webmobile 編集部

ZenFone 2 Laserを買ったのでスペックや特徴をレビュー!

  • はてなブックマーク 1
  • facebook 0
  • twitter

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)を買いました!

ZenFone 2 Laserは、2016年10月7日から”au VoLTE”に対応。UQモバイルで購入できるようにりました。2016年7月22日に配信されたポケモンGOにも対応しています。

ZenFone 3 LaserがUQモバイルより発売されています!料金は19,800円!5.5インチフルHDワイド液晶、指紋認証、SONY製IMX214センサ搭載、大容量4ギガメモリ、au VoLTE対応で、スペックも外観デザインもグレードアップしているので、今買うならZenFone3 Laserです♪
ZenFone3 Laserの特徴やスペック!UQモバイルで安く買おう

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)は、5.0インチで女性でも手に持ちやすく、高性能で動きが速く、バッテリー持ちにも優れ、バランスの取れた万人受けするSIMフリースマホで、レーザーオートフォーカスの高性能カメラを備えています♪

一括での購入価格は、1万円台となっており凄くリーズナブルです。
日本製のスマホやiPhoneと比べると、かなりコストパフォーマンスが良いでぴtす♪

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)を購入した大きな理由としては、これまでauで提供されてきたHTCシリーズのスマホを使ってきましたが、私が重要としているカメラ機能が、スマホがリリースされるたびに退化してきている、私の理想とは外れてきている感がありましたので、カメラ機能に優れたスマホを探していて、丁度運命のように現れたのが「ZenFone 2 Laser(ZE500KL)」でした。

当記事では、「ZenFone 2 Laser(ZE500KL)」について、仕様、開封の儀、設定、カメラの紹介を中心にレビューを書きたいと思います。

スポンサーリンク

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)の特徴

まずは、ZenFone 2 Laser(ZE500KL)の特徴を紹介します。

  • 性能の割りに本体価格が安い!
  • カメラの性能が向上(背面カメラ1300万画素/前面カメラ500万画素)
  • レーザーオートフォーカス(起動が速く、ピントがすぐ合う)
  • 最新のandroid5 OS が使える
  • 片手で快適に操作できる(片手操作モード)
  • 使いやすいASUS独自のユーザーインターフェース(Zen UI)
  • 複数のSIMが使える(デュアルSIM(マイクロSIM×2))
    SIMスロット1、SIMスロット2ともに4G/3G/2G回線に対応(同時使用は不可)
  • 対応バンドが多い。docomo/docomo系MVNO(格安SIM)で使える!
  • データ通信・音声通話・テザリングが可能
  • PixelMaster 2.0(暗がりや逆光、動く被写体をを逃さずに撮影)
  • デュアルカラーLEDフラッシュとリアルトーンフラッシュ機能で自然な明るさと色味の写真を再現
  • ポケモンGO対応してます(ARモード未対応)

上記が主な特徴です。

いかがでしょうか?欲しくなってきましたか?

デメリットとしては、バッテリーの取り外しは可能ですが、交換は端末をASUSに郵送する必要があります(汗)
また、au系SIMでは使えません。

また、GPSの感度?が鈍いように思いました。

ZenFone 2 LaserをUQモバイルで使う料金

これからの時代は、キャリア・MVNO(格安SIM)を先に選ぶのではなく、使いたいスマホを先に選ぶ時代です。
気に入ったスマホを取り扱っている会社があれば、SIMとスマホのセット購入でアフターサポートを受けられる事もあります。サポートスピードもスムーズ…。

中でも、au MVNOの「UQモバイル」では、スマホ本体がセットになった”ぴったりプラン”があり、月額料金1,980円~で、データ通信も音声通話もスマホ本体も使っていけます。また、UQモバイル契約者は、公衆無線LAN(WiFiスポット)も無料で使えます♪

UQモバイルのぴったりプラン

UQモバイルのぴったりプランは、下記内容がセットになっています。音声通話の無料通話がたくさんできるので、SIM単体を購入するよりお得です。

ぴったりプラン(最大2年間)
★ データ容量2ギガ/月
★ 国内無料通話2,400円分(60分) (通常:20円/30秒)
★ VoLTE対応格安スマホ1台(arrows m02、iPhone 5s,arrows m03)
★ ターボON時 高速150Mbps
★ ターボOFF時 低速300kbps無制限
★ 人気アプリ10個使い放題

ZenFone 2 LaserをUQモバイルで使う料金は下記になります。

ZenFone 2 Laser(ぴったりプラン+端末購入アシストを利用する場合)

ZenFone 2 Laser(ぴったりプラン+端末購入アシストを利用する場合)

ドコモ・ソフトバンク・別の格安SIMからMNPされる方は、1年目は月額1,980円でZenFone 2 Laserを利用できます。本体代はマンスリー割りで無料になっています。
2年目からは月額2,980円になります。

