webmobile 編集部

ZenFone4を安く買おう!UQモバイルは最大20,000円引き&商品券付

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 0
  • twitter

ZenFone4の購入を検討中でしょうか?!

ZenFone4ですが、2017年9月23日に発売されたASUSのZenFoneシリーズの最新版です。

hika

最近、ZenFone4をよく使っているね?

kazuki

ZenFone4、いいよ~!スペックも広角レンズ付きデュアルカメラも魅力なんだけど、実際に使っていて1番いいと思う所はバッテリー長持ち!ってとこ。この性能でバッテリー長持ちなのは長時間使えて便利だよ。

hika

ZenFone3の後継機じゃないの?

kazuki

後継機ではあるんだけど、コンセプトが違うからな~。ZenFone3でも充分、事足りるので、使い道や予算に合わせてZenFone3かZenFone4かを買うのが良いよ♪

hika

ZenFone4はどこかで安く買えないの?

kazuki

ZenFone4は色んな格安SIMで売っているけど、1番安く買えるのはUQモバイルだよ!

hika

au回線の格安SIMだね♪

kazuki

ZenFone4はASUSショップで買うと通常価格56,800円なんだけど、UQモバイルだとSコースで10,000円引きの46,800円、MまたはLで20,000円引きの36,800円で買う事ができるよ!

hika

最大20,000円引きは凄いね!

kazuki

ZenFone4を安く買えて、月々のスマホ代(通信費・通話代)を1,980円からにできるから、auからUQモバイルに乗り換える人が増えてるよ♪

hika

こう割引額が大きければ機種変更もしたくなるね♪

kazuki

そうそう。UQモバイルは更に、期間限定で商品券プレゼントもしているのでお得に買う事ができるよ♪
「商品券最大13,000円分」スマホセット申し込みでプレゼント中♪

hika

割引に商品券プレゼントに、ほんとお得だね♪

当記事では、ZenFone4の良いとこ悪いとこ、カメラ機能のレビュー、UQモバイルについて紹介します。

ZenFone4の良いとこ悪いとこ

hika

ZenFone4を実際に使っていてどう?

kazuki

1ヶ月ほど使っているので、良いとこ悪いとこをあげてみるね。

ZenFone4の良いところ

バッテリー長持ち!

1日の間で結構使ってる方ですが、朝から夜までバッテリーが0になる事はありません。
人それぞれではありますが、バッテリー長持ちなのは意外でした。

あまり細かく設定はしていませんが、省エネモードが作動してるようです。

バッテリー容量は3,300mAh。

充電が速い!

バッテリー残量が少なくなっても安心です!
ASUS BoostMasterによる急速充電で、36分間で約50%まで充電できます。

デュアルカメラ搭載!

ZenFone4は、背面に1,200万画素の通常レンズ800万画素の120度広角レンズの2基のカメラが搭載しています。

デュアルカメラという事で、背景をぼけた写真(ポートフォリオモード)を撮る事ができます。

120度広角カメラを使うのが楽しい!

ZenFone4は120度の広角レンズを搭載しているので、幅広いダイナミックな写真を撮影できます。

風景写真を良く撮影される方は特におすすめです♪
写真のテイスト・世界観など新境地を開拓できるのではと思います。

持ち運びが大変な一眼レフカメラにも良さはありますが、一眼レフカメラ要らずです♪

動作がサクサク!

スマホの中でも今一番と言える6ギガメモリを搭載しています。
更に、CPUもスマホの中で今一番と言えるQualcomm® Snapdragon™ 660を搭載!

高性能なメモリとCPUで、動作・反応・マルチタスク・WiFi接続感度・通信速度・充電速度などを性能いっぱいに使えます。

ストレージ(保存容量)が64ギガと大きいのも良いところです。

外観のデザインが良い!

外観はZenFone3の踏襲しています。
角丸が可愛い・かっこよいで、男女ともに使ってて冴えます♪

・同心円デザイン
・7.5mmの薄型ボディー
・スリムベゼル
・2.5D曲線Corning® Gorilla® Glass(表裏)

耐久性があるし、高級感があります。

WiFiの感度が良い!

