Zenfone Max レビュー|大容量バッテリーの格安スマホ

2016-12-17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5000mAhもの大容量バッテリーを搭載した話題のASUS製SIMフリースマホ「ZenFone Max(ZC550KL)」を購入しました!

Zenfone Maxは、2016年7月22日に配信されたポケモンGO対応格安スマホです。位置情報の設定を「高精度」にしてプレイしましょう。

5000mAhもの大容量バッテリーが搭載されたスマホって初めなのでは?

ASUSのタブレット「ZenPad 10.0 Z300CL(4,890mAh)」、「ZenPad 7.0 Z370KL(3,450mAh)」よりもバッテリー容量が多いのにびっくり!

購入して満タン充電をして3日経ってもバッテリー残量はまだ33%ですw

Zenfone Max レビュー|ポケモンGO対応

バッテリー容量の消耗が激しい「ポケモンGO」などゲームでよく遊ぶ方、よく充電が切れていていざって時にスマホを使えない私の奥さん用にぴったりです(笑)

また、ZenFone Max(ZC550KL)にはリバースチャージ機能が搭載されいて、他のスマホやタブレットに接続すれば充電も可能で、モバイルバッテリーとしても使えるスマホです。超活躍するのではと思いますw

ZenFone Max(ZC550KL)は、ドコモ回線の格安SIMでデータ通信ができます。
ドコモ MVNOとは?おすすめ格安SIMの特徴や料金比較

これからZenfone 2 LaserZenFone Goの購入を考えている方は、バッテリー容量以外は似通った性能・料金なので、ZenFone Maxを購入する方がメリットはでかいと思いますw

当記事では、「ZenFone Max(ZC550KL)」について、仕様、開封の儀、設定、バッテリー性能などを中心にレビューを書きたいと思います。

スポンサーリンク

ZenFone Max(ZC550KL) 特徴

まずは、ZenFone Max(ZC550KL)の特徴を紹介します。

  • 5000mAhもの大容量バッテリー搭載
  • リバースチャージ機能で他のスマホ・タブレットを充電可能(モバイルバッテリー要らず)
  • カメラの性能が向上(背面カメラ1300万画素/前面カメラ500万画素)
  • 最速約0.03秒の速さで被写体を捕える、レーザーオートフォーカス(起動が速く、ピントがすぐ合う)
  • デュアルカラーLEDフラッシュとリアルトーンフラッシュ機能で自然な明るさと色味の写真を再現
  • 使いやすいASUS独自のユーザーインターフェース(Zen UI)
  • ディスプレイはゴリラガラス4で耐久強度が強いので、落下させても高確率で壊れない
  • ポケモンGO対応してます(ARモード未対応)

上記が主な特徴です。

いかがでしょうか?欲しくなってきましたか?
はっきりいって、他にモバイルバッテリー要らず!?