ZenFone 2 Laser(端末購入アシストを利用しない場合)

ZenFone 2 Laser(端末購入アシストを利用しない場合)

既にZenFone 2 Laserをお持ちの方、一括でZenFone 2 Laserを購入される方で、ドコモ・ソフトバンク・別の格安SIMからMNPされる方は、1年目は月額1,230円で利用できます。本体代はマンスリー割りで無料になっています。
2年目からは月額2,230円になります。

au MVNO「UQモバイル」は、通信速度も接続安定度もMVNOの中で1番なのでおすすめです♪

カメラ起動が速く、狙った被写体をレーザーオートフォーカスがすぐとらえるので決定的瞬間も逃しません!後は腕だけ♪

ZenFone 2 LaserとZenFone5の比較

下記表は、ZenFone 2 LaserとZenFone5の比較表です。

ZenFone 2 LaserはZenFone5の後継機と言われていますが、カメラ、バッテリー容量、デュアルSIM機能等々を見れば、パワーアップされている事がわかると思いますw

スマホ ZenFone 2 Laser(ZE500KL) Zenfone 5(A500KL)
カラー ブラック、レッド、ホワイト ブラック、ホワイト
SIM MicroSIM×2
SIMスロット1, 2ともに4G/3G/2G回線に対応
SIMカード2枚同時使用は不可
MicroSIM×1
OS Android 5.0.2(Lollipop) Android 4.4(Kit Kat)
CPU Qualcomm® Snapdragon 410
1.2GHz, クアッドコア
Qualcomm Snapdragon 400 1.2GHz, クアッドコア
GPU Qualcomm Adreno 306 Qualcomm Adreno 305
ディスプレイ 5.0インチ (720×1280)HD IPS Corning Gorilla Glass 4 5.0インチ(720×1280) IPS IPS Corning Gorilla Glass 3
メモリー 2GB / eMMC:16GB 2GB(eMMC)
ストレージ 16GB(eMCP) 16GB or 32GB(eMMC)
外部メディア規格/最大容量 microSD/128GB (microSDXC, microSDHC, microSD) microSD/64GB
(microSDXC, microSDHC, microSD)
カメラ 背面:1,300万画素、前面:500万画素
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
背面カメラ:800万画素
前面カメラ:200万画素
サイズ 約143.7 ×71.5 ×10.5mm (最薄部3.5mm) 約148.2 × 72.8 ×10.34mm (最薄部5.5mm)
バッテリー容量 2400mAh(取り外し可能) 2110mAh(取り外し不可)
重量(バッテリー装着時) 約145g 約145g
通信機能 [LTE]:Band 1, 2, 3, 5, 6, 8, 9, 18, 19, 28
[W-CDMA(HSPA+)] : Band 1, 2, 5, 6, 8, 19
[LTE] Band 1, 3, 7, 8, 19
[W-CDMA(HSPA+)] Band 1, 2, 5, 6, 8, 19
テザリング Wifi / Bluetooth / USB Wifi / Bluetooth / USB
GPS GPS, GLONASS, BeiDou GPS, GLONASS
センサー類 加速度センサー / 近接センサー / 光センサー / 磁気センサー / 電子コンパス 加速度センサー / 近接センサー / 光センサー / 磁気センサー / 電子コンパス

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)の開封の儀

2015-08-11 14.29.08

それでは、ASUS Shopで注文をして2日で到着しましたので、開封の儀をしますw

「IIJmio SIMカード」がプレゼントとして付随しています。
実際にはSIMカードじゃなくて、エントリーコードです。

2015-08-11 14.41.36

久しぶりにスマホを購入しました。
これまでHTCスマホを使っていましたが、初めてのASUSスマホです。
スマホにはフィルムがまかれていました。

2015-08-11 14.43.31

スマホを箱から取り出すと下記付属品が入っています。

● 製品保証書(購入日より12か月)
● ユーザーマニュアル
● USB ACアダプターセット
● イヤホンマイク
● 「Android搭載製品のアップデートについて」の紙
● 「必ず初めにおよみください」の紙
2015-08-11 14.44.46

「必ず初めにおよみください」の紙には、ASUSコールセンターの電話番号が記載されています。

Tel:08001232787
受付時間:平日 9時~18時、土日 9時~17時

初期不良、故障などのトラブル、設定方法や使用上の質問などができます。

2015-08-11 14.45.12

ユーザーマニュアルにはひと通り目を通しておきましょう。

2015-08-11 14.45.51

ZenFone 2 Laserを横から撮影。
薄さは10.5mmです。側面のボタンは電源ボタン以外ありません。

2015-08-11 14.46.34

背面にはカメラのフラッシュ、レンズ、センサー、ボリュームボタンなどがありあす。

2015-08-11 14.51.24

側面に溝があるのですが、裏蓋を空けるのに手こずりました(汗)
「ほんとに空くの?」なんて(笑)

なんとか開けました。

2015-08-11 14.53.00

バッテリーを外すのにも手こずりました。
「これほんとに取れるの?」なんて(笑)

何かひっかけるものが無いと厳しいです。

2015-08-12 21.39.28

新しいスマートフォンを購入するにあたり、64ギガのmicroSDXCを購入しました。

2015-09-07 12.45.23

microSDXCを挿入する場所が最初はわかりませんでした(汗)
まさかSIM1挿入口の上に重ねるように挿入させるとは!初めてで斬新!