WiFiの感度が良い印象です。
DAZN(スポーツライブストリーミングサービス)をiPhone7Plusで視聴すると、画質が劣ったり、音声だけになったり、映像を見れなくなるのですが、ZenFone4でDAZNを視聴するとばっちり綺麗に遅延なく映像を見ることができます。
WiFiの感度の影響だと思っています。

WiFiは次世代高速Wi-Fi規格「11ac」に対応しています。

液晶画面が綺麗!

600nitsのSuper IPS+ディスプレイ搭載で、液晶画面の表示が綺麗です。

周囲光量センサーで場所に合った明るさで表示してくれます。目に優しい”ブルーライト軽減フィルター”も備わっています。

ここまで、動画やオーディオ関連も目を見張る性能がありますが、良いところでした。

ZenFone4の悪いとこ

悪いとこは、「う~ん…ここはなぁ」って思う感想です。

指紋認証が前面下部に移動した!

ZenFone3までは指紋認証センサーは背面にあったのですが、GalaxyやiPhoneと同じように前面下部に移りました。
背面に合った方がスマホを持った瞬間に人差し指で画面ロック解除ができたので便利でした…まぁ今は慣れましたけど。

ZenFone4を持たないと親指では指紋センサーに当てづらいので何度か失敗したりしますが、左右の親指、人差し指を登録してカバーしています。中指を登録しておくのも良いです。

5.2インチであってほしかった

ZenFone3は5.2インチ版と5.5インチ版が発売されていますが、ZenFone4は今のところ5.5インチ1つだけです。

ZenFone3の5.2インチ版は軽量で手に持ちやすく操作がしやすかったですが、5.5インチはやや大きい印象を持ちます。
5.2インチ、5インチのZenFone4シリーズの登場に期待したいです。

おサイフケータイではない

NFC対応でAndroid Payが使えますが、残念ながら日本ではおサイフケータイは使えません
Android Payが対応している楽天edyとnanacoは、ポイントを集約する機能しか使えません。

Quick Charge 3.0に非対応

Quick Chargeは高速充電できる規格ですが、ZenFone4は対応していません。

しかし、対応していなくてもASUSには独自のBoostMasterが搭載しているので、充電時間は高速です。

本体代が高い…

機能相応で高コスパだと思いますが、ZenFone3から20,000円アップしたのにはびっくりしました!

ZenFone3から機種変更しようと思ってた方も躊躇してる人が多いのではと思います。

ZenFone4の悪いとこ…う~んと思う事は主に4つ。

kazuki

おサイフケータイ対応じゃなかったのは面食らったけど、まぁ特に問題なく便利に使えているよ。広角撮影も楽しいしバッテリー長持ちだし!

ZenFone4とZenFone3のスペック比較

hika

ZenFone4とZenFone3のスペックを教えて♪

kazuki

注視するスペックだけピックアップしてみたよ!

スマホ ZenFone 4(ZE554KL) ZenFone 3‏(ZE520KL)
価格 61,344円 37,584円
カラー ムーンライトホワイト
ミッドナイトブラック
サファイアブラック
パールホワイト
クリスタルゴールド
サイズ 高さ 約155.4mm
幅 約75.2mm
奥行 約7.5mm
高さ 約146.8mm
幅 約73.9mm
奥行 約7.69mm
重量 約165g 約144g
OS Android 7.1.1 Android 6.0
メモリー 6GB 3GB
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 660 Qualcomm® Snapdragon™ 625
グラフィック Adreno 512 Adreno 506
ディスプレイ 5.5型ワイド
Super IPS+液晶
(LEDバックライト)
Corning® Gorilla® Glass 3
2.1mm スリムベゼル
5.2型
1,920 x 1,080(フルHD) IPS液晶
Corning® Gorilla® Glass3
ストレージ 64GB 32GB
背面カメラ 1,200万画素(広角83度)
800万画素(広角120度
1600万画素
F値2.0, 6 層 レンズ
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
前面カメラ 800万画素
バッテリー容量 3,300mAh 2,650mAh
サウンド機能 スピーカー:
デュアルスピーカー
サウンド規格:
Hi-Res DTS Headphone:X™ SonicMaster 4.0
マイク:デュアルマイク内蔵
スピーカー:
スピーカー内蔵
サウンド規格:
Hi-Res、SonicMaster 3.0
マイク:マイク内蔵

