関連タグ:

初めてでも簡単にできる!エックスサーバーでWordPressをインストールする方法

  • はてなブックマーク 2
  • facebook 12
  • twitter

WordPressでサイトやブログを始めようと検討中でしょうか?

いざ、WordPressでサイトやブログを運営し始めても、サーバーの性能が悪くて、WordPressの管理画面の動きが遅い、サイトやブログの表示速度が遅いなど、色々とストレスを貯めている方が多々おられます。

このような方には、私はおすすめなレンタルサーバーとして「エックスサーバー」を教えています。

エックスサーバーにはWordPressに力を入れていて、快適なWordPressの管理運営に最適です。WordPressの自動インストール機能もあるので、すぐさまWordPressサイトを開設できます。

WordPressを快適に使いたい方は、エックスサーバーには10日間のお試し期間があるので、ぜひ仮申し込みをして試してみてください。

初期費用半額キャンペーン!2018年8月17日(金)18時まで。
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

当記事では、エックスサーバーのサーバーパネル(管理画面)からWordPressを自動インストールする方法初期設定WordPressに最初に入れておきたいおすすめプラグインを紹介します。

エックスサーバーで独自ドメインの登録

WordPressを自動インストールする前に、取得した手持ちの独自ドメインをエックスサーバーに登録しましょう。

エックスサーバーは、無料でドメインを1つ貰えるキャンペーンをよくやっているのでドメインを取得する前にチェックしてみてください。ドメイン更新料も無料です♪

エックスサーバーで独自ドメインを登録する方法は下記を参照してください。
独自ドメインとサブドメインを登録する方法 by エックスサーバー

エックスサーバーのサーバーパネルを開き、右上のドメイン設定をクリック。
わかりやすい!サーバーパネルの使い方 by エックスサーバー

ドメイン設定をクリック

ドメイン設定の追加をクリックして、ドメインを入力します。
右側のプルダウンメニューから「.com」「.net」「.jp」などを選んで、ドメイン設定の追加(確認)をクリックしてください。

ドメイン設定の追加(確認)

エックスサーバーへのドメインの登録完了です。簡単♪

エックスサーバーでWordPressを自動インストールする方法

さて、エックスサーバーに独自ドメインを登録したところで、登録したドメインでWordPressを使えるように自動インストール機能を使います。
エックスサーバーは、最新版のWordPressにいち早く対応しているので、安心してすぐ最新版が使えます。

kazuki

難しい事なにひとつしません!簡単にすぐWordPressをインストールできます。

サーバーパネルのメニューより自動インストールをクリックします。
WordPressをインストールしたい独自ドメインを選びます
”自動インストール”を開いたら、プログラムのインストールタブをクリックします。

ログラムのインストール

”WordPress 日本語版”とあるので、インストール設定をクリックします。

インストール設定

WordPressの”インストール場所”や”管理画面へのログイン情報”を入力します。
※ ユーザー名には「admin」やドメイン名と同じ文字列は使わないようしましょう。

メールアドレスまで入力したらインストール(確認)をクリックします。データベースは自動生成でOKです。

インストール(確認)

確認画面が開きます。”MySQLデータベース名”、”MySQLユーザー名”、”MySQLパスワード”が自動発行されます。確認したらインストール(確定)をクリックします。

インストール(確定)

WordPressのインストール完了です。ログイン情報やMySQL情報は、大切に保存(メモ)しておきましょう。

インストールしたWordPressの確認

インストールしたWordPressの確認

登録した独自ドメインのURLの後に”wp-admin/”と入力すれば、WordPressのログイン画面が開きます
https://●●●●.com/wp-admin/

WordPressの管理画面(ダッシュボード)

WordPressの管理画面(ダッシュボード)は、無事開きましたか?

以上が、エックスサーバーでのWordPress自動インストールからWP管理画面表示までの流れでした。
独自ドメインをブラウザで開くと、WordPressの初期テーマが反映され、WordPressサイトが見れるようになっております。

kazuki

決して難しい事はありません。簡単です!