バッテリー長持ちやリバースチャージ機能以外の性能も魅力的です♪

ZenFone MaxとZenFone Zoomの比較

下記表は、5000mAh大容量バッテリー搭載「ZenFone Max」と、3倍光学式レンズ搭載の「ZenFone Zoom」の比較表です。

スマホ ZenFone Max(ZC550KL) ZenFone Zoom (ZX551ML)
価格 30,024円 53,784円(32GB)、60,264円・64,584円(64GB)、74,304円(128GB)
カラー ブラック、ホワイト ブラック、ホワイト、プレミアムレザーブラック、プレミアムレザーホワイト
ディスプレイ 5.5型ワイド(1,280×720)
TFTカラータッチスクリーン
IPS液晶 (LEDバックライト)
Corning® Gorilla® Glass 4
アンチフィンガープリント
フルラミネーションディスプレイ
5.5型ワイド(1,920×1,080)
TFTカラータッチスクリーン
IPS液晶 (LEDバックライト)
Corning® Gorilla® Glass 4
アンチフィンガープリント
フルラミネーションディスプレイ
サイズ 高さ約156mm×幅約77.5.mm×奥行き約5.2mm~10.55mm 高さ約158.9mm×幅約78.84mm×奥行き約5mm~11.95mm
重量 約202g 約185g
SIM MicroSIM × 2 microSIM × 1
OS Android 5.0 (Lollipop) Android 5.0(Lollipop)
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 410
動作周波数:1.2GHz
インテル® Atom™ プロセッサー Z3590(クアッドコアCPU)
インテル® Atom™ プロセッサー Z3580(クアッドコアCPU)
メモリー 2GB LPDDR3 4GB LPDDR3 RAM
ストレージ 16GB 16GB / 64GB / 128GB
外部メディア規格/最大容量 microSD/128GB (microSDXC, microSDHC, microSD)
カメラ 背面:1,300万画素
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
前面:500万画素
背面:1,300万画素
光学3倍ズーム対応
光学手振れ補正対応
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
前面:500万画素
バッテリー容量 5,000mAh(取り外し不可) 3,000mAh(取り外し不可)
バッテリー駆動時間 Wi-Fi:約22.6時間
モバイル通信時:約20.7時間
連続通話時間:約2,258分 (3G)
連続待受時間:約914.4時間 (3G)、約683.6時間 (LTE)
バッテリー充電時間:約4.8時間
消費電力:最大約5W
Wi-Fi:約17時間
モバイル通信時:約10時間
連続通話時間:約960分 (3G)
連続待受時間:約514時間 (3G)、約400時間 (LTE)
バッテリー充電時間:約3時間
消費電力:最大約5W
対応無線規格 LTE:2,100(1)/1,800(3)/850(5)/800(6)/
900(8)/1,700(9)/800(18)/800(19)/700(28)MHz
W-CDMA(HSPA+):2,100(1)/1,900(2)/850(5)/800(6)/900(8)/800(19)MHz
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
2G:EDGE/GSM:
850/900/1800/1900
3G:W-CDMA
800(6)/800(19)/850(5)/900(8)/1900(2) /2100(1)
TD-SCDMA:
1,900(39)/2,100(34)
4G:FDD-LTE:
2100(1)/1900(2)/1800(3)/850(5)/2600(7)/900(8)/
1700(9)/800(18)/800(19)/700(28)
TD-LTE:2600(38)/1900(39)/2300(40)/2600(41)
センサー類 GPS、電子コンパス、光センサ、加速度センサ、近接センサ、磁気センサ GPS、加速度センサ、近接センサ、電子コンパス、光センサ、磁気センサ、ジャイロスコープ、NFC

メモリ2GBか4GB、バッテリー容量重視かカメラ重視かが決め手でしょう♪

ZenFone Max(ZC550KL) 開封の儀

それでは、ASUS Shopで注文をして2日で到着しましたので、開封の儀をしますw

2016-03-19 18.14.00

Zenfone Maxの箱と共に、専用の純正液晶保護フィルム(ブルーライトカット)MicroSD16GBが付いてました。

2016-03-19 18.17.42

箱の中身を全て取り出すと下記が入っていました。

● Zenfone Max
● 製品保証書(購入日より12か月)
● ユーザーマニュアル
● USB ACアダプターセット
● OTGケーブル(チャージ用ケーブル)
● イヤホンマイク
● 「Android搭載製品のアップデートについて」の紙
● 「必ず初めにおよみください」の紙
2016-03-22 06.55.29

Zenfone Zoom(左)、Zenfone Max(右)。
端末の大きさはさほど変わらず、ASUSのロゴの場所が違います。

どちらもディスプレイは、傷に強いコーニング®ゴリラ®ガラス4により頑強に守られ、「戻る」、「ホーム」、「画面切り替え」は物理ボタンになっています。

2016-03-19 18.18.21

上部側面には、イヤホンジャックの挿入口があります。

2016-03-19 18.19.09

下部側面には、MicroUSBの挿入口があります。

2016-03-19 18.26.03

Zenfone Max(上)とZenfone Zoom(下)を重ねて横から撮影。
厚みはZenfone Zoomより約1.5mm薄いです。

Zenfone Maxの右側面には「ボリュームボタン」、「電源」ボタンが配置されていますが、Zenfone Zoomのように「シャッターボタン」や「録画ボタン」はありません。

2016-03-22 06.57.59

重さはSIMカード、MicroSD装着済で、Zenfone Maxは206gで、Zenfone Zoomは211gです。
5000mAh大容量バッテリーよりも3倍光学式レンズの方が重いようです。

2016-03-22 06.51.27

Zenfone Max(右)の裏蓋は、Zenfone Zoomに近い程に質感良くなっています。

カメラは、1,300万画素で、最速0.03秒のレーザーオートフォーカスにより素早く綺麗な撮影ができます!

