して、朝夕の通勤通学・お昼休憩でnova liteをいじるくらいで、寝る前に充電しておけば1日持つ印象です。

満足度

高コスパ!
美しいデザインに快適な動き、19,900円という価格にびっくりしちゃうほどです。
今のSIMフリースマホの良いとこどりがされているので、カメラにこだわりの無い方は、nova liteがファーストチョイスとしておすすめします♪

nova liteはラインモバイルで安く買おう!

nova liteの個人的レビュー・評価♪

ラインモバイルは、LINE・facebook・Twitter・インスタグラムなどのSNSのデータ消費をカウントしないのが特徴です。

通信費も安いので、nova liteとの相性は抜群!キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からの乗り換え・機種変更におすすめです♪
nova liteは一括購入のみで19,900円(税別)です。

ラインモバイルデビュー応援キャンペーン♪
2017年8月31日(木)までに音声通話SIMを申し込むと、2ヶ月3ギガデータ容量追加
月額料金初月無料
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

LINEモバイル(ラインモバイル)については下記記事でも紹介しています。
ラインモバイル(LINEモバイル)でスマホ代を節約しよう!

nova liteとラインモバイルでランニングコストを安く使っていきましょう。

nova liteのカメラの事などは下記記事で詳細レビューをしています。
HUAWEI nova lite レビュー!novaより安くておすすめ

nova liteの上位機種novaのレビュー記事はこちら。マイネオ(mineo)で買う事ができます。
novaとnova liteのスペック比較!mineoで買おう
HUAWEI nova レビュー!女性におすすめ5インチスマホ

以上、HUAWEI製のSIMフリースマホ「nova lite」のレビューでした。

こちらの記事もおすすめです!

webmobile 著者紹介

著者はフリーランスwebデザイナーとして活動をはじめて13年。
webをはじめスマホやガジェットが大好き♪
妻、子、プードル2匹と暮らしてます。
運営者情報

気になる記事を検索

トップページへ戻る