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)はデュアルSIM対応で、SIM挿入口が2つあります。
どちらにSIMを挿入してもかまいません。

SIMスロット1、SIMスロット2ともに4G/3G/2G回線に対応していますが、同時使用はできません。
MVNO(格安SIM)の国内向けSIMと海外向けSIMを挿入しておくのも良いと思います。

Screenshot_2015-09-07-13-11-01

SIMは、au VoLTE、ドコモMVNO(格安SIM)のSIMを利用できます。

2015-08-11 14.54.28

SIMとmicroSDXCを挿入し、裏蓋を閉じたらスマホの電源をオン!
初期設定が始まります。

2015-08-11 14.54.57

”モバイルネットワーク/Wifi経由のインターネット接続”画面が表示されます。
Wifi接続のある場所でWifiにつなげて設定を進めていきましょう。

2015-08-11 14.55.42

Googleアカウントでログインします。

2015-08-11 14.58.27

Googleアカウントでログインすると、これまで使っていたスマホ(HTL23)の情報を引き継ぐ事ができます。
インストールしていたアプリなどが自動でインストールされるのでラクです。

HTL23にプリインストールされていたau独自のアプリもインストールされました(笑)後で削除しましょう。

2015-08-11 14.58.50

ASUSアカウントを作成すると、容量5GBのクラウドストレージが利用できるようになります。

2015-08-11 15.01.12

また、GoogleDriveの100GB無料ストレージも2年間利用できます。

2015-08-11 15.11.26

ホーム画面まで進めたら、WifiではなくSIMのデータ通信を接続する為、APN設定をします。

設定 ⇒ もっと見る ⇒ モバイルネットワーク ⇒ アクセスポイント名の順でタップすると、SIM1とSIM2の設定画面が開きます。

SIMを挿入しているSIMスロットがアクティブになっていて、各MVNO(格安SIM)を選択する画面があるので、挿入したSIMのMVNO名を選択します。
リストに無ければ新規追加で直接入力する事ができます。

私が利用する「mineo」はリストに無かったので、新規追加をしました。設定してホーム画面に戻ればデータ通信が開始されます。

一応、スマホの再起動をすれば、スムーズにデータ通信ができると思います。

初期設定を終えたホーム画面。これまで使っていたHTL23のホーム画面とアプリの数、壁紙が同じになりましたw

Screenshot_2015-08-28-01-13-47

クイック設定画面も見やすいUIです。

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)の持ちやすさ&片手操作モード

2015-09-07 15.20.13

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)の持ちやすさとしては、華奢な私の手のひらでもしっかり掴める事ができます。女性が持つにはちょっと大きいかな…。

重量はバッテリー装着時で、約145gですが重くもなく軽くもなくといった印象。

ZenFone 2 Laserには、手のひらが小さい、指が短いって人にも優しさが込められていて、片手操作モードが備わっており、液晶に移される画面を縮小する事ができます。

