twitterの新しいプロフィールページの機能紹介|ツイートの上部固定や埋め込み機能

2016-12-10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

twitterのユーザープロフィールのページデザインが、facebookのようになると知ったのは、4月上旬。
遂に私のtwitterにも新しいプロフィールへの実装可否の通知が来て、迷うこと無く「有効」にした次第です。

パソコンのtwitterでは、自分のプロフィールページを開き、各つぶやきの「・・・」ボタンをクリックすると、下記内容が実行できるようになりました。

・ ツイート削除
・ ダイレクトメッセージで共有
・ メールで共有する
・ ツイートをサイトに埋め込む
・ プロフィールページに固定する

ここでは新しくなったプロフィールページの体裁と追加機能の特徴を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

特徴1、プロフィール画像が大きくなった

新しいプロフィールページでは、プロフィール画像が一回り大きく表示されるようになりました。facebookと同じような位置で、大きさも似てる。

アップロードするプロフィール画像用の縦横のサイズは、推奨で 縦400px × 横400px 以上との事。

特徴2、ヘッダー画像は大きな写真を用意

twitterの新しいプロフィールページの機能紹介

ヘッダー画像が画面いっぱいに表示する仕様になりました。大きく表示されるので、とっておきの写真をアップロードしたいところです。
事前に画像のトリミングをしなくてもアップロードとしたら画像の位置を調整できます。

facebookではカバー画像と言いますが、twitterではヘッダー画像と呼ぶ事に固定されたのかな?

ヘッダー画像のアップロード推奨サイズは、横1500 × 縦500px との事。

特徴3、ツイートのピン留め機能

twitterの新しいプロフィールページの機能紹介

ツイート個々の下にある”・・・”をクリックすると、3つのメニューが表示されます。

3番目の「プロフィールページに固定する」は、facebookページにある機能。
お気に入りのツイートや常にユーザーに見せたいツイートを、プロフィールページのツイートリストの1番上に固定できるようになりました。お知らせなどの情報をツイートに埋もれさせないようにできるピン留め機能です。

twitterの新しいプロフィールページの機能紹介

トップに固定されたツイートには、ツイートの左上に”固定されたツイート”と表示されます。
固定解除も同じ方法ですので安心です。

特徴4、サイトにツイートを埋め込む機能

twitterの新しいプロフィールページの機能紹介

ツイート個々の下にある”・・・”をクリックした2番目のメニューは、「ツイートをサイトに埋め込む」機能です。自身が運営しているサイトやブログに、自分のツイートを引用・掲載したい時に利用します。

特徴5、メールで共有する機能

twitterの新しいプロフィールページの機能紹介

ツイートをメールで共有する事ができます。
メールアドレスを入力するフォームが表示されますので、任意のメールアドレスを入力し、”メールを送信する”で送信ができます。

twitterもfacebookのように個性を表現できる!

twitterでは、これまで背景画像やプロフィール画像で個性を付ける事ができましたが、新しいプロフィールページでは、誰でも簡単に個性を付けられる仕様になったと思います。画像編集の知識が要らなくなり、一般の方々も写真の使い方次第で注目を浴びれるtwitterユーザーになれるのではと思います。

twitterはシンプルな機能体制は変えず、虎視眈々とパワーアップしているので、便利な機能は利用していきましょう。

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

webmobile 著者紹介

フリーランスwebデザイナーとして活動をはじめて13年。全国の私を必要としてくれる方々からWordPressでのweb制作のご依頼を頂いて活動しています。

webをはじめスマホやガジェットが大好き♪

当ブログは230記事時点で月間120万PV超えを達成しています。妻、子、プードル2匹と里山暮らし。コペン乗り。
運営者情報

気になる記事を検索

webmobileでは、格安SIM・SIMフリースマホ・SNSの使い方などを世界へ発信しています♪
運営者は普通のフリーランスwebデザイナーです。

トップページへ戻る