webmobile 編集部

OsmoMobileの使い方!スマホ専用スタビライザーのレビュー

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 6
  • twitter

OsmoMobileは、動画撮影が楽しくなるスマホ専用スタビライザーです♪

hika

なんかかっこいいの持ってるね♪

kazuki

ふふふ。今流行りのスタビライザーだよ。手ぶれを軽減できる動画や写真を撮れるよ♪

手持ちのスマホ(android/iPhone)をOsmoMobileにセッティングするだけで、ドローンで撮影したような”ぬる~っ”と滑らかかつ安定した手ぶれ軽減の動画を撮影できます。

歩きながらの撮影におすすめ!ストリーミングライブ配信、プロモーションビデオ撮影、自主製作映画に活用できます!

スマホではいつも写真ばかり撮ってましたが、OsmoMobileと出会って動画撮影を良くするようになりました♪

OsmoMobileの特徴は下記。

主な特徴
  • 揺れ(ブレ)を軽減した動画をスマホ(android/iPhone)で撮影できます。
  • バッテーリー1本最大4.5時間稼働します。
  • スマホとBluetooth接続。一度接続すればスマホを記憶して自動接続。
  • DJI GOアプリ併用で、被写体を自動で追尾できます。
  • DJI GOアプリ併用で、モーションタイムラプス撮影ができます。
  • DJI GOアプリ併用で、YouTubeなどでライブストリーム配信ができます。

当記事では、DJIのスマホ専用スタビライザー「OsmoMobile」について、開封の儀や使い方、初期設定をレビューします♪

スポンサーリンク

OsmoMobileとは?

OsmoMobileとは?
hika

OsmoMobileについて教えて♪

OsmoMobile(オスモモバイル)とは、DJIが販売する「モバイルデバイス用 手ブレ補正付き高性能ジンバル」です。ジンバルとスタビライザーは若干違いますが、スタビライザーというのも有り♪

DJIは、2006年に中国深センで創設された世界のドローン販売シェア7割を占める会社です。

2012年にドローンシリーズの「Phantom」。
2014年に手ぶれ防止機能搭載4Kカメラ「Osmo」。
2016年に4K動画撮影に対応した小型のドローン「Mavic Pro」。
2017年にDJI史上もっとも小型のドローン「SPARK」を販売しています。

Osmoにはカメラ一体型のOsmo+とOsmoがあり、スマホを取り付けるOsmoMobileは後発で、2016年9月1日に発売されました。

スマホを取り付けるスタビライザーはOsmoMobileの他にも安価なものから高価なものまでありますが、性能や機能、料金を踏まえ総合的にOsmoMobileがNo.1と実感します。

Osmoと比べOsmoMobileは料金が半分以上安いので、スマホ(android/iPhone)を持っててスタビライザーが欲しいと思ってる方は、1番の候補になる事でしょう。

カラーバリエーションにはブラックとシルバーがあり、予備バッテリーとスタンド付きが良く売れています。私はシルバーを買いました。

手持ちのスマホで動画撮影をしないでビデオカメラを買って使うのは勿体ない♪

最近のスマホは4K動画に対応しているので、iPhone7やZenFone4などをお持ちの方は、動画撮影の性能、使わなきゃ持ったないです♪

OsmoMobileのスペック

名称 Zenmuse M1
型式 ZM01
寸法 125.06×109.15×90.98 mm
重量 300 g
消費電力 2.5 W
ジンバル精度 ±0.03°
操作可能範囲 パン: ±150°
ロール:±25°
チルト:-125° to +35°
機械的な可動範囲 パン:±165°
ロール:-50° to +90°
チルト:-140° to +50°
最大動作速度 120°/s
最大モバイルデバイス幅 58.6-84.8 mm
kazuki

取り付けるスマホは、5インチから5.5インチのスマホが良いよ。

OsmoMobile 開封の儀&使い方

それでは、OsmoMobileの開封の儀&使い方です♪

OsmoMobileの開封の儀&使い方

私は、予備バッテリーとスタンド付きのOsmoMobileを買いました。37,000円ほどでした。

予備バッテリーとスタンド付き

予備バッテリー。充電するにはOsmoMobile本体に装着する必要があります。満タン充電で約4時間半使えます。

予備バッテリー

スタンドが付いてました。地に固定して使えます。

箱の中身

箱の中身は、本体、説明書や保証書、充電用USBケーブル、ストラップが入っています。

ロゴ入り純正ケース

ロゴ入り純正ケースも入っていました。収納できて持ち運びがしやすいです。

初めて扱うスタビライザー!

