ZenFone3 Laser レビュー!UQモバイルで安く買おう

2017-01-11 2,095 view
  • はてなブックマーク 0
  • facebook 0
  • Google+ 0
  • Pocket 2
  • twitter
ZenFone3 Laserは、ASUSショップでは27,800円しますが、UQモバイルなら19,800円で買えます♪

UQモバイルが4ギガメモリでカメラに特化したASUS製スマホ「ZenFone3 Laser(ZC551KL)」の販売を開始したので、特徴や料金プランも合わせてレビューします!

ZenFone3 Laserは、2015年8月8日にASUSより発売されたZenFone2 Laser(ZE500KL)の後継機
UQモバイルでは、ZenFone3 Laserは19,800円、ZenFone2 Laserは18,100円で購入する事ができます。
ZenFone 2 Laser レビュー!1万円代で買えるUQモバイルの格安スマホ

ZenFone2 Laserを購入しようとしている方はちょっと待った!

ZenFone3 Laserは5.5インチとZenFone2 Laserの5インチより大きくなりましたが、フルHDワイド液晶、指紋認証、SONY製IMX214センサ搭載、大容量4ギガメモリ、au VoLTE対応で、スペックも外観デザインもグレードアップしているので、今買うならZenFone3 Laserでしょう♪

ドコモやソフトバンクなどのキャリアからMNP(ナンバーポータビリティ)でUQモバイルに乗り換えると、”データ通信(2ギガ)+無料通話(90分)+ZenFone3 Laser本体代”がセットになった”ぴったりプラン”だと月額2,480円、容量3倍の”たっぷりプラン”だと月額3,480円で使えます。
UQモバイル「ぴったりプラン」の料金比較

ZenFone3 Laserは、ZenFone3にZenFone3 Deluxeと比べると、カメラの画素数やCPUスペックが若干劣りますが、第2世代レーザーオートフォーカスや電子式手振れ補正機能(EIS)、大容量の4GBメモリーなど、負けず劣らずの性能もあり、これが2万円以下で使えるのは凄くお得だと思います。

日本製のスマホやiPhoneと比べると、かなりコストパフォーマンスに優れていると言っても良いでしょう♪

au MVNO「UQモバイル」では、ZenFone3が34,800円、ZenFone3 Deluxeが50,800円、ZenFone 3 Laserが19,800円となっていて、どれもASUSショップより安いのでお得です。

UQモバイルが始まった頃は端末が少ないのが弱みだったのですが、ZenFone Go、ZenFone2 Laser、ZenFone3、ZenFone3 Deluxe、ZenFone3 LaserとUQモバイルのZenFoneスマホの攻勢に、ユーザーとして嬉し限りです♪

ZenFone3 Laser(ZC551KL)の特徴

まずは、ZenFone3 Laser(ZC551KL)の特徴を紹介します。

  • 本体価格19,800円!高コスパです!
  • カメラの性能が向上(背面カメラ1300万画素/前面カメラ800万画素)
  • 第2世代のレーザーオートフォーカス搭載(起動が速く、ピントがすぐ合う)
  • 大容量4ギガメモリとオクタコアCPU(8コア)を搭載
  • 指紋認証機能搭載でロック解除が簡単スムーズ!セキュリティもばっちり!
  • 色彩補正センサー・リアルトーンフラッシュ搭載
  • 複数のSIMが使える(デュアルSIM(microSIM×1,nanoSIM×1))
  • 対応バンドが多い。au VoLTE対応。
  • ジャイロスコープ搭載で、ポケモンGOARモード対応

いかがでしょうか?欲しくなってきたでしょ?