ZenFone4はZenFone3と比べ、スペック・機能、ほとんどでパワーアップしています。
スペックを見れば20,000円アップも致し方ない気がしますw

共にデュアルSIMデュアルスタンバイ対応で、2枚のSIMを同時に使う事ができます。

kazuki

広角撮影、背景ピンボケの写真を撮りたいならZenFone4、料金重視ならZenFone3を買うのが良いよ。

ZenFone4のカメラモード&写真レビュー

hika

ZenFone4のカメラではどんな写真が撮れるんだろう?

kazuki

既にたくさん写真を撮ってるけど、一部の一部をZenFone4のカメラ機能と共に紹介するね♪

ZenFone4の主なカメラモード

ZenFone4の主なカメラモード

ZenFone4のカメラモードはデフォルトで8つあります。

  • オート
  • Proモード
  • GIFアニメーション
  • スローモーション
  • 美人エフェクト
  • 超解像度
  • パノラマ
  • 低速度撮影

新しめのカメラモードとしては、美人エフェクトがパワーアップしています。写真や動画撮影中、美人エフェクトをかけながら撮影できます。

9画面9色のエフェクト撮影

9画面9色のエフェクト撮影もあります。使う人いるのかな?

基本的な撮影

基本的な撮影では下記ができます。

  • 暗い場所でも明るく撮影できるHDR(ハイダイナミックレンジ)撮影
  • タイマー撮影
  • 1:1、16:9、4:3比率の切り替え
  • ポートレート撮影
  • 広角撮影
  • 動画撮影
  • フラッシュのオンオフ

私は基本的に16:9(9M)の比率でいつも写真を撮っています。16:9(9M)で撮影すると最高画質1,200万画素の撮影じゃなくなるので、最高画質で撮影したい方は4:3(12M)で撮影してください。フラッシュは常にオフ。

ZenFone 4 広角撮影

広角撮影はカメラ画面からワンタップで広角撮影モードに切り替えられます。

マニュアル撮影モード

マニュアル撮影は、EVを調整する事ができるので、明るく写真を撮りたい時によく使っています。

ZenFone4のカメラの設定

ZenFone4のカメラの設定

ZenFone4のカメラの設定はどんな事ができるのか?下記でリストにしました。

  • カメラ解像度:12M(4:3)、9M(16:9)、9M(1:1)、8M(4:3)、6M(16:9)、6M(1:1)
  • タイムスタンプ:オンオフ
  • ASUSウォーターマークを挿入:オンオフ
  • タッチシャッター:オンオフ
  • 動画の解像度:4K、FHD、FHD(60fps)、HD、TV
  • ガイドライン:オンオフ
  • 場所サービス:オンオフ
  • ちらつき防止:50Hz、60Hz
  • 音量ボタン押した時の設定:ズーム、シャッター
  • 保存先:内部ストレージ、MicroSD
  • インスタントカメラ:オンオフ
  • デフォルト設定に戻す

使い道に応じて個別に設定してください。
個人的には、タッチシャッターはオン、場所サービスはオフ、保存先はMicroSDがおすすめです。

ZenFone4で撮影した写真レビュー

それでは、ZenFone4のカメラで撮影した写真をアップします。このような写真が撮れます。

普通に撮影
普通に撮影

屋内でダイハツコペンのフルカーボンボディキット「COPEN 400 TDC」換装車を撮影。
屋内でもなかなか明るく綺麗に撮れています。

COPEN 400 TDC

フルカーボンボディキット「COPEN 400 TDC」ブラック!
カーボンの漆黒さが良い感じに撮れてます!カッコいい!

ZenFone4 夜間撮影!

