2017-10-07webmobile 編集部

ZenFone 4を買ったので特徴やスペックをレビュー!

  • はてなブックマーク 3
  • facebook 7
  • twitter

ZenFone 4を買ったので、気になる特徴やスペック、料金や使い心地をレビューします!

高速通信に定評のあるUQモバイルでも販売開始!最大20,000円引き!
期間限定!今UQモバイルを申し込むと「商品券最大13,000円分」プレゼント♪

2017年9月15日(金)にASUSからZenFone 4、ZenFone 4 Pro、ZenFone 4 Selfie Proが発表されました。いつもZenFoneシリーズの発表&発売はわくわくです。

発表後、どれを買おうかなーとちょっと悩みましたが、フラグシップスマホであり無印のZenFone 4(ZE554KL)をASUSショップで予約。

2017年9月23日(土)の発売日にZenFone 4が我が家にやってきました。

同日にはZenFone 4 Selfie Proも発売!3つのソニー製ハイエンドイメージセンサーを搭載しているZenFone 4 Proは10月下旬に発売されるとの事。

気になるZenFone 4の料金は56,800円(税別)!

2016年10月7日に発売されたZenFone 3は39,800円(税別)でぎりぎり格安スマホと言えたかなと思いましたが、ZenFone 4はなかなか一括で買うには難しい料金で…格安スマホとは言えないかな…w

ZenFone 4発売日の前日にはiPhone 8/8 Plusが発売されますが、最下部モデルで78,800円(税別)もします。

androidもiPhoneも両方使っていますが、iPhoneはブランド力と動作性能だけはandroidを越えていますが、新しいさや万能性、利便性ではandroidの方が優れている印象があるのでコスパは良いです。

ZenFone 3シリーズの集大成であるデュアルカメラ搭載のZenFone Zoom S(54,800円税別)が2017年6月23日に発売されたばかりですが、Zoom Sからの流れかZenFone 4はデュアルカメラ搭載となっています。

ZenFone 4は1,200万画素カメラ(広角83度)と800万画素カメラ(広角120度)。
ZenFone 4 Proは1,200万画素カメラ(広角83度)と1,600万画素カメラ(望遠ズーム)のデュアルカメラになっています。ズーム写真をよく取られる方はZeoFone 4 Pro推奨♪

hika

また新しいスマホを買ったのー?

kazuki

ZenFone 4を買ったよー。ZenFone 3の後継機だから買う運命なんだよ♪

hika

ママもZenFoneをうまく使いこなしてるね♪

kazuki

気づけば家中、ASUSの端末ばかりだ♪

hika

ZenFone 4シリーズも楽しみだね♪

kazuki

まぁまずはZenFone 4を使い倒していくよ!ZenUIもパワーアップしたって事で楽しみ!

hika

Zenfone 4の使い心地が気になる!

kazuki

早速、ZenFone 4の特徴やスペック、料金や使い心地をレビューしていくよ!

って事で、ASUSのフラグシップスマホ「ZenFone 4(ZE554KL)」について実際に買って使っているのでレビューします。

スポンサーリンク

ZenFone 4の特徴!

まずは、ZenFone 4(ZE554KL)の特徴を紹介します。

下記は、ZenFone 4シリーズのイメージ動画♪

広角カメラレンズで幅広い写真が撮れる!

背面カメラには1,200万画素カメラと800万画素カメラ(広角120度)の2基が配置してあります。

1,200万画素カメラは、Sony製フラッグシップイメージセンサーIMX362とF値1.8の大口径。
800万画素カメラは、120°の広角レンズとなっていて、ボタンワンタップでカメラを切り替える事ができます。

ZenFoneでのデュアルカメラはZenFone Zoom Sから始まりました。

高速フォーカス、手ぶれ補正健在!

ZenFoneの代名詞「約0.03秒の高速オートフォーカス」と「光学式と電子式の手ぶれ補正」でブレのないシャープな写真や動画を撮影できます。

最新の高性能・省電力モバイルプロセッサー

Qualcomm® Snapdragon™ 660と大容量メモリ6ギガ搭載!
6ギガは日本で発売されているZenFoneシリーズでは初です!動作サクサク!
今のスマホの性能はパソコンを越えています。

指紋認証センサーが前面に!