ZenFone2 Laserを私は使っていましたが、ZenFone3 Laserの進化に喜んでいます。

ZenFone3 LaserとZenFone2 Laserの比較

下記表は、ZenFone3 LaserとZenFone2 Laserの比較の比較表です。

スマホ ZenFone3 Laser(ZC551KL) ZenFone2 Laser(ZE500KL)
カラー ゴールド、シルバー ブラック、レッド、ホワイト
SIM microSIMスロット×1、nanoSIMスロット×1
SIMスロット1, 2ともに4G/3G/2G回線に対応
SIMカード2枚同時使用は不可
MicroSIM×2
SIMスロット1, 2ともに4G/3G/2G回線に対応
SIMカード2枚同時使用は不可
OS Android 6.0.1 Android™ 5.0.2
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430
1.4GHz/オクタコア
Qualcomm® Snapdragon 410
1.2GHz, クアッドコア
GPU Adreno™ 505 Adreno 306
ディスプレイ 5.5型ワイド(1,920×1,080ドット (フルHD))
TFTカラータッチスクリーン
IPS液晶 (LEDバックライト)
Corning® Gorilla® Glass 3
5型ワイド(1,280×720ドット (HD))
TFTカラータッチスクリーン
IPS液晶 (LEDバックライト)
Corning® Gorilla® Glass 4
アンチフィンガープリント フルラミネーションディスプレイ
メモリー 4GB 2GB
ストレージ 32GB(eMCP) 16GB(eMCP)
外部メディア規格/最大容量 microSDXC、microSDHC、microSD/128GB microSDXC、microSDHC、microSD/128GB
カメラ (アウトカメラ)
1,300万画素Webカメラ内蔵、レーザーオートフォーカス、デュアルカラーLEDフラッシュ
(インカメラ)
800万画素Webカメラ内蔵
(アウトカメラ)
1,300万画素Webカメラ内蔵、レーザーオートフォーカス、デュアルカラーLEDフラッシュ
(インカメラ)
500万画素Webカメラ内蔵
サイズ 高さ約149mm×幅約76mm×奥行約7.9mm 高さ約143.7mm×幅約71.5.mm×奥行約3.5mm~10.5mm
バッテリー容量 3,000mAh(取り外し不可) 2,400mAh(取り外し可能)
重量(バッテリー装着時) 約150g 約145g
通信機能 FDD-LTE:1,2,3,5,6,7,8,18,19,28
TD-LTE:38,41
W-CDMA:1,2,5,6,8,19
TD-SCDMA:34,39
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
LTE:1, 3, 5,6,8,9,18,19,28
W-CDMA(HSPA+):1,2,5,6,8,19
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
センサー GPS(GLONASS、Beidouサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、磁気センサ、近接センサ、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサ GPS (GLONASS、BeiDouサポート)、電子コンパス、光センサ、加速度センサ、近接センサ、磁気センサ
入力機能 ポインティングデバイス:10点マルチタッチ・スクリーン (静電容量方式) ポインティングデバイス:10点マルチタッチ・スクリーン (静電容量方式)

ZenFone3 LaserとZenFone2 Laserを比較すると、メモリやCPUのグレードアップによる動作の軽快さとバッテリー消費の抑制をはじめ、ZenFone3シリーズならではの高級感のあるデザインも注目すべきところです。

ZenFone3から搭載された画面ロック解除がスムーズにできる指紋認証機能は凄く便利です。

ZenFone3 Laser(ZC551KL)の開封の儀

ZenFone3 Laser(ZC551KL)の開封の儀

ZenFone3 Laserの開封の儀を執り行いますw

化粧箱は、ZenFone3とZenFone3 Deluxeのとは違い、ZenFone2シリーズと同じタイプ。

ZenFone3 Laserを箱

ZenFone3 Laserを箱から取り出すと下記付属品が入っています。

● 製品保証書
● ユーザーマニュアル
● USB ACアダプターセット
● イヤホンマイク
など
ZenFone3 Laserはどれでしょう?

ZenFone3 Laserはどれでしょう?

ZenFone3 Laserのレビューですが、左からZenFone3、ZenFone3 Deluxe、ZenFone3 Laserを比べていきます。

ZenFone3は5.2インチ、ZenFone3 DeluxeとZenFone3 Laserは5.5インチです。
3つを横に並べるとあまり外観や画面の大きさは変わらない印象です。

ZenFone3 DeluxeとZenFone3 Laserの前面はほぼそっくり。スピン加工でキラキラしてるのがZenFone3 Deluxeという感じです。

ZenFone3 Laserのディスプレイ上部には、受話レシーバー、近接/光センサ、800万画素のフロントカメラ、充電/通知ランプが配置されています。

同じ5.5インチでもiPhone7Plusは大きい

同じ5.5インチでもiPhone7Plusは大きいです。

ZenFone3 Laserのカメラは1,300万画素

背面には、カメラ、レーザーオートフォーカス、RGBセンサー、LEDフラッシュ、指紋センサーが配置。

ZenFone3とZenFone3 Deluxeのカメラは1,600万画素。ZenFone3 Laserのカメラは料金が安いせいか1,300万画素です。
第2世代レーザーオートフォーカスは同じです。
どれもカメラが盛り上がっているので、置く時はゆっくりおきましょう。
裏蓋は開きません。