Screenshot_2015-08-28-00-46-50

設定 ⇒ ASUSカスタマイズ設定 ⇒ 片手モードと開き、クイックトリガーをオンにし、ホームボタンのダブルタップすれば片手モードが使えます。

画面を縮小して指の届きやすい場所に移動させたりする事ができるので、ぎっちょな私にも便利な”片手操作モード”です♪

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)の設定

初めてのASUSスマホなので、ZenUIも初めてだし設定も初めて。
設定で便利なものを自分好みに更に使いやすくしていきましょう。

設定画面を紹介します。

Screenshot_2015-08-28-00-16-22

無線とネットワーク

Wifi

Wifi接続をします。

BlueTooth

周辺のBlueTooth機器と接続します。

デュアルSIMカード設定

SIM1とSIM2の設定、切替をします。

通話設定

ブロック設定、ブロックリスト管理、着信音の変更、着信転送、通話制限、通話自動録音、ボイスメールなどの設定ができます。

データ通信量

モバイルデータ通信のONOFF、モバイルデータ通信の上限設定、通信量の確認、アプリ利用状況の確認などができます。

もっと見る

機内モード、USBテザリング、BlueToothテザリング、APN設定などができます。

端末

簡単モード

簡単モードは文字やアイコンが大きく表示され、よく使う機能を簡単な操作で利用する事ができます。
お子さん、お年寄り向けの機能だと思いますw

おやすみモード

通話着信時、通知受信時に、アラームなどのルールを設定できます。

ホーム

UIの変更・切替ができます。

ディスプレイ

フォント、明るさ、壁紙、スリープ時間などの変更。充電ランプ、スクリーンセーバー、画面の自動回転のONOFFができます。

音声と通知

メディア・アラーム・着信音の音量変更、音色の変更ができます。バイブレーションのONOFF。

ASUS Cover

別売りのZenfone 2 Laser専用カバー向けのアプリの設定ができます。
カバービュー表示、ロック・ロック解除のONOFF。

ストレージ

内部ストレージ、SDカードのストレージなどの容量の確認ができます。

アプリ

ダウンロード済み、移動可能なアプリ、実行中のアプリの確認ができます。
個々のアプリの強制停止、アンインストール、キャッシュの削除ができます。

ユーザー

スマホを使用できる権限を作成できます。自分(所有者)は勿論、ゲストの追加ができます。

ZenMotion

タッチジェスチャーのONOFF。

Screenshot_2015-08-28-00-42-40

スリープ画面で文字を書く事で、指定のアプリをクイック起動させます。

電池

電池消費量・時間をグラフで確認できます。

Screenshot_2015-09-01-15-37-00

右上のボタンをタップすると、「電池残量をパーセントで表示」のチェックボタンがあります。
チェックを入れるとステータスバーに電池残量のパーセントが表示されます。

電源管理

パフォーマンスモード、バランスモード、スマート節約モード、超省電力モードなどの切り替えができます。

ASUSカスタマイズ設定

マルチタスクボタンの設定、片手モード、手袋モード、アプリインストール先の設定、クイック設定パネルの設定などができます。

ユーザー設定

位置情報

GPSのONOFF。

セキュリティ

暗号化、SIMカードロック設定。
デバイス管理、認証情報ストレージの確認など。

ロックスクリーン

画面のロック、SmartLock設定。
クイックアクセスのカスタマイズ。
インスタントカメラのONOFF(音量ボタンでダブルクリックする事で、カメラをすぐ起動させます)

アカウント

連携しているアプリが表示されます。

言語と入力

言語の切り替え。
ATOK for ASUS、Googleキーボード、Google音声入力、Google日本語入力などの入力ツールの切り替え。
音声入力の設定。

バックアップとリセット

データのバックアップ。
バックアップ用アカウントの選択。
アプリ再インストール後の自動復元。
データの初期化。

システム

日付と時刻

日付と時刻の自動設定、タイムゾーンの自動設定、24時間表示のONOFF。
日付形式の選択。

ユーザー補助

TalkBack…音声で応答があるので、目の不自由なユーザーの助けになる機能。
スイッチアクセス…設定可能なキーの組み合わせを使用して端末を制御できる機能。
Clean Master…大幅にバッテリー寿命を延長するために使用されていないアプリを休止状態にできる機能。
字幕、拡大操作、電源ボタンで通話を終了などのONOFF、他。

印刷

クラウドプリントが利用できます。

ZenUIアプリの更新

ASUS ZenFoneにプリインストールされているASUS関連アプリの更新確認ができます。

端末情報

システム更新、端末の状態、モデル番号、androidバージョン、ハードウェア・ソフトウェア情報の確認ができます。

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)のカメラの魅力

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)のカメラの魅力

私がZenFone 2 Laser(ZE500KL)を購入する決め手としたのはカメラ機能です。

事前調査では、カメラに力を入れているスマホって事で、興奮した覚えがあります(笑)
最近のスマホは、自撮りに力を入れてるスマホばかりでがっかりしていた次第です…H●Cとか…。

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)の背面カメラは、1,300万画素で、レーザーオートフォーカスが最大の魅力です!
レーザーオートフォーカスによりフォーカス合わせが高速にできます!

デュアルカラーLEDフラッシュ、リアルトーンフラッシュ機能、PixelMaster 2.0なども搭載されていて、写真のクオリティを上げてくれます!

私は一般の人達よりも写真を撮る事が多いので、機能も撮影モードも豊富で、とても便利に撮影ができています。
マニュアル撮影、GIFアニメーション、スマートリムーブ、低速度撮影などが楽しいです。

カメラ機能の詳細なレビューは、自撮りに特化したSIMフリースマホ「ZenFone Selfie」のカメラでレビューします。
ZenFone 2 Laserと同じです。
自撮りに特化したSIMフリースマホ「ZenFone Selfie」のカメラをレビュー!

以上、いつものように長くなりましたが、ZenFone 2 Laser(ZE500KL)のレビューでした。

もう1記事読みませんか?

気になる記事を検索

webmobile TOP