ZenFone Zoom Sまでは背面にあった指紋認証センサーですが、ZenFone 4からiPhoneと同じく前面に配置されました。ホームボタン兼用です。左右の親指を登録しましょう!画面ロック解除が速くて簡単です♪

急速充電対応!

バッテリー容量は、3,300mAh。省エネ機能で電池長持ちです。
電池残量が少なくなってもASUS BoostMasterによる急速充電で短時間ですぐ使えるようになります。
36分で約50%まで充電ができます

高速通信に対応!

ZenFone 4は、下り600Mbpsまでの高速通信に対応!
iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xはau回線の場合、下り360Mbpsまでしか対応していないので、ZenFone 4の方が高速で通信ができます。

デュアルSIMデュアルスタンバイ

今や当たり前になってきたデュアルSIMデュアルスタンバイ!2枚のSIMを同時に使えるので、通話用+ネット用、仕事用+プライベート用など使い分けることができます。
microSDを使う場合はSIMは1枚しか使えません。

ドコモSIM、au VoLTE SIMが使えます。LTE回線の2枚同時利用は不可。

高品質なデザイン(外観)

相変わらずなかっこよさをZenFone 4でも感じます。

メタルエッジ、マイクロエッチング、7.5mmの薄さ、裏表に施された2.5D曲線Corning Gorilla Glassなど、ZenFone 4は高品質な素材に覆われデザインも耐久性も更に向上しています。

5.5インチだよ♪

液晶画面が5.5インチと聞けば「大きい」っていう人が多いかもですが、ベゼルは2.1mmと薄く、コンパクトな外観になってます。ちなみにiPhone 8 Plusも5.5インチです。

奇麗な液晶画面!

ZenFone 4の液晶画面は600nitsの明るいSuper IPS+ディスプレイを搭載しています。
Splendid技術の周囲光量センサーで、環境の明暗に合わせて自動で液晶画面を見やすい明るさに調整してくれます。

音質も高品質♪
DTS Headphone:X™

デュアルスピーカーとマルチオーディオ技術でハイレゾ音源(CDの4倍の音質)を申し分なく楽しめます♪

更に、ヘッドホンやイヤホンを使えば、DTS Headphone:X™によるシアター品質の7.1チャンネルバーチャルサラウンドを楽しめます。オーディオウィザードも充実しています。

美人エフェクト対応!
美人エフェクト対応!

美人エフェクトアプリがインストールしてあります。
自撮り(セルフィー)をよくされる方は、美人エフェクトをかけながら写真や動画撮影、ライブ配信ができます!

kazuki

う~!知って欲しい特徴がいっぱいあり過ぎる♪

hika

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で買うandroid/iPhoneより魅力的だね♪

う~んって思う所は、ZenFone 3が4万だったのに対し、ZenFone 4は6万するので、そう簡単に買える人は少ないかな。

NFC対応だけど...

また、NFC対応ですが、FeliCaには対応していないので、おサイフケータイとしては残念ながら使えません
ZenFone 4では今のところ楽天Edyアプリもnanacoアプリも起動しません。

Android Payで楽天edyを登録しようとしましたができませんでした。楽天やスターバックスなど、有名どころのポイントカードやギフトカードは登録できます。
今のところAndroid Payを役立たせることはできないので、対応に期待です。