ZenFone3 DeluxeとZenFone3 Laserの背面の違い

ZenFone3 DeluxeとZenFone3 Laserの背面の違いとしては、ZenFone3 Laserには裏蓋の上下に横ラインが入っています。

SIMカード・microSDの挿入口

左側面にはSIMカード・microSDの挿入口があります。
上:ZenFone3
中:ZenFone3 Laser
下:ZenFone3 Deluxe

ボリュームボタン、電源ボタンが配置

右側面にはボリュームボタン、電源ボタンが配置。

マイク、micro USBポート、スピーカーが配

下側面には、マイク、micro USBポート、スピーカーが配置。
ZenFone3 Laserは、USB Type-Cポートではありません。

マイクと大きな穴のイヤホンジャックが配置

上側面には、マイクと大きな穴のイヤホンジャックが配置されています。防水防塵ではありませんw

ZenFone3 LaserのSIMカードスロット

ZenFone3 LaserのSIMカードスロット。
microSDカードとnanoSIMカードを1枚ずつ挿入できます。

しかし、ZenFone3・ZenFone3 Deluxe同様、SDカードを使う場合は、SIMは1枚しか使えません(汗)

SIMスロット1は、microSIMの型になっているので、nanoSIMをお持ちの方は、SIM変換アダプターがあれば挿入できます。

ZenFone3 LaserはデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)なので、キャリアのカケホーダイSIMと格安SIM格安SIMと格安SIMのコンビなど用途に合わせて使えます。

しかし、UQモバイルの”ぴったりプラン・たっぷりプラン”ならデータ通信も音声通話もできるのでSIM1枚でOKです♪

2016-11-23-11-37

SIMの確認をしたらZenFone3 Laserを起動して、WiFiに接続してセットアップを進めていきましょう。

androidスマホでは、セットアップ時に機種変更前のスマホのアプリ情報などを引き継ぐ事ができます。

機種変更前のスマホの「付近の端末の設定」で、ZenFone3 Laserを認識させれば引き継ぎ作業が始まります。

ZenFone3 DeluxeとZenFone3 Laser

左:ZenFone3 Deluxe
右:ZenFone3 Laser

ZenFone3 Laserのクイック設定オプション画面。ZenFone3 DeluxeにあるNFC機能は非対応です。

ZenFone3 Laser(ZC551KL)の主な設定

ZenFone3 Laser(ZC551KL)の主な設定として下記は覚えておきたいところ。

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)

Zenfone3から備わったデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)です。
活用すればスマホ2台持ちを1台にまとめる事ができます。
電話用のSIMとデータ通信用のSIM、仕事用のSIMとプライベート用のSIMを使い分けたりする事ができます。

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)の設定方法は下記。

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)

設定といってもSIMを2つ差せば自動で認識されます♪

必要に応じてSIMに役割を与える事ができます。
音声呼び出し(音声通話)やSMSの利用にはSIM1を。
データ通信はSIM2で行うという具合に優先するSIMの設定ができます。

SIM1の着信をSIM2に転送する事もできるので用途に応じで活用しましょう。

指紋認証機能(指紋の登録方法)

こちらもZenfone3から備わった指紋認証機能ですが、凄く便利です。
画面ロック解除が1秒もせず、パッとできるので、いちいちパスワードやパターンを入力する手間を省けます。

指紋は必ず登録しておくのがおすすめです。登録方法は下記。

ZenFone3 Laser 指紋認証機能

指紋の管理画面で指紋を追加をタップ。

ZenFone3 Laser 指紋の登録方法

指を認証が100%になるまで指紋センサーにあてて登録します。
指紋は5個まで登録できるので、左右の人差し指や中指あたりを登録しておきましょう。

スマホを複数人で使う場合は、5人までの指紋を登録できるので活用しましょう。
まだ使った事がない人はぜひ試して貰いたい指紋認証機能。凄くラクになります♪

ZenFone3 Laser(ZC551KL)のカメラモード

ZenFone3 Laser(ZC551KL)のカメラの魅力

ZenFone2 Laserが発売された時もそうでしたが、カメラに力を入れているスマホは大注目しています!
一眼レフカメラを持っていましたが、性能の良いスマホが出てきて、一眼レフカメラは部屋のオブジェ状態に。

ZenFone3 Laserの背面カメラは、1,300万画素で、超高速 0.03秒 レーザーオートフォーカスが最大の魅力で、写真の色合いを自動調整する色彩補正センサSONY製IMX214センサなどを搭載しており、ZenFone2 Laserよりもパワーアップしています。それでいて料金がZenFone2 Laserとほぼ変わらず!