初めて扱うスタビライザー!何もわからないので説明書をちゃんと読みます(笑)

USBケーブルで充電します。

その前に充電!USBケーブルで充電します。ACアダプターは別売りです。スマホ用で余ってるアダプターがあったら使えます。

バッテリーを入れないと充電できませんw

あ、バッテリーを入れないと充電できませんw
バッテリーカバーを開けてバッテリーの上下を確認して入れましょう。
1アンペアのACアダプタだと3時間ほどで満タンにできます。

バッテリーを入れてカバー

バッテリーを入れてカバーを閉じたとこ。カバーを閉じるとロックがかかるので抜け落ちる事はありません。

左側面に電源ボタンがあります。

左側面に電源ボタンがあります。電源は下へ1.5秒下げるとONです。
ONの状態で軽く下げるとスリープ。
ONの状態で下へ1.5秒下げると電源オフです。

コントロール部分

コントロール部分は、左からカメラステータスLED、ジョイスティック、シャッターボタン、録画ボタン、システムステータスLEDが配置してあります。

DJI ロゼットマウント

右側面には、DJI ロゼットマウント。
マウントを取り付ける際は、キャップを左回しで外してから付けます。

充電ジャックとトリガー

後方には、充電ジャックとトリガーがあります。

トリガーを押す回数でアクションが変わります。
1回でアングルロック(Lock Model)。
2回で向きを最初の位置へ。
3回でカメラが背面から前面(セルフィー)に切り替わります。

アーム部分(アジャスタブルアーム)

スマホ(android/iPhone)を取り付けるアーム部分(アジャスタブルアーム)!くねくねしますw

ホルダーロックノブ

スマホを挟む操作は裏側にホルダーロックノブがあるので、大きさに合わせて調整します。

縦幅59mmから85mmまでのスマホを取り付けられます。

ホルダーのスマホを乗せる部分は滑り止めがあるし、アームも頑丈なので、そうそうスマホを落下させてしまう事は無さそうです。

ホルダー部分にはモバイルデバイス検出センサーがあり、スマホがセットしているか検知します。スマホを検知しなくても電源は入ります。

5.2インチのiPhone 7

5.2インチのiPhone 7を取り付けてみました。ホルダー背面のホルダーロックノブはしっかり締めましょう。

重さは300g

OsmoMobileの重さは300g。スマホを付けたらスマホの重量分重くなります。そこそこずっしり腕にきます♪

5.5インチのiPhone 7 Plus

5.5インチのiPhone 7 Plusを取り付けてみました。これ以上大きいスマホは付けられない。

4インチのiPhone SE

4インチのiPhone SEを取り付けてみました。これ以上小さいスマホは付けられないかと。モバイルデバイス検出センサーに検知されなければカードなどを挟みましょうw

5.5インチのZenFone4

5.5インチのZenFone4を取り付けてみました。iPhone 7 Plusもですが、5.5インチまでのスマホの取り付けが丁度いいで。大きければそれだけ重くなります。

色んなスマホを付け替えて使う場合は、使うスマホだけBluetoothをオンにしましょう。DJI GOアプリがスマホを検知しませんw

専用アプリ「DJI GO」の初期設定

専用アプリ「DJI GO」の初期設定

OsmoMobleは専用アプリ「DJI GO」と同期させ、アプリのカメラで撮影する事により本領発揮します。手持ちのスマホ(android/iPhone)にアプリをインストールしましょう。
「DJI GO 4」じゃなくて「DJI GO」の方です。

《事前準備》
● DJI GOのメールアドレス・パスワードの登録
● スマホのBluetoothオン

アプリの利用にはサインアップが必要

アプリの利用にはサインアップが必要です。登録したメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

アクティベート

アプリを起動してサインアップしたらOsmoMobileを選択しアクティベートします。

予めBluetoothをオン

予めBluetoothをオンにして接続しておくのがスムーズです。

ペアリングの要求

ペアリングの要求が表示されたらペアリングをタップ。

OsmoMoblieとの接続成功!