夜間撮影!まぁまぁのクオリティー。三脚使って固定して撮影すればもっと良い写真が撮れるはずです。

広角撮影
200台のコペンが集まった空間

広角撮影!200台のコペンが集まった空間をダイナミックに撮れました。壮観です!

ダイハツ車トータルチューニングブランド「D-SPORT」

ダイハツ車トータルチューニングブランド「D-SPORT」によるコペンを近くから広角で撮影!フロントを大きくかっこいい写真が撮れました。

Proモード

Proモードで光跡写真を撮ってみました。シャッタースピード2秒です。

光跡写真

三脚使えばもっと綺麗に撮れる事でしょうw

ポートレート撮影
ZenFone 4 広角レンズでのポートレートモード

ポートレート撮影は、背景をぼかして写真を撮る事ができます。広角レンズでも撮れます。

美人エフェクト(自撮り)
美人エフェクトでおっさんも美しく

おっさんも美人に写してくれます。

自撮り写真や自撮り動画をよく撮る方は、前面にカメラが2つ付いた”ZenFone 4 Selfie Pro”を買うのが良いです。UQモバイルで売ってます♪

デジタルズーム
最大デジタルズームでドローンを撮影した写真

最大デジタルズームでドローンを撮影した写真…手ぶれ補正はありますが、ズームには向いてないZenFone4です。

ズーム撮影を良くされる方はZenFone4 ProまたはZenFone Zoom Sをチェックしてください。

hika

広角撮影もポートフォリオモードも面白い写真が撮れるね♪

kazuki

広角撮影は病みつきになるよ。風景写真を良く撮ってるに特におすすめしたいよ。

ここまで、ZenFone4のカメラ機能と撮影した写真を紹介でした。

ZenFone4はUQモバイルで買うと安くてお得だよ♪

ZenFone4はUQモバイル

ZenFone4の良いとこ悪いとこ、スペックやカメラレビューでした。

kazuki

ZenFone4はスペック・広角レンズ・バッテリー長持ちが主な魅力なんだけど、動画も音楽も高クオリティで楽しめるよ♪

hika

1台でたくさんの事を楽しめるね♪

kazuki

ZenFone4は冒頭でも話した通り、1番安く買える格安SIMはUQモバイルだよ。

hika

UQモバイルは月々のスマホ代(通信費・通話代)を安くできるからauから乗り換えている人が増えてるんだよね♪

UQモバイルの通信速度

auから乗り換える際の不安事項としてメールや通話、通信速度などがありますが、UQモバイルはau並にサービスも通信速度も評価が高く人気です。

  • メールオプション(***@uqmobile.jp)
  • かけ放題オプション
  • 端末保証オプション

auのメールアドレスはキャリアメール扱いなので、迷惑メールに振り分けられないが良いところ♪

auからUQモバイルに乗り換えてもメール通話端末保証もあるので安心してスマホを使っていけます。

月々の支払いは、データ通信と通話がセットになった”おしゃべりプランぴったりプラン”で月額1,980円から。

ZenFone4 通常価格56,800円(税別)
おしゃべりプラン・ぴったりプラン「S」だと10,000円引き!
「M」「L」だと20,000円引き!
更に、期間限定で商品券プレゼントをしています。
「商品券最大13,000円分」スマホセット申し込みでプレゼント中♪
hika

広角レンズ搭載のスマホは、iPhoneにも無いから貴重だね♪

kazuki

古いandroid/iPhoneを使ってる方は、ZenFone4へ乗り換えてみてはいかがでしょう?

写真好きな方、バッテリー長持ちのスマホが欲しい方、スペックの高いスマホが欲しい方、ASUSのZenFoneが欲しい方は、是非UQモバイルの公式サイトをチェックしてみてください。

auからスマホ代節約の為、乗り換える方が増えています。
auからUQ mobileに乗り換えてスマホ代を節約したよ

UQモバイルはZenFone4が安く買え、更に商品券プレゼントもあるので、どの格安SIMよりもお得です♪

もう1記事読みませんか?

関連タグ:

気になる記事を検索

webmobile TOP