ZenFone 4・ZenFone Zoom S・ZenFone 3のスペック比較

ZenFone 4・ZenFone Zoom S・ZenFone 3のスペック比較

上の写真は左から「ZenFone 3」、「ZenFone 4」、「ZenFone Zoom S」。

下記はこれらのスペック比較表です。

スマホ ZenFone 4(ZE554KL) ZenFone Zoom S(ZE553KL) ZenFone 3‏(ZE520KL)
価格 61,344円 59,184円 37,584円
カラー ムーンライトホワイト
ミッドナイトブラック
ネイビーブラック
シルバー
サファイアブラック
パールホワイト
クリスタルゴールド
サイズ 高さ 約155.4mm
幅 約75.2mm
奥行 約7.5mm
高さ 約154.3mm
幅 約77mm
奥行 約7.9mm
高さ 約146.8mm
幅 約73.9mm
奥行 約7.69mm
重量 約165g 約170g 約144g
SIM nanoSIM×2 nanoSIM×2 microSIM×1
nanoSIM×1
OS Android 7.1.1 Android 6.0.1 Android 6.0
メモリー 6GB 4GB 3GB
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 660 Qualcomm® Snapdragon™ 625 Qualcomm® Snapdragon™ 625)
グラフィック Adreno 512 Adreno 506 Adreno 506
ディスプレイ 5.5型ワイド
Super IPS+液晶
(LEDバックライト)
Corning® Gorilla® Glass 3
2.1mm スリムベゼル
5.5型ワイド
TFTカラータッチスクリーン
AMOLEDディスプレイ
Corning® Gorilla® Glass 5
アンチフィンガープリント
5.2型
1,920 x 1,080(フルHD) IPS液晶
Corning® Gorilla® Glass3
ストレージ 64GB 64GB 32GB
外部メディア規格/最大容量 最大2TBまで
背面カメラ 1,200万画素(広角83度)
800万画素(広角120度
1,200万画素(広角85度)
1,200万画素(ズーム)
F値1.7の大口径レンズ
Sony® IMX362センサー
光学2.3倍ズーム対応
光学式手ぶれ補正対応
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
1600万画素
F値2.0, 6 層 レンズ
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
前面カメラ 800万画素 1,300万画素 800万画素
バッテリー容量 3,300mAh 5,000mAh
リバースチャージ機能
2,650mAh
USBポート USB Type-C×1
無線LAN 802.11a/b/g/n/ac 802.11 b/g/n 802.11a/b/g/n/ac
サウンド機能 スピーカー:
デュアルスピーカー
サウンド規格:
Hi-Res DTS Headphone:X™ SonicMaster 4.0
マイク:デュアルマイク内蔵
スピーカー:
スピーカー内蔵
サウンド規格:
Hi-Res
DTS Headphone:X™
SonicMaster 3.0
マイク:マイク内蔵
スピーカー:
スピーカー内蔵
サウンド規格:
Hi-Res、SonicMaster 3.0
マイク:マイク内蔵
センサー類 GPS(GLONASS、Beidou、Galileoサポート)
加速度
電子コンパス

磁気
近接
ジャイロスコープ
指紋
RGB
NFC
GPS(GLONASS、Beidouサポート)
加速度
電子コンパス

近接
ジャイロスコープ
指紋
RGB
加速度
電子コンパス
ジャイロスコープ
近接
磁気

RGB
指紋
GPS

ZenFone全体にいえますが、Zenfone 4も防水防塵対応ではありません。

ZenFone 4はZenFone 3の後継機ではありますが、必ずしもZenFone 4を買う必要はありません。デュアルカメラが不要なら料金の安いZenFone 3でも十分使えます♪

ZenFone 4のメモリ6ギガはZenfone初!バッテーリーフル充電は約2時間!使う人によっては持て余すほどな高スペックです♪

ZenFone 4 実機レビュー

ZenFone 4 レビュー

発売日に手元にやってきたZenFone 4
早速、開封の儀から実機レビューをします。

ZenFone 4をASUS Shopで買ったら

ZenFone 4をASUS Shopで買ったら”オリジナルUSBフラッシュメモリ(8ギガ)”と”専用View Flip Cover”が付いてました。

WE LOVE PHOTO

ZenFone 4のコンセプトである「WE LOVE PHOTO」のロゴ型USB!とっても可愛いです♪

ZenFone 4の化粧箱の中身

ZenFone 4の化粧箱の中身には下記が入っていました。

● ZenFone 4
● USB ACアダプターセット
● SIMイジェクトピン
● クリアケース
● ZenEar
● ZenEar交換用イヤーピース
● ユーザーマニュアル
● 製品保証書

クリアケースはなかなか重宝します。液晶画面の強化フィルムは別途買う必要があります。

ZenFone 4を箱から取り出して電源オン

ZenFone 4を箱から取り出して電源オン!