OsmoMoblieとの接続成功!カメラビューに入ります。をタップすれば撮影画面に遷移します。

専用アプリ「DJI GO」でできること

専用アプリ「DJI GO」でできること

DJI GOアプリでできることや主な設定は下記。

  • 写真撮影(静止画)
    L 長時間撮影
    L タイマー撮影
    L パノラマ撮影
  • 動画撮影
    L タイムラプス撮影
    L アクティブトラック撮影
  • Beautifyモード(標準・明るくする・暗くする)
  • 手動モード
  • ホワイトバランス(オード・晴れ・曇り・タングステン・蛍光灯)
  • グリッド(グリッド+ダイアゴナル・グリッド線・中心点)
  • FLASH(オフ・自動・オン・常にオン)
  • シーンモード(ウォーク・スポーツ)
  • ピッチロック(スマホの向きを保つモード)
  • ビデオ解像度(3840×2160 30fps、1920×1080 30fps、1920×1080 60fps、1280×720 30fps)
  • Panorama Quality(High、Middle、Low)
  • ジンバル(水平線のキャリアブレーション、自動キャリアブレーション)
  • クイック設定(高速・中・低速)
  • スティック操作方向(水平/垂直・フリー)
  • パンスティックを逆にする
  • チルトスティックを逆にする
  • Mobile Device Check
  • ライブ配信(facebook、WeiBo、YouTube、QQ Zone、カスタム)

使い方に合わせてセッティングしてください。

水平調整の”ジンバルのキャリアブレーション”とジョイスティックでの上下左右の”パンスティックとチルトスティックを逆にする”設定は、実際に使ってみて最初の段階で設定しておくのが良いです。

音楽を加えたムービーを作る

撮った動画は、簡単に編集する事ができ、音楽を加えたムービーを作る事ができます。

OsmoMobileで実際に動画を撮ってみたよ♪

それでは実際にOsmoMobileで撮影した動画をいくつアップします。
撮影に使ったスマホはZenFone4で、4KじゃなくFHDで撮影しました。

六甲ケーブル下駅から六甲山上駅まで我が子とハイキングした時の動画♪

六甲山ハイキングで立ち寄った展覧カフェ。土日祝は人が多いです(汗)
大阪湾の景色を望めます。

広島県福山市で開催されたダイハツコペンのイベントに参加した際に撮った動画。

広島県福山市に草戸稲荷神社に行った際に撮影。階段を歩く時は若干カメラが上下します…。

岐阜県大野郡白川村荻町の世界遺産「白川郷」の「であい橋」で撮影。白川郷を歩き回って「せせらぎ公園小呂駐車場」へ戻る時です。橋が若干揺れてます。OsmoMobileを低いアングルから高いアングルへゆっくり移動させるとドローンで撮影したみたいなゆるふわ感を出せます♪

使い始めたばかりで撮影方法に改善が必要ですが、OsmoMobileで撮影した動画でした。

hika

撮影方法にコツはあるの?

kazuki

横移動は急旋回しないでゆっくり旋回するのがおすすめだなぁ♪

OsmoMobile まとめ

OsmoMobile まとめ

ここでまで、DJIのスマホ専用スタビライザー「OsmoMobile」について、開封の儀や使い方、初期設定のレビューでした。

hika

インスタ映えする動画が撮れるね♪

kazuki

インスタを見た人が「この滑らかな動画はどうやって撮ったの?」って気にすると思うよ♪

OsmoMobileを使えば、スマホでドローンのような滑らかな動画を撮れるので、スマホでよく動画を撮影している方は要チェックです♪

手ぶれが軽減されるので、歩きながら、走りながら、物を追う撮影が楽しくなります。

高価に思えるスタビライザーですが、OsmoMobileはスマホ専用スタビライザーとしてレベルが高く、買いやすい機器だと実感してます。

予備バッテリー付きがもしもの充電切れ、充電忘れの際に助かるのでおすすめです。スタンドも付いてます♪

運動会などでOsmoMobileを持って操作していると、ビデオカメラを片手に撮影してるパパさん達を尻目に優越感を持てますよ(笑)
「何々~?」とパパ同士の会話の種にもなります♪

hika

そんな事があったの?

kazuki

うん。色んな人がOsmoMobileに興味を示してくれたよ♪

写真ばかり撮ってた人が、動画撮影にはまっちゃう事間違いなしです♪

もう1記事読みませんか?

関連タグ:

気になる記事を検索

webmobile TOP