2016-03-19 18.20.23

Zenfone Maxの裏蓋は簡単に外せます。
5,000mAhのバッテリーの取り外しは不可能です。取れそうで取れないw

2016-03-19 18.21.43

SIMカードを2枚挿入できるデュアルSIM対応。
MicroSDは、128GBまで挿入できます。

2016-03-19 18.28.06

SIMを差して裏蓋を閉じたらZenfone Maxを起動。
WiFiに接続してセットアップを進めていきましょう。

2016-03-19 18.36.58

セットアップ完了。

ホーム画面まで進めたら、WifiではなくSIMのデータ通信を接続する為、APN設定をします。
BIGLOBESIM(ビッグローブシム)とは?料金と速度レビュー

Screenshot_2016-03-22-07-56-57

ドコモMVNOの「BIGLOBE 格安SIM」の6ギガプランのSIMを使うのですが、APN設定はMVNOのリストから選ぶだけなので簡単にLTE通信ができるようになります。
BIGLOBE SIMのスマホセットを購入すれば、APN設定は不要です。

リストには無いですが、mineoのドコモSIMも利用可能です。UQmobileのau SIMは使えませんでした。

2016-03-22 03.56.55

Zenfone Maxに付属のOTGケーブルを接続し、他の端末をMicroUSBで接続すれば、リバースチャージ機能が作動し充電が始まります。
しかし、OTGケーブル…無くしそう…(汗)

ZenFone Max(ZC550KL) バッテリー性能

ZenFone Maxは5000mAh大容量バッテリーを搭載していて、通信を切って放置していれば一ヶ月は電池持ちすると言われていますが、実際どのくらい電池持ちをするのでしょうか?

Screenshot_2016-03-22-03-55-46

フル充電をした状態では4日は持つと表示されています。

ZenFone Max(ZC550KL) アクセサリー

ZenFone Max(ZC550KL)専用ケースもあるので、液晶のひび割れ対策などに購入するのも良いでしょう。

SDカードは「microSDXCカード 64GB」がおすすめ♪

ZenFone Maxが使えるおすすめMVNO(格安SIM)

これからの時代は、キャリア・MVNO(格安SIM)を先に選ぶのではなく、使いたいスマホを先に選ぶ時代です。
気に入ったスマホを取り扱っているMVNO(格安SIM)があれば、SIMとスマホのセット購入でアフターサポートを受けられる事もあります。サポートスピードもスムーズ…。

下記でZenFone Maxが使えるおすすめMVNO(格安SIM)を紹介します♪

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは、6ギガ・12ギガプランを申し込むと月額料金の割引があります。公衆無線LAN(WiFiスポット)も無料で利用できますし、オプションで「BIGLOBEでんわ(通話パック60)」があるのでMNPするのにも便利です♪口座振替対応。
BIGLOBESIM(ビッグローブシム)とは?料金と速度レビュー
BIGLOBEでんわは「通話定額・3分かけ放題」で格安SIMでも通話代を気にせず通話できる

楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天市場・楽天トラベルなど楽天をよく利用されている方はおすすめのMVNO(格安SIM)です。楽天スーパーポイントで月額料金の支払いができますし、口座振替も可能です。
楽天モバイルの料金と速度!スマホが安く買えるよ

LINEモバイル

LINEモバイルは、月額500円から使えるMVNO(格安SIM)です。facebook、twitter、Instagramの通信消費がカウントフリーなので使い放題♪LINEのID検索ができる唯一のMVNO(格安SIM)です。
ラインモバイル(LINEモバイル)のSIMでスマホ代を月額500円にできるよ

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)は、ドコモ回線もau回線も使えるMVNO(格安SIM)です。フリータンク機能を使えば毎月1ギガ増量でデータ通信ができます。
マイネオのSIMの利用経験レビュー!iPhoneも使えるよ
mineoのドコモSIMにMNPしたので料金や速度をレビュー

MVNO(格安SIM)にはデータ通信以外にも通話定額も充実してきて、スマホの通信費・通話代も大幅節約できます♪

以上、いつものように長くなりましたが、ZenFone Max(ZC550KL)のレビューでした。

ZenFone Max(ZC550KL)は、イングレスポケモンGoなどゲームでよく遊ぶ方や電池の消費が早い方、充電をいつも忘れてしまう方には最適なスマホだと思います♪

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

webmobile 著者紹介

フリーランスwebデザイナーとして活動をはじめて13年。全国の私を必要としてくれる方々からWordPressでのweb制作のご依頼を頂いて活動しています。

webをはじめスマホやガジェットが大好き♪

妻、子、プードル2匹と山暮らし。
運営者情報

気になる記事を検索

webmobileでは、格安SIM・SIMフリースマホ・SNSの使い方などを世界へ発信しています♪
運営者は普通のフリーランスwebデザイナーです。

トップページへ戻る