5.5インチなので広々としています♪
側面が円型(ダイヤモンドカット)なので持ってても指は痛くなりません。

イヤホンジャック

端末下部は、イヤホンジャック、USB Type-C、マイク、スピーカーが配置。

端末の薄さは約7.5mmとZenFoneの中では薄い方です。

SIMスロットが配置

端末左側面は、SIMスロットが配置。SIMピンで開けます。

ボリュームボタン

端末右側面は、ボリュームボタン電源ボタンがあります。

マイクの小さな穴のみです。

端末上部は、マイクの小さな穴のみです。

Corning Gorilla Glass

ZenFone 4の表も裏も2.5D曲線Corning Gorilla Glassによりツルツルしてます♪

手触りが気持ちいい♪

手触りが気持ちいい♪
ツルツルしてるから平らな場所に置いてたらズルズルと滑り落ちてしまう場合があるので気を付けましょう。

カメラレンズが2基

背面上部にはカメラレンズが2基。(1,200万画素のレンズと800万画素の広角レンズ)
カメラレンズによるでっぱりはありません。

ZenFone Zoom Sのカメラレンズ

ZenFone Zoom Sのカメラレンズはでっぱってますw

800万画素のレンズ

前面カメラは800万画素のレンズが配置されています。

指紋センサー

これまで背面にあった指紋センサーが表側のホームボタンと兼用となりました。

ZenFone 4を起動したらセットアップ

ZenFone 4を起動したらセットアップを進めていくのですが、指紋はできるだけ登録しておきましょう!
左右の親指を登録してると便利です♪

Super IPS+ディスプレイ

Super IPS+ディスプレイにより画面の描写がとても綺麗です。

Zen UI

クイック画面はZen UIによるものかデザインが変更されています。
現在地の共有バッテリーモードが新しい機能かな。

nanoSIMを2枚装着

SIMカードはnanoSIMを2枚装着できます。microSDを使う場合はnanoSIMが1枚使えます。

液晶画面の大きさはあまり差が無い感じ

ZenFone 3(5.2)、ZenFone 4(5.5)、ZenFone Zoom S(5.5)の大きさ比べ。
液晶画面の大きさはあまり差が無い感じ。
一番背が高いのはZenFone 4です。薄さはZenFone 4が一番薄いです。

iPhoneとも大きさ比較(笑)

iPhoneとも大きさ比較(笑)
iPhone 7 Plus(5.5)、ZenFone 4(5.5)、iPhone 7(4.7)、iPhone SE(4.0)

デュアルカメラ同士のiPhone 7 PlusとZenFone 4はほぼ同じ大きさ。
スペックはCPU以外だとZenFone 4に分がある感じ。本体価格は、32ギガで74,800円とZenFone 4の方が約15,000円安いです♪

ここまで、ZenFone 4の開封の儀&実機レビューでした。

セットアップ後は、データ通信をする為に購入した格安SIMをSIMスロットに入れてAPN設定をしましょう。

ZenFone 4のカメラモード

ZenFone 4は通常カメラと広角カメラのカメラレンズを搭載しているデュアルカメラです。

ポートレート撮影

明るい写真、大きく幅広い写真、被写体の背景をぼかすポートレート撮影などができます。
マニュアル撮影もでき「RAW形式」の写真データを保存できます。

ZenFone 4 広角撮影♪

ZenFone 4 広角撮影♪

ZenFone 4のカメラの性能を最大限に活かすには、広角カメラを使う事♪
通常カメラと広角カメラはワンタップで切り替える事ができます。

通常カメラ

通常カメラで撮影した愛犬♪

立って寝てる愛犬♪

広角カメラ(120度)に切り替えて撮影した立って寝てる愛犬♪

同じ場所・位置から撮影しているのですが、広角カメラだと背景も広く写す事ができます。

ZenFone 4 自撮り撮影♪

美人エフェクトでおっさんも美しく

我が子とセルフィー!美人エフェクトでおっさんも美しくできます(笑)

自撮り写真にとことんこだわりたい方は、前面にデュアルカメラ搭載の”ZenFone 4 Selfie Pro”を買うのが良いですw

ZenFone 4 広角カメラでのポートレート撮影

ZenFone 4 広角レンズでのポートレートモード

広角カメラに切り替えてポートレート撮影。
背景が広く撮れつつもがっつりボケが入ります。被写体が冴えます♪

ZenFone 4 マニュアル撮影♪

マニュアル撮影モード

マニュアル撮影モードがあるので、ホワイトバランス・ISO・シャッタースピードなど個々で細かく設定できます。
状況に応じてマニュアル撮影を楽しみましょう♪

ZenFone 4のカメラフォトギャラリー

ZenFone 4の通常カメラ(広角83度)と広角カメラ(広角120度)で撮影した写真をいくつか掲載しておきます。

ZenFone Zoom Sの広角レンズ(85度)

