2017-01-21

ワイモバイルのデータチャージ方法(容量の追加購入)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイモバイルデータチャージ(容量の追加購入)1回500円で500メガ自動で追加購入(快適モード)できる設定もあるよ♪

10年以上使い続けていたドコモからワイモバイルにMNPでのりかえた妻の月々の通信費は2,000円ほどになりました。

ドコモからののりかえだから”ワンキュッパ割”が適用されて月額1,980円のスマホプランS(1ギガ)を利用中♪

ワイモバイルは端末を購入しなくてもSIMカードのみ(USIM)も販売しているので、SIMカードのみで契約してZenFone3で利用しています。全く問題なく使えていますよ♪

ワイモバイルの格安SIMは、人気のiPhone SEやiPhone7/7 Plusでも利用できます。
ワイモバイルのSIMを買えばSIMフリーのandroid/iPhoneが使えるよ

ワイモバイルに申し込んだ際、今も継続して行われている容量2倍のキャンペーンですが、1ギガを超過した時点で速度制限がかかり低速になってしまいました。

ワイモバイルの低速モードは下り128kbps。これは遅いです(笑)

私の妻は機械音痴なので、詳しい人のサポートが必要なのですが、速度制限で低速になったところで「速度が遅くなったんだけど?」と伝えられました。

2ギガ使えるのに「なぜだ?」と思ってワイモバイルのサポートページを確認したら「データチャージ」をしなくてはならないとの事!

ワイモバイルのデータチャージは、1回500円で500メガチャージ(容量の追加購入)ができるのですが、容量2倍キャンペーンで2回分は無料だけど、手動でデータチャージをしなくてはいけないようです。
※ 容量が0になったら自動でデータチャージをする「快適モード」もあります(設定が必要)

ふむ、これはスマホ初心者や年配の方には敷居が高いぞ…。

月間データ使用容量を超過した際は、ワイモバイルからメールで連絡が来るので、まだ親切ではありますが、「My Y!mobile」にアクセスをして、データチャージ手続きをするのはなかなか難しいこと。

データチャージ方法を知らずに無料分を使えてない人…チャージが必要というメールを忘れている人…いるんじゃないかなー?

当記事では、ワイモバイルと契約したら必ず覚えておきたい「ワイモバイルのデータチャージ方法(容量の追加購入)」について紹介します。

スポンサーリンク

My Y!mobileへアクセスする方法

ワイモバイルのお客さま専用ページである「My Y!mobile」は、PCからでもスマホからでもログインができます。

しかし、使っている端末によってログイン画面へ遷移する過程に違います。

My Y!mobile」への新規登録方法は下記ページで解説しています。
ワイモバイルのMy Y!mobileへの新規登録方法

My Y!mobileへアクセス

自分が使っている端末を選びましょう。

妻は、”USIMカード”を使っているので、その他からUSIMカード単体を選択。
My Y!mobile」ページが開きます。

ワイモバイルお客さま専用サイト My Y!mobile

ワイモバイルお客さま専用サイト「My Y!mobile」にログインできたらこのような画面が表示され、お客様基本情報や利用料金、利用状況などの確認・手続きができます。このページから容量のデータチャージも行えます。

2017年1月の利用料金が4,000円もしているのは何故でしょうか?

ワイモバイルのデータチャージ方法(容量の追加購入)

My Y!mobile」にログインできたという事で、容量が0になって速度制限で低速になってしまったのを高速通信に戻すべく、データチャージ(容量の追加購入)をします。

データチャージ方法はスマホの画面で紹介します。
スマホで「My Y!mobile」にログインしてください。アプリもありますがブラウザへのショートカットなのでインストールするまでも無いですw

My Y!mobile」トップ画面のページの中段に通常速度に戻す申込があるのでタップします。

通常速度に戻す申込

”通常速度に戻す申込”ページが開くので下部へスクロール。

”通常速度に戻す申込”ページ

申込があるのでタップします。

申込があるのでタップ

データチャージ完了!

データチャージ完了!

OKをタップすると「ご利用状況」ページへ遷移します。

”通信速度低速化までの残りデータ量”の項で、500メガ分のデータ容量がチャージされた事がわかります。実際には10メガ少ないです。

通信速度低速化までの残りデータ量

データチャージをしたら高速通信ができるようになるのですが、約5分くらいで通常の高速通信に戻ります

データチャージ(容量の追加購入)は予約ができるよ

急なデータ容量0を迎えてあたふたしない為に、データチャージ(容量の追加購入)は予約ができます。

”ご利用状況”ページの”通信速度低速化までの残りデータ量”の右側に予約があるのでタップします。

ご利用状況

申込をすると予約完了となり、データ容量0になっても自動で500メガがチャージされます。状況に応じて予約をしておきましょう。

データチャージ(容量の追加購入)の予約はキャンセルもできるよ

データチャージ(容量の追加購入)の予約はキャンセルもできるよ

データチャージの予約はキャンセルもできます。
状況に応じてチャージが不要になった場合は、”ご利用状況”ページからキャンセルをタップすれば予約をキャンセルできます。

ワイモバイルの料金確認

2017年1月のワイモバイルの利用料金が4,000円になってしまった…どうしてか?

これは1回500円のデータチャージを4回したからという事です。利用明細には”その他”になっててわかりにくいですが、データチャージ4回分の金額になります。

データチャージ(容量の追加購入)の料金確認

データチャージを2回以上する方は、スマホプランSからM、MからLへとプラン変更をする方がコストはかからないのでプラン変更をしましょう。

って他人事じゃなく、プラン変更をしておきたいと思います。

4回データチャージすれば2,000円。ワイモバイルのスマホプランSのひと月分の利用料金です(汗)

快適モード|自動でデータチャージをする方法

ワイモバイルのデータチャージ(容量の追加購入)は、知らず知らずのうちにデータチャージで課金されてしまわないように手動でする事がおすすめですが、手続きを不要にできる自動化もできます。

快適モード|自動でデータチャージをする方法

自動でデータチャージをして常に高速通信をしている状況の事を「快適モード」といい、速度制限がかかった下り128kbpsの低速通信の状態を「制限モード」といいます。

制限モード

「快適モード」の設定は、”ご利用モードの設定”からでき、回数(1~10回、無制限)を選んで次へをタップし、確認ページで設定をタップすれば設定完了です。

回数(1~10回、無制限)

無制限は後が怖いのでやめておきましょうw

My Y!mobile」では、”一定額お知らせメール”機能があるので上限金額を設定しておくと安心でしょう。

データ容量節約の為、制限モードに設定する事もできます。

以上、「ワイモバイルのデータチャージ方法(容量の追加購入)」についてでしたが、概ね流れは理解できたでしょうか?

機械音痴、スマホ初心者の方にとったら「My Y!mobile」にログインする事さえ困難な事だと思いますが、ワイモバイルを利用する上で、お客様基本情報や利用料金、利用状況などの確認方法はしっかり覚えておきたいとこ。

データチャージも自分でできるようにならないとです♪

ワイモバイルの詳細については下記記事でも紹介しています。
ワイモバイル(ymobile)が安いのでMNPで乗り換えよう!
ワイモバイルの端末ラインナップ!初心者向けスマホが豊富

データチャージで思いもよらない出費が発生しないように注意していきましょう。参考になれば幸いです。

人気記事もチェック!

webmobile 著者紹介

著者はフリーランスwebデザイナーとして活動をはじめて13年。
webをはじめスマホやガジェットが大好き♪
妻、子、プードル2匹と暮らしてます。
運営者情報

気になる記事を検索

トップページへ戻る