エックスサーバーは、1つ契約すると1つのサーバーで複数のWebサイトを開設できます。勿論、WordPressサイトを複数開設する事が可能です。

WordPressの初期設定

インストールしたWordPressは、そのままでも利用できますが、初期設定やプラグインをインストールする事により、立ち上げたWordPressサイトの効果を一層強く引き出してくれます。

特に最初に設定しておきたい項目

  • テーマの変更(数ある公式テーマから自分好みのデザインを選ぼう)
  • カテゴリやタグの設定(スラッグはURLになるので半角英数字で)
  • パーマリンク設定(カスタム構造が良い:フォームに「/%postname%/」と入力)
  • プラグイン(拡張機能)のインストール

WordPressに最初に入れておきたいプラグイン

プラグイン(拡張機能)は、WordPressサイトを運営する上で、サイトを守ったり、SEOに強くしたり、更新作業を効率化してくれます。

kazuki

私がいつも使っているWordPressのプラグインです。おすすめ♪

  • AddQuicktag(HTMLエディターやビジュアルリッチエディターで定型入力に使用できるクイックタグを簡単に追加・管理できます)
  • Akismet(スパムコメント防止)
  • WP Multibyte Patch(日本語文字対応)
  • Admin Post Navigation(投稿画面に次の記事・前の記事を配置)
  • All-in-One WP Migration(テーマ、プラグイン、投稿記事、固定ページ、設定など全てのWordPressデータをバックアップしインポートもできます)
  • Broken Link Checker(記事内のリンク切れをお知らせ)
  • Duplicate Post(記事や固定ページの複製ができます)
  • EWWW Image Optimizer(アップした画像を画質を劣化させずに画像圧縮して表示してくれます)
  • Feedly Insight(Feedlyボタンを設置)
  • Google XML Sitemaps(サイトマップ.xmlの書き出し)
  • Meta Manager(記事のメタ情報の説明を自動表示)
  • MW WP Form(確認画面付きメールフォーム)
  • PubSubHubbub(1秒でも早く検索エンジンに更新を通知・登録!)
  • Save Editor Scroll Position(ブラウザの画面移動をしても記事の書いている場所をそのままにしておける)
  • SNS Count Cache(いいね数やツイート数、はてブ数を取得して高速表示できます。SNSボタン作成に便利)
  • WP-Optimize(データベースの自動クリーンアップなどをしてくれます)
  • Search Reget(投稿、固定ページ、テーマなどの文字を一括変換できます)
  • WP No Category Base(カテゴリのURLを省ける)
  • Yet Another Related Posts Plugin(関連記事をリストで表示)
  • Auto Post Thumbnail(記事内からアイキャッチを自動で取得して表示)

※詳しい説明・使い方はお調べ下さいm(_ _)m

セキュリティ対策としてWordPressは常に最新版を!

WordPressの旧バージョンを利用し続けるとプログラムの脆弱性を突かれ、不正アクセスの対象となる場合があります。
セキュリティ上の観点から常に最新版のWordPressを利用していきましょう
WordPressのセキュリティ対策はエックスサーバーを使えば安心だよ

最新版へのバージョンアップのアナウンスは、WordPress管理画面に表示され、そのままバージョンアップができます。
最新のWordPressは、自動バージョンアップ機能が備わっています。

高速レンタルサーバーを更に速く!

高速レンタルサーバーとして定評のあるエックスサーバーですが、更に速くする設定がサーバーパネルからできます。

mod_pagespeed設定

mod_pagespeed設定

mod_pagespeed設定」機能があり、WordPressサイトのコンテンツを最適化し、表示速度(検索クロールのページ読込高速化)を速くできます!

”設定対象ドメイン”を選んでONにしましょう。これだけで更に高速になります!
WordPressを安くで高速化するならエックスサーバーがベスト!

独自SSL化

独自SSL化が無料でできます。運営サイトがまだ「http://」の方は早目に「https://」にしましょう!
「https://」にしないとブラウザに警告がでて、ユーザーがサイトを開いた瞬間に離脱してしまいます!

エックスサーバーの管理画面から簡単にできるので独自SSL化の設定をしましょう。
独自SSLが無料!エックスサーバーで運営サイトをhttpsにする方法

kazuki

mod_pagespeed設定、使ってますか?
エックスサーバーでWordPressを使っている人もこれから使う人も、mod_pagespeed設定独自SSL化ONにして高速化を図りましょう

WordPressサイトの表示速度の高速化は、SEO対策にもユーザーのストレス軽減にも効果的です。

初期費用半額キャンペーン!2018年8月17日(金)18時まで。
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

高速化には、エックスサーバーと同じ運営元が提供しているWordPress専用レンタルサーバー「wpX」を使うのもおすすめです。
wpXというWordPress専用レンタルサーバーに移転したよ

コストパフォーマンスに優れたエックスサーバーの性能や機能を使い倒して、検索エンジンに好かれるWordPressサイト運営をしていきましょう♪

もう1記事、読んでみませんか?

 

運営者(登場人物)は、スマホ・ガジェットが大好きな実在する親子です♪

使い方・レビュー記事のアイテムは実際に買って長く使ってます♪

運営者情報

気になる記事を検索