上記はZenFone Zoom Sの広角レンズ(85度)で撮影した写真。

ZenFone 4の1,200万画素

こちらはZenFone 4の通常カメラ(広角83度)で撮影した写真。
※16:9の比率で撮影しているので最大800万画素の写真です。

ZenFone 4の広角120度

んで、ZenFone 4の広角120度で撮影した写真。全体的に背景を広くダイナミックに撮影できます。

ZenFone 4の通常カメラ(広角83度)

ZenFone 4の通常カメラ(広角83度)で撮影した写真。

ZenFone 4の広角カメラ(120度)

同じ位置でZenFone 4の広角カメラ(120度)で撮影した写真。

通常カメラ(広角83度)

The 神戸を通常カメラ(広角83度)で撮影した写真。

The 神戸

The 神戸を同じ位置でZenFone 4の広角カメラ(120度)で撮影した写真。手前の手すりまで写ってますw

一眼レフカメラで広角レンズを買うとなると出費がかさみますが、ZenFone 4の広角カメラ(120度)はなかなか使えます。広角の世界…撮影が益々楽しくなる事と思います。

風景写真を撮る方はZenFone 4は重宝するはず!良い写真が撮れたらインスタグラムにどんどんアップしていきましょう♪

たくさん”いいね”が付くはずです♪

ZenFone 4が買える格安SIM

ZenFone 4が買える格安SIM

最後に、ZenFone 4の購入先を紹介します。

ASUS Shop(オンラインショップ)

ASUS ShopでZenFone 4は、税別56,800円で買う事ができます。

消費税込みだと6万円ほどしますが、高スペック高機能なのでコスパは良いです!

ASUSショップ以外ではアマゾンでも売ってます。
しかし、MVNOが格安SIMとセットで安く販売している場合があるのでチェックしましょう!分割購入ができるのがポイント!

ZenFone 4が買える私のおすすめMVNOは下記。

IIJmioのスマホセット

格安SIM老舗の「IIJmio」がZenFone 4をSIMとセットで販売しています。

発売日:2017年9月23日
・一括支払い:56,800円(税別)(ASUSショップと同じ)
・24回分割払い:2,380円(税別)
お客様満足度調査で総合1位に選ばれた格安SIM/IIJmio

ビッグローブモバイルのスマホセット

動画や音楽がカウントフリーで楽しめるエンタメフリーオプションを提供するビッグローブモバイルもZenFone 4を販売しています。

発売日:2017年9月23日
・一括支払い:56,800円 ⇒ 51,800円(税別)
・24回分割払い:2,150円(税別)別途月額の通信費
「BIGLOBE SIM」でスマホ通信費を節約!?

UQモバイル

UQモバイルの通信速度

auのサブブランド的存在であるUQモバイルがZenFone 4を販売しています。

5分かけ放題付きのスマホセット「おしゃべりプラン」と通話定額付きの「おしゃべりプラン」があり、それぞれ使える容量違いでS/M/Lとあります。容量により最大20,000円引きです。

UQモバイルは通信速度に定評があり、神戸ハーバーランドの商業施設umieで通信速度を測ってみましたが、19時30分ごろで下り190メガを測定しました。びっくり!

発売日:2017年10月5日
・一括支払い
 おしゃべりプラン・ぴったりプラン S:56,800円 ⇒ 46,800円(税別)
 おしゃべりプラン・ぴったりプラン M/L:56,800円 ⇒ 36,800円(税別)
期間限定!今UQモバイルを申し込むと「商品券最大13,000円分」プレゼント♪

今後、他の格安SIMからもZenFone 4は販売されていく事でしょう。

現状一番安いのはUQモバイルです♪

スマホの機種変更を考えている方、低スペックの格安スマホから少しレベルを上げたい方、広角カメラを使いたい方は是非、ZenFone 4を買ってみてください。

写真も音楽も動画もネットも快適に楽しめます♪

kazuki

ZenFone 3を使っているママにZenFone 4を使わせてあげよう♪

hika

食欲そそる料理の写真をたくさん見れるね♪

以上、「ZenFone 4」の特徴やスペック、料金や使い心地の実機レビューでした。

こちらの記事も読まれてます。

気になる記事を検索

webmobile TOP