フルHD液晶パネルを搭載しているので、高精細な写真や動画を劣化せずに見る事ができます。

私は一般の人達よりも写真を撮る事が多いので、機能も撮影モードも豊富で、とても便利に撮影ができています。

ZenFone3 Laserのカメラモード

  • オート
  • マニュアル撮影
  • HDR Pro
  • 美人エフェクト
  • 超解像度
  • キッズ
  • ローライト
  • QRコード
  • 夜景
  • 単焦点
  • エフェクト撮影
  • 自分撮り
  • GIFアニメーション
  • パノラマ
  • ミニチュア
  • タイムシフト撮影
  • スマートリムーブ
  • オールスマイル
  • 低速度撮影
  • スローモーション

カメラ機能の詳細なレビューは、別途レビュー記事を綴りたいと思います。

ZenFone3 LaserをUQモバイルで使う料金

ZenFone3 LaserをUQモバイルで使う料金

冒頭でも紹介しましたが、ZenFone3 Laser(ZC551KL)はUQモバイルで安くお得に使用できます。

UQモバイルは、通信速度・つながりやすさがMVNOでナンバー1と定評のあるau MVNO「UQモバイル」で、ZenFone3 Laserを分割・一括購入ができます。

ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換え(MNP)なら”ぴったりプラン・たっぷりプラン”の月額料金から1,000円が割り引かれるイチキュッパ割が適用されるのでお得です。

データ容量(2ギガ)+無料通話(90分)+ZenFone3 Laser本体で月額2,480円のUQモバイル

ZenFone3 Laser本体で月額2,480円のUQモバイル

UQモバイルでのZenFone3 Laserの購入は、初期費用としてSIMパッケージ料金3,000円(事務手数料)+端末代金7,800円がかかります。
月額料金は下記。

ぴったりプラン1年目月額2,480円
”データ容量(2ギガ)+無料通話(90分)+ZenFone3 Laser本体”のセット
⇓500円の追加で倍増!
たっぷりプラン1年目月額3,480円
”データ容量(6ギガ)+無料通話(180分)+ZenFone3 Laser本体”のセット

ぴったりプランは2017年3月から”5分かけ放題のおしゃべりプラン”に切り替わります。
UQモバイル「ぴったりプラン」の料金比較

ドコモやソフトバンクから乗り換え(MNP)を考えられている方は、イチキュッパ割適用で1年目月額2,480円。別途料金は無料通話時間の超過、オプション料金以外かかりません。

SIMカードのみの購入もできますが、MNP(ナンバーポータビリティ)や機種変更するなら無料通話(90分・180分)のある”ぴったりプラン”の方がお得です。

2016年11月度のUQモバイルの通信速度

新神戸駅にて、ZenFone3 LaserでUQモバイルの通信速度を計ってみました。

2016年11月度のUQモバイルの通信速度

19時ですが下り71メガ出ました。評判通り高速です♪

2つの電波を掴むキャリアアグリゲーション対応なので、低速になる心配は少なそうです。

UQモバイルについては、下記ページで特徴や通信速度等を紹介しているのでご確認下さい。
UQ mobile(UQモバイル)にMNPして通信費を節約しよう
UQmobile(UQモバイル)とは?料金と速度比較

以上、いつものように長くなりましたが、ZenFone3 Laserのレビューでした。

ZenFone3のレビューはこちら
ZenFone3のレビュー|カケホーダイSIMと格安SIMで最強

ZenFone3 Deluxeのレビューはこちら
ZenFone3 DeluxeをUQモバイルで安く買おう

ZenFone3 Laserは、高級感なデザインや軽快な性能を備えたZenFone3シリーズの中でも1番安いスマホで、高コスパを実現しています!

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)搭載なので、スマホ2台持ちの方は1台にまとめる事ができるので凄く便利です。

安く機種変更ができ、通信費の節約を図れます。

機種変更を考えられてる家族や友人知人にも是非教えてあげてください♪

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 0
  • Google+ 0
  • Pocket 2
  • twitter

webmobile 著者紹介

フリーランスwebデザイナーとして活動をはじめて13年。全国の私を必要としてくれる方々からWordPressでのweb制作のご依頼を頂いて活動しています。

webをはじめスマホやガジェットが大好き♪

当ブログは230記事時点で月間120万PV超えを達成しています。妻、子、プードル2匹と里山暮らし。コペン乗り。
運営者情報

気になる記事を検索

webmobileでは、格安SIM・SIMフリースマホ・SNSの使い方などを世界へ発信しています♪
運営者は普通のフリーランスwebデザイナーです。

IIJmioの解説記事

